ポルトガル旅行24

2015.02.04(09:06)
こんにちは。
今週、フランスは北のほうからの寒気が停滞していてすごく寒いです。
毎朝氷点下。
ぶるぶる。

夏のポルトガルの話題で暖まらせてください。


8月は日本からじぃじとばぁばをフランスに連れて帰ってきて、みんなでポルトガルに行きました。

第9日目
この日は、みんなで午前中ビーチで遊びました。
その間、ばぁばは部屋でお留守番。

ビーチのあとはプールでまったり。
ここでばぁばは私達にジョイン。
でも今回結局ばぁばは泳ぐ機会がありませんでした。
プールの水も結構冷たかったので、冷え性のばぁばはパスでした。
せっかく水着持ってきてたのにね。

さて、この日のランチはお隣のホテルのテラス席レストランに行ってみました。
一度ドライブから帰ってきたときにここのバーによって景色が良かったので、この日はレストランに行ってみることにしました。
DSC04116_convert_20150203231635.jpg

バーと同じく、松の木陰がレストランになっていて、眼下には絶壁が見えます。
写真じゃ、いまいち迫力がでませんが、すごくきれいでした。
実は次の日はもう出発。
この景色も見納めです。
DSC04140_convert_20150203232523.jpg


素敵な木陰できれいな景色を眺めながらのランチは素敵でした。
DSC04123_convert_20150203231757.jpg

こちら、子供のチーズバーガー。

DSC04124_convert_20150203231846.jpg
こちら、ばぁばのマッシュルームオムレツ。
年寄りにはこういうオーソドックスなものが良いようです。
DSC04125_convert_20150203231943.jpg

こちら私のクラブサンド。
DSC04126_convert_20150203232208.jpg

しかし、8月とはいえ木陰だとかなり涼しいです。
薄手のカーディガンを着ていても肌寒いくらい。

数名はしっかりデザートもいただきました。
DSC04133_convert_20150203232407.jpg

ランチの後はばぁばたちはお昼寝タイム。
私と主人はSPAで施術をしていただきました~。
DSC04152_convert_20150203232618.jpg

ポルトガルのリゾートでのんびりバカンス楽しかったです。
次の日は朝食後チェックアウトをして車でリスボンに戻りパリに戻りました。
ポルトガル旅行のレポ、長々とお付き合い頂きありがとうございました~!



スポンサーサイト
ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。

ポルトガル23

2015.01.28(16:58)
8月は日本からじぃじとばぁばをフランスに連れて帰ってきて、みんなでポルトガルに行きました。

第8日目
エストイ宮殿でランチの後は、サン・ロレンゾ教会に行きました。
この教会はアズレージョで有名です。
アズレージョはポルトガルのいろいろな建物壁面に使われている青色の絵で飾られたタイルのこと。
この教会はなんと内部が前面アズレージョでできているんです。
アズレージョで有名なポルトガルといえども、このような教会は珍しいので行ってみました。

外観はこんな感じ。
青い空に真っ白の壁面が非常にまばゆいです。
DSC03962_convert_20150128235628.jpg

さて、いよいよ屋内へ。
残念ながら教会内は撮影禁止。
入り口のところで教会の絵葉書を売っています。

教会内の様子は絵葉書をスキャンさせていただきました。
このように一面が青い絵付けをしたタイルでできています。
聖書の場面が、普通の教会はステンドグラスや彫刻でできているんですが、ここはすべてアズレージョです。
Sao-Lourenco-dos-Matos_convert_20150129001900.jpg

あまりの細かい作業に圧倒されます。
壁面のタイルを焼き上げるまでに、一体どれだけの時間がかかったんでしょうね・・・

教会を見学した後はホテルに戻ってお昼寝タイム&プールでまったり。

この日の夕食はビュッフェ・レストランではなく、アラカルト・レストランに挑戦です。
じぃじとばぁばは洋食が苦手なので普段は好きなものを選べるビュッフェ・レストランに行ってましたが、一度ぐらいはアラカルトにも行ってみたいと思い、最初はあまり乗り気でなかったばぁばを説き伏せて、アラカルトレストランに行きました。

アラカルト・レストランは予約制です。

席に案内されて、料理とドリンクをオーダー。
せっかくなのでポルトガルのロゼを注文してみました。
DSC03979_convert_20150128235822.jpg

