プラハのホテル

2010.01.25(10:11)
先日、ネットで見つけたプラハのホテル、本当に安かったのです!
実は私はネットでホテル検索をするのが趣味でして・・・

暇なときにいろいろなホテルをチェックしているのですが・・・

この間、すごく安いホテルを見つけてしまったのです。

で、突然のプラハ行きとなったわけですが。
話のいきさつをまだご存知でない方はこちらからどうぞ。
カレル橋とモルダウ川

今日はちょっとそのホテルのご報告をします。

あまりの安さにぜんぜん期待していませんでした。
中心部から外れているみたいだったし。

実際、メトロのANDEL駅から137線のバスに乗ってFARKANというバス停まで行かなければいけませんでした。
(実際地名の文字の上にアクセントがいくつかついていましたが、省略させていただきます。)
でも、バスもメトロも夜中過ぎまで頻繁に出ているので、まったく不便ではありませんでした。
30分もかからず旧市街中心地へ出られます。
バスもメトロも乗り放題のパスを空港で買っておいたので、ホテルまではそれを利用しました。

このパス、すごく便利です。
1日間、3日間、5日間というように滞在期間にあわせて有効期限を選んで買います。
そして初乗り時に、駅や、バス内あるいはトラム内の機械にカチャッと入れるだけ。
後は、ポケットに入れっぱなしでいいのです。
日本やフランスのように、乗るたびにいちいち改札機に入れなくてもいいんです。
パスを持っていればいいのです。

ただし、初乗りのときカチャッをお忘れなく。
カチャッとするときに初乗り時の日時が刻印されます。
検札時に初乗りの日時が入っていないと罰金となります。

さて、私たちの泊まったホテル。一応4星ということでしたが、部屋はとてもシンプル。
もちろん、フランスなどの4星と同じレベルをを期待してはいけません。
ちょっと旧共産圏の雰囲気のホテルでした。
でも、お部屋も清潔だったし、近年改装されたようで、特に問題はありませんでした。

でも女性の一人旅で夜遅くホテルへお帰りになるご予定の方にはあまりお勧めできません。
住宅街で治安はよさそうですが、バス停からホテルまで人通りが少なそうですから。

学生さん同士のグループ旅行とかなら大丈夫だと思います。
もし、プラハの激安ホテルをお探しならお勧めです。

このホテルの詳しい情報はすぐ下の画像をクリックしてください。




時間に余裕がなかったり、せっかくだから観光スポットのすぐ近くに泊まりたいという場合は旧市街地のホテルがお勧めです。
プラハ城、あるいは旧市街地の広場あたりが便利です。

特に旧市街地広場の周辺はレストランやお店も多いし、カレル橋、旧ユダヤ人街など歩いていろいろ見て回れます。
天文時計の直ぐ脇にあるこのホテルなどが便利だと思います。
詳細はこちらの画像をクリックしてください。





旧市街の写真です。
プラハ10


プラハの格安ホテルをお探しの方はこちらをクリックしてください。





スポンサーサイト
ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。

チェコのビール

2010.01.07(14:28)
観光もとても楽しかったプラハですが、食事もとてもおいしかったです。
過去のプラハに関するページもまだの方はご覧くださいね。「カレル橋とモルダウ川

ガイドブックに、チェコ料理はオーストリアやドイツ料理に似ていると書いてあったのであまり期待していなかったのですが、思っていたよりずっとおいしかったです。(失礼!)

チェコ料理といえばまずは豚肉。
ソーセージやローストポーク。そしてグラッシュのような煮込み料理といろいろな料理に使われています。
この煮込み料理、結構いけました。
ソースの中に白いパンが添えてあるのですが、これまた美味でした。

プラハ8


それにあわせるにはやっぱりビールでしょう。
チェコのビールは世界的にも有名です。チェコの人にとって、ビールは国民の飲み物。
国を知るにはまず国民の飲み物を知らないと!
というわけで主人はここぞとばかりに着いた日の昼食時からビールを飲んでました。

まずは、ピルスナー・ウルケル。
チェコでは最もポピュラーじゃないでしょうか?
世界中で生産されているビールの大半はこのピルスナータイプのビールだそうで、日本のビールにも近いそうです。
淡い黄金色で、さわやかなのど越しです。
商品の詳細は下の画像をクリックしてください。





もう一つ有名なのはバドバー。
バドワイザー誕生の元となったといわれるビールです。
チェコ最高級のホップを使い、良質の天然水を使って作られているプレミアムビールです。
詳しくは画像の上をクリックしてください。





もう一種印象的だったのは黒ビール「マスター」。キメの細かい泡で上品な口当たりでした。
チェコに行かれる方はお試しくださいね。

プラハ9

ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。

カレル橋とモルダウ川

2010.01.05(13:36)
1月4日から主人も仕事に復帰し子供も学校が始まりました。
私も普段の平穏な生活に戻りました。

そんな時ってついついノスタルジックになりがちな私。

プラハ感動でした。まだこちらをお読みでない方は 「急遽プラハへ」 「プラハ版ドーナツ」「プラハの天文時計」もどうぞ。

観光していて一つ気になったことが。

プラハにはヴルタヴァ川という川が流れているのですが。ドイツ語ではモルダウというとチェコ人のガイドさんが教えてくれました。そういえば、「モルダウ」という題のクラシック音楽があったよね、確か。あれって誰の作曲だったかしら。

むか~し、あの曲好きでよく聞いていたのですが、当時の私の知らない作曲家だったような気が・・・(無知だった私。今もですが・・・)
ひょっとしてスメタナ?

