タルトー・オー・シュクル

2013.02.12(12:29)
こんにちは。
今年のフランスは大雪です。
スペイン国境に近いあたりはこのところずっと雪が降っていて7mほど積もっているとか・・・
路上の車をTVが映していましたがどこに車があるかわかりません。
ピレネー山脈のスキー場も、雪が多すぎて除雪をしているようです。汗

さてさて、今日は久しぶりにパンの話題。
先日、子供のおやつに久しぶりにパンを焼きました。

私はフランスの料理雑誌を定期購読しているのですが、この間雑誌に出ていたレシピを試してみました~。
作ったのはタルト・オー・シュクル。
ブリオッシュ生地でできた丸いタルトにお砂糖をたっぷりかけて焼くという超シンプルなものですが・・・
フランスのなつかしのお味です。

これ、行きつけのポールで美味しそうに店頭に並んでいるんですよ~。
いつも我慢してパンだけ買うのですが、たま~に子供のおやつに買うときもあります。

ホームベーカリーで生地を作れば簡単にできます。
こうして平たく延ばして、指でぽこぽこと模様を入れます。
でも、なぜこうして指で生地をへこませるのでしょう?
焼き加減の関係でしょうか?
ポールのタルトもこんな感じです。
あ、でももちろんポールのタルトのほうがずっときれいで美味しそうですよ。
雰囲気がこんな感じというだけです。笑
DSC01123_convert_20130212201551.jpg


焼き上がりはこんな感じです。
イメージしていたタルトに焼きあがったのでまずは満足~。
DSC01124_convert_20130212201633.jpg


早速子供がおやつに食べました~。(私も。笑)
お砂糖の素朴な甘さが美味しかったです!
DSC01125_convert_20130212201709.jpg


追記にレシピを入れておきますね!
⇒タルトー・オー・シュクルの続きを読む
スポンサーサイト
ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。

MOFのパン屋さん

2011.08.29(15:30)
先日、隣町の銀行に行ったついでにそちらのパン屋さんによってきました。
となり町のパン屋さん、実はMOF受賞者なのです。

MOFとはフランス最高職人賞のことで、いろいろな部門で受賞できますが、この賞を受賞しているということはフランスではすご~く名誉なことなのです。

MOFの部門にはチョコレートとか、ケーキとか・・・いろいろあります。

MOFを受賞していると言うだけでかなり魅了的なのですが、ここのパン屋さんの特徴は、
パンの製作工程がショーウインドー越しに覗けるということ。

この辺は観光客がいないので、こんなところで写真を撮るのはちょっとばかり勇気が要りましたが、
ブログで是非ご紹介したいと思い、頑張って撮影してきました。

とはいえガラス越しで反射してあまりきれいに撮れてませんが・・・

こちら、パンの形を整えているところ。
BB1.jpg



こちらはバゲットをオーブンに入れる準備をしているところです。
このようなシートにたくさん並べて向かいの大きなオーブンに入れます。
BB2.jpg


店内で買い物をしていると、熱々のバゲットがちょうど焼きあがりました。
湯気が上がっていて美味しそう。

焼きたてをバスケットに入れて直ぐに店頭へ・・・
こちらも失礼してカシャッと写真を撮らせていただきました。
BB3.jpg

皆さんに焼きたての美味しいパンをおすそ分けできないのが残念です。
せめて雰囲気だけでもおすそ分けさせてくださいね~。

ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。

失敗したジャム入りブリオッシュ

2010.03.12(22:41)
この間からたまにパンを家で作っております。

ブリオッシュが焼けたとき本当にいい香りがオーブンからするので、香りをス~と吸っては
「しあわせ~」
と喜んでいる私です。

ただのブリオッシュばかりじゃ芸がないかなと思い、この間缶詰の小豆を買ってきて、生地で巻いて焼いたら、生地が膨らんで、入れ過ぎた小豆が中からはみ出してとんでもない状態で焼きあがりました。

お味はよかったのですが・・・

本当はあんぱんもどきを作ろうかなと思ったのですが、1個ずつ丸めるのが面倒だから、生地で巻いてしまえと強引なことして失敗。

じゃあ、生地にうっすらとイチゴジャムでも塗って生地を巻いてみようかな、と思い挑戦。
外見が普通のブリオッシュなんですが・・・
ブリオッシュ4

スライスすると・・・
こんな変な出来上がりになってしまいました!
ブリオッシュ5


生地をもっと薄く伸ばして巻かないとダメなんですね・・・
でも、そんなに大きく生地を伸ばせる広い場所がないんです~(涙)。

何でもいろいろ実験してみるのが好きなんですが、結果からおもったことは、
「普通のブリオッシュのほうが綺麗に焼ける。普通のブリオッシュをスライスして好きなジャムや餡を塗ればいい。」

食事のとき用に焼くパン・ド・カンパーニュですが、大きくて1日じゃ食べきれません。
でも、最近子供がこれのトーストしたものを気に入ってくれていて、
朝食やおやつのときにたくさん食べてくれます。

トーストしてコンフィチュール(ジャム)やチョコレートペーストを塗るだけのシンプルなものなんですが、
結構はまってくれてます。

フランスのコンフィチュールというと皆さん思い浮かぶのはこんな感じだと思いますが・・・



フォション コンフィチュール詳細はこちら


こんなのはお高くて普段使いにはできません!
こういったものは日本へ帰国の際にお土産として買うだけです。

普段使いはハイパーでこんなものを購入してます。



ボンヌママン ストロベリージャム詳細はこちら


この間ハイパーでホワイトチョコレートのトースト用ペーストを見つけたので購入。
フランス人ってチョコレートペースト好きなんですけど、このホワイト、子供が超気に入ってます。
パン7


普通、ジャムとかペーストとか普通の瓶に入っていますよね。
食べ終わったらたまに洗って取って置きますが。(自宅でたまにジャムを作るのでジャムを入れるために。)
そうでない時はリサイクルごみとして捨ててしまってます。

でも、このペースト、実はコップに入っているのです。
食べ終わって洗ったらコップとして使えるんです!