こちら前菜。
また、チーズののったカルパッチョを注文する子供。
(どこのレストランでもこれがあるときは必ず注文している。汗)
DSC03984_convert_20150129000034.jpg

トマトとモッツアレラ。
DSC03981_convert_20150128235924.jpg

メインの鶏の胸肉。
DSC03987_convert_20150129000328.jpg

サーモンのパイ。
DSC03986_convert_20150129000130.jpg

バジリコソースのラビオリ。
DSC03988_convert_20150129000429.jpg

こちらデザートのリンゴのタルト。
DSC03990_convert_20150129000530.jpg

チョコレートケーキとチョコレートアイスクリーム。

DSC03991_convert_20150129000618.jpg

フルーツサラダ。
DSC03993_convert_20150129000750.jpg


ばぁばは自称洋食苦手ですが、バルサミコ酢も「ちょっと甘い酢がかかっている」と言ったら大丈夫だったし・・・
結局は先入観の問題のようです。
このレストランのお料理も「まあ、おいしかった」そうです。

こうして少しずつ洋食にも慣れてくれるとありがたいです。



ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。

ポルトガル旅行22

2015.01.22(10:29)
8月は日本からじぃじとばぁばをフランスに連れて帰ってきて、みんなでポルトガルに行きました。

第8日目
この日は朝食の後、車でシルヴェスと言う小さな街に行きました。
目指したところは「アルハンブラ」。
スペインのアンダルシアのじゃありません。汗

アルハンブラとはアラビア語で「赤い城」の意味だそう。
この南ポルトガルも南スペイン同様、一時アラブ人の支配化になっていたときがありました。
そして、ここにもアルハンブラという古城があるのです。

シルヴェスの街に入ると、小高い丘の植えに赤茶色の石でできた古城が見えます。
DSC03807_convert_20150120233942.jpg

旧市街に入り口に車を停めて古城に行きます。
DSC03810_convert_20150120234105.jpg

さすがにスペインのアルハンブラとは規模が全く違いますが、これはこれで面白いです。
石の城壁があって登ることができます。
そこから見る町の景色、きれいでした~。

残念ながらこの古城、保存状態はあまりよくなく、建物の土台あたりしか残っていませんが、丘の植えに作られていた給水施設が少し残っていたりして興味深かったです。
DSC03825_convert_20150120234209.jpg

旧市街はこんな感じです。
DSC03865_convert_20150120234300.jpg

旧市街を少し歩いたら、また車で移動して、ポザーダに行きました。
ポザーダとは歴史的建造物等を改装して国営の宿泊施設にしたもので、ポルトガル国内にもいくつかあります。
そういえば、スペインにもそのような施設がありましたよね~。

この日訪れたのはエストイ宮殿。
18世紀に建築された宮殿だそうです。

中はさすがゴージャス。

でも国営なせいか商売っ気がない・・・
フロントでランチがしたい旨を告げると奥のレストランへ行くようにといわれたのは良いけれど・・・
レストランには従業員らしき人が見当たりません。汗

外のテラス席に勝手についてまっても誰も来ません。
屋内のバーをのぞいても誰もいないので、フロントに戻って誰もいないといったら従業員の方を呼んでくださいました。汗

しかし、さすが宮殿、お客がレストランに来たことがわかってからはサービス等はちゃんとしてました。
料理を注文した後は待つ間、庭園を散策したり・・・
DSC03904_convert_20150120235148.jpg

きれいなお庭ですね~。
DSC03879_convert_20150120234642.jpg

宮殿も規模は小さいですが素敵です。
DSC03894_convert_20150120235046.jpg

DSC03897_convert_20150120234950.jpg

料理を待つ間オリーヴ等のおつまみもチラッとでてきました。
パン用のバターも3種類あって美味しかったです。
DSC03887_convert_20150120234835.jpg

お料理も美味しかったですよ~。
こちら私のマッシュルームのパスタ。
DSC03910_convert_20150120235240.jpg

こちらトマト味のリゾットと白身魚。
DSC03914_convert_20150120235428.jpg

DSC03911_convert_20150120235336.jpg

こんな非日常的な素敵な空間でランチをいただけるなんて幸せ~。

ランチの後は絢爛豪華なサロンで少し休憩させていただきました。
DSC03881_convert_20150120234745.jpg

こんな素敵なプールもありました。
いつかスペインやポルトガルのこうしたポザーダにも泊まってみたいです。
でも、そんなときは添乗員としてじゃなく、主人と二人でゆっくり泊まりたいです~。
DSC03931_convert_20150120235534.jpg


ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。

ポルトガル旅行21

2015.01.16(17:10)
こんにちは。
まだ、ポルトガル、続きます。

8月は日本からじぃじとばぁばをフランスに連れて帰ってきて、みんなでポルトガルに行きました。

第7日目
この日はのんびりリゾートを満喫しました~。
朝食の後は暑くなる前に岩壁下のビーチに行くことにしました。
じぃじを大西洋で泳がせてあげたかったんです~。

ばぁばはあまり歩けないし泳げないから、ビーチはパスですが、岩壁に下りていく木の階段からの景色がすばらしいので、
「せっかくだから階段の途中まで来たら~?階段の途中にあるベンチで座って待ってればいいからさ。」
と誘ったら、ついて来ました。

ばぁば以外は水着でいざ出陣!

岩壁、かなりの高さで階段の段数も結構あります。
途中で休憩ができるように、ところどころにベンチがあります。
ばぁばをベンチで休ませておいて、私たちは下のビーチまで行きました。

さすが大西洋。
結構波が強いです。
そして、水温が冷たいのにびっくりです。
20℃ぐらいだったようですが、足を水につけるとかなり冷たく感じます。
DSC03659_convert_20150116052728.jpg

以前、アンダルシアに行ったとき、じぃじは地中海で泳いで
「この年で地中海で泳ぐ日が来るとは・・・」と喜んでいたので、今回も
「じぃじ、ここは大西洋だよ~。」と言ったら、
「この年で大西洋で泳げるとは・・・」と同じようなことを言っておりました。
DSC03675_convert_20150116053638.jpg

でも、痩せてひょろひょろのじぃじは大西洋の荒波には勝てません。
波がやってくると波に飲まれてます。笑
DSC03673_convert_20150116053547.jpg

もともと泳ぐのが好きなじぃじは荒波なんかに負けません。
ほんの少し泳いでましたよ・・・
私は、波にさらわれて沖に流されるんじゃないかとはらはらしてましたが・・・
主人と私と子供が見守る中、じぃじも楽しんだようです。
DSC03678_convert_20150116053738.jpg

そんなことをしながらチラッと階段のほうを見ると、ばぁばが直ぐそこまで降りてきていました。
私たちの様子が気になって降りてきたようです。
少し私たちが泳ぐ姿を見た後、ばぁばは階段を登るのに時間がかかるから先に上に行きました。

DSC03711_convert_20150116053143.jpg
少しビーチで遊んでからは、階段を登ってばぁばに合流しました。
ばぁば曰く「じぃじが、波に押されてヒョロヒョロしているから心配だったわ~。」

じぃじは日本に帰国後、この日の様子を絵に描いて送ってきたから、よほど印象的だったと見えます。

この後、軽くホテルのプールで泳いだ後はとなり街にランチを食べに行きました。
アルビュフェイラという街でイギリス人観光客が多い街です。
DSC03733_convert_20150116054052.jpg

ここで適当にレストランに入りました。

私がこの日にいただいたランチはいわしの炭火焼き。
これ、実はポルトガル名物。
海で獲れたてのイワシを炭火で焼いてあつあつを頂く。
これ、ポルトガルで絶対に食べようと思っていたんです。
ガイドブックでも「ポルトガルでしたいことトップ10」にでてました。

昔は私はテカリものの魚が苦手だったんですが、この手の魚ってすごく体にいいんですよね。
最近は食べられるようになりました。

もちろん、このイワシも美味しくいただきましたよ~・
DSC03742_convert_20150116054152.jpg

ランチの後はホテルに戻って、じぃじ、ばぁば、子供はお昼寝タイム。
私と主人はホテルのテラスでカクテルタイム~。
この日はちゃんと自分達のホテルのテラスです。

主人はカクテルですが・・・
私は隣の人のチョコレートパフェがあまりにも美味しそうなので、ついついこれを注文してしまいました~。
DSC03759_convert_20150116054316.jpg



ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。

ポルトガル旅行20

2015.01.11(12:15)
8月は日本からじぃじとばぁばをフランスに連れて帰ってきて、みんなでポルトガルに行きました。

第6日目
東に向かって車を走らせ2時間ぐらい行くとスペイン国境の隣の街に来ました。
ここで主人がいきなり「国境を越えてスペインに行く!」と言い出しました。
一旦言い出したら聞かない主人。