スメタナとはチェコを代表する作曲家です。

旅行中ずっと気になっていたのでちょっと調べたらやはり、あのなつかしの曲はスメタナの曲とわかりました。

祖国をこよなく愛したというスメタナ。プラハの美しい景色を見ながらスメタナのあの曲を聴いていると一段とメランコリックになりそう・・・

でも、きれいな曲なのでお時間がある方は一度お聞きくださいませ。

気分が盛り上がるようプラハとモルダウの写真をお付けします。

モルダウにかかっている橋はヨーロッパに現存する最古の石橋カレル橋です。1400年に完成したものです。

橋の上にある聖人ヤン・ネポムツキー像の下にある犬と女王様のレリーフに触れると幸運が訪れるという言い伝えがあります。

プラハ6



カラヤン指揮のスメタナのモルダウ。最高です。


ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。

プラハの天文時計

2010.01.05(00:00)
帰ってきたらプラハ旅行の報告をすると言っておきながら、話があちらこちらにそれ、本題に入っていませんでした。
(まずは「急遽プラハへ」と「プラハ版ドーナツ」をどうぞ。)

冬のプラハ。とても風情があり、見るもの全部が美しくとてもよかったのですが、特に印象的だったことをチラッとご紹介します。

ご存知の通り準備もなく突然行ったものですから、何が見所かも把握していなくて。

とにかくまずは街の中心に行こうと思って広場に行ったらやはりそこが観光の名所で。
人、人、人。

「???この人だかりは何?」と思ってみんなが見ているほうを見上げたら有名な天文時計がありました。

プラハ4


これは中世に作られた時計で天文図もついています。そして、なんと言っても見所は毎時ごとに上の部分から出てくる仕掛け人形です。

この塔の頂上まで上るとプラハの街が一望できます。

ここに上るにはまずチケットを購入します。私たちは塔の下右で買いました。
入り口はわかりにくいですが、ガラス張りの観光情報センターに入って奥右側に上り口があります。
エレベーターもあるので、体力に自信が無い人でも大丈夫です。

毎時ごとに出てくる仕掛け人形を見るため下にはたくさんの人が集まっているのですが、その群集を見下ろして手を振ると女王様にでもなったかのような気分になります。(違うって。あんたを見に来ているわけじゃない!)

私はお登りさんなので高いところに登るのが好きです。
街を高いところから見ると、どちらの方角に何があるかが簡単に把握できるので、はじめて行く街で登る観光名所があったらとりあえず登ってみるというのも一策です。

この広場にはレストランやカフェがたくさんあります。
場所柄値段も高いのかなと思ったのですが、そうでもありませんでした。意外に良心的な値段のところが多かったです。

私たちは1晩目にここのプリンスというホテルのレストランで夕食を取ったのですが、おいしいしサービスもいいし満足でした。
ちゃんとしたレストランで食事がしたいというときにお勧めです。

店内の写真です。

プラハ5



ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。

プラハ版ドーナツ

2010.01.03(00:00)
クリスマス休暇を利用して急遽プラハに旅行に行った私です。
事の成り行きは「急遽プラハへ」へどうぞ。

とりあえずホテルにチェックイン。
21日と22日の2泊予約を入れておいたのですが、21日にフライトがキャンセルになり出発が1日遅れてしまったのです。
21日に飛行機に乗れなくなった時点で早速ホテルに電話を入れ、その夜の予約をキャンセル。22日と23日の2泊に変更してもらえるよう交渉しました。
22日の朝、やっとの思いでホテルにたどり着いて、その旨を伝えると
「今日から2泊でOK。」
との返事。

ほっ。
せっかくプラハまで来たんだもの。1泊だけじゃ悲しすぎる。
幸いホテルにたくさん空席があったので、急な予約変更もOKでした。ネットでの激安プライスにしては臨機応変な対応に感謝感謝。

早速メトロで街の中心へ。
地上に出るとそこにはいきなりクリスマス市がたっていました。

なんとなく甘いにおいのするスタンドのほうへ本能的にフラフラと。
そこにはプラハのドーナツとでも言うべき不思議な食べ物が!!!

太い鉄の棒にパン生地のようなものをくるくる巻きつけてあります。
それを炭火であぶり焼きにして、焼きあがったものにお砂糖をまぶしたものを売っているのです!

甘いものに目が無い私と子供はそのスタンドに釘付け!

「もうそろそろお昼ご飯の時間だから、おやつの時間に食べようね。」
と、子供に、というか自分自身に言い聞かせてその場を後に。

軽く昼食を済ませて観光をしようにも、行く先々にこんなスタンドがあるので、このドーナツっぽいおやつが気になって気になって観光どころではありませんでした。

おやつの時間にやっと念願のこのドーナツもどきを買いました。焼きたてのあつあつはとっても美味でした!

チェコ語でスタンドになにやら書いてありましたが、結局このおやつの名前はわからずじまい。これは、冬限定のおやつなのでしょうか?年間通じて食べられるものなのでしょうか?

チェコの食事情に詳しい方がいらっしゃったら是非お教えください。


これがそのスタンドです。


プラハ2

ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。
| ホームへ | 次ページ
プロフィール

rika3377

Author:rika3377
在仏20年以上。旅行が大好きです。たまに通訳翻訳もしています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブログランキング

ランキングに参加しております。よろしければ応援お願いします。