フランスの水は硬質で、ガラスのコップ、長年使い込むと白くくすんでくるのです。
最近コップが白くなったな~と思っていたところなので、
ペースト食べ終わったら、白くなったコップを処分してペーストの入れ物をコップとして使おうと思っています!

ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。

パン貯金

2010.03.06(08:30)
この間のパンの件ですが、他にいろいろアップしたいことがあって、すっかりご報告が遅れて申し訳ありませんでした。(どなたも報告なんか待っていらっしゃらないと思いますが・・・笑。)
*参照「対フランスのパン屋さん」

実はこの間の土曜日はブリオッシュを焼いて我慢したのですが、日曜日はやはりパンを焼きたくなってしまって・・・(しつこい性格です。)
パン用の小麦粉がきれてしまったので、日曜日の朝、主人と散歩がてら近所のスーパーに買い物に行きました。

そ知らぬ顔をしてキッチンでパン・ド・カンパーニュを焼きました。

いつも休みのときでも、ケーキを焼いたりしているので、キッチンでごそごそしていても不審には思われなかったのですが・・・

夕食のとき、テーブル上にはこんなパンがで~んとのっていたわけです。

パン5


「あれ?今朝ってパン買ったっけ?」
と主人。

「ね、ママ、言っていい?」
と子供。

そりゃあ、そこまで言っておいてだめとも言えないでしょうが~。
というわけで、我慢できない子供がついに真実を明かしてしまいました!

まあ、子供の手前、いつまでも隠し事をしておくのも教育上よろしくないですしね・・・
あっけなくつまらない結末で申し訳ありませんでした。

主人「でも、この間、2ユーロ遣ったって言ってたのは?」
私「あ~、あれ?うそだよ。遣ってないよ。」
主人「だめじゃない。家計簿の計算が狂うよ。」
私「でも、申告した分はこっそりお金貯めて、何かプレゼントしようかな、なんて思ってたの。」

というのはもちろん建前で、何に使おうか捕らぬ狸の皮算用をしていたのですが・・・
当然、私の性格を熟知している主人はニヤついていましたが・・・

でも、せっかくだから、パンを焼いたら、電気代、材料費を差し引いて1ユーロずつ貯金しようかなと思っております。塵も積もれば、ですものね!!

パン6


ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。

憧れのふわふわブリオッシュ

2010.02.27(23:57)
今日は土曜日。主人は家にいます。

でも、頭の中はパンのことでいっぱい。
*参照「対フランスのパン屋さん」

私は、はまると結構のめりこむタイプです。
というか、しつこいタイプ。
気に入ったレシピが見つかると飽きるまで毎週同じものを作ってます(苦笑)。

今日はパンを焼かないことにしたけど何か作りたい。
そこでブリオッシュを焼くことにしました。
ブリオッシュはバターたっぷりでかすかにお砂糖が入ったいわゆるおやつパン。

フランス革命が今にも勃発しようとしているとき、空腹に苦しむ民衆の窮状を聞いて、マリー・アントワネットが
「パンが食べられなくてお腹がすいているならケーキを食べればいいのに。」と言ったとか言わなかったという逸話が残っていますが。
このケーキと訳されているのが実はフランス語のブリオッシュ。

以前パン焼き機でブリオッシュを焼いていたころはいまいちふくらみが足らず、あのフワフワ感がどうしても出せませんでした。
なので、今日は生地だけ機械でこねてオーブンで焼いてみることに。

捏ねあがった生地を3つのボール状にして長方形のケーキ型に並べて、しばらく寝かせておきました。
その後パンよりもずっと低めの温度のオーブンに入れてしばらく焼くと
プク~~~っととてもよい感じに膨らんできました!!

思わず興奮して主人を呼ぶと、
「お、いい感じじゃない。オーブンで焼くのって初めて?」
と聞かれて、返事に一瞬戸惑ったものの
「う、うん。初めて。」
と答えてしまいました。

ちょっと写真オタクの主人。
「ブログ用に写真撮ってあげる。」
と言って、三脚なぞを出して来て、写真をたくさん撮ってくれました。

オーブン内の焼き上がり直後のブリオッシュ

ブリオッシュ1


さて、焼き上がりですが、あのフワフワ感がついに出せました!!
とってもうれしいです~!!

型から出した直後のブリオッシュ。形がちょっといびつですが・・・ご容赦を。

ブリオッシュ2


家中に香ばしいバターの香りが立ち込めしあわせ~!!!

焼き立てにジャムを塗るだけでとっても美味です!
余った分は明日の朝食用にします。
皆さんにこの香りを楽しんでいただけないのが本当に残念です。

ブリオッシュ3


写真だけでごめんなさいね~!!

PS
今日子供に
「パパにいつまでパンのこと隠してるの?自分ひとりでニヤニヤして、ママ、悪趣味だよ。」
と言われてしまいました。
来週あたり、仕事から帰宅した主人に出費に関する尋問をされた際にでも告白しようかなと思っております。

ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。
| ホームへ | 次ページ
プロフィール

rika3377

Author:rika3377
在仏20年以上。旅行が大好きです。たまに通訳翻訳もしています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブログランキング

ランキングに参加しております。よろしければ応援お願いします。