私たちは「え~?」と言いながらも、運転手の車に乗ったままいるしか術がありません。

ナビをスペイン側の小さな村に設定して国境を越える高速にのります。

ポルトガルとスペインの国境には川があり、橋を渡るとスペイン側になります。
DSC03534_convert_20150106205319.jpg

シェンゲン協定内の移動なので国境といってもただ通り過ぎるだけ。
じぃじとばぁばは車で国境を渡るのは初体験。

国境を越えたのは良いけれど、おなか空いたんですけど~。
「適当に有名な町をナビに入れて」と運転手の指示に従い、国境近くの有名な町を入れてみましたがそこから45km。
そこまで行くのも面倒なので結局、直ぐ近くの小さな村を目指しました。

ポルトガルとフランスには時差が一時間あります。
スペインとフランスは時差がありません。
つまり、ポルトガルとスペインも一時間時差があります。

なので橋を越えただけで、ポルトガルで既に午後2時だったのがスペインでは午後3時。
ランチ食べられるかな~?
DSC03557_convert_20150106205541.jpg

村の中心にあった寂れた(失礼)レストランでランチをすることに。
英語もあまり通じなかったんですが、何とか意志は通じました。
支払いは現金のみしかできないということで、主人がレストランの人に教えていただいたATMまで行って現金をゲットして何とか支払いも済ませました。

村にあった白い風車がきれい。
DSC03553_convert_20150106205448.jpg

ランチの後はポルトガルへ戻ります。
DSC03559_convert_20150106205645.jpg

さっき来た橋を越えるとポルトガルです。

DSC03562_convert_20150106205743.jpg
ここで再度時差があります。
一日に二度国境を越えて時差も2回体験したじぃじは喜んでます。

帰りは高速を通ってホテルまで直行。
後ろの席のメンバーは車内で居眠り。

ホテルに無事に帰り着いてじぃじとばぁばと子供をおろします。
しばらくお昼寝タイムを取ることにして、私たちは車をホテル前の駐車スペースに停めにいったんですが・・・
ちょうど海水浴等のピークの時間だったようでホテル正面は駐車スペースが空いていませんでした。
そこで少し離れた近所のホテルのあたりの駐車スペースに停めました。

自分達のホテルまで戻る際、お隣のホテル内を通過しました。
実は私たち、近所のホテルを覗きに行くのは結構好きで・・・

お隣のホテルには絶景のテラス席のバーがあるんです。
この日通りかかると、たまたまそのバーのソファー席に空きがあり・・・
ここでまったりカクテル休憩をすることにしました。
DSC03610_convert_20150106210210.jpg

ソファーからは岸壁が見えすばらしい眺めです。
DSC03577_convert_20150111201820.jpg


景色を楽しみながら主人と二人でデートも良いものです。
DSC03583_convert_20150106205953.jpg

ソファーの上でまったり過ごした後、お昼寝も終わったころだし、じぃじとばぁばをここのバーに呼び出そうということになって子供に電話。
「おじいちゃんとおばあちゃんを部屋に呼びに行って、お隣のホテルのテラスバーまでおいで。」と指示。

しばらくまっても来ないので、再度電話をしたら、お昼寝後、ばぁばはホテルのプールに行くために水着姿で待機していたそうで・・・汗
そういえば、帰りの車で、お昼寝後はプールに行こうといった記憶が・・・

ばぁばは仕方なく急いで水着から普通の服に着替えたそうで・・・
お隣のホテルのテラスにジョインしたばぁばからブーイングが・・・汗
「せっかく水着に着替えていたのに・・・勝手に予定を替えられても困るわ・・・」
年寄りは水着を着替えるだけでも時間がかかるらしい・・・笑

「ごめん、ごめん。せっかくソファーがみんなの分空いていたものだから、景色を楽しませてあげようと思ったんだ~。」と私。

ここのテラスには大きなパラソル型の松が生えていて、ちょうどいい具合にテラスを木陰にしてくれます。
DSC03627_convert_20150106210330.jpg


さすがにテラスに座って景色を見てからはばぁばも文句を言いませんでした。
しばらくみんなで景色とドリンクを楽しんだ後は自分達のホテルに戻って夕食でした。

ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。
| ホームへ | 次ページ
プロフィール

rika3377

Author:rika3377
在仏20年以上。旅行が大好きです。たまに通訳翻訳もしています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブログランキング

ランキングに参加しております。よろしければ応援お願いします。