シャルル・ド・ゴール空港のラデュレ~!

2017.04.22(16:51)
こんにちは。
まだしつこく夏のレポです。汗


無事にクルーズも終えて、楽しかった夏休みもいよいよ終わりです。
じいじとばあばも日本に帰国する日が来ました。
主人と子供とシャルル・ド・ゴール空港へ、両親を送りに行きました。
ばあば曰く、「こっちにいる間はあんたたちと一緒だからいいけど。日本の空港についてからが心配だわ。ちゃんと家に戻れるかしら。」

大きなスーツケースは日本についてすぐ、空港から宅急便で自宅まで送るから身軽でいいんですが・・・
毎年同じパターンですが、日本の空港についてからの電車の乗り降りが大変なようです。
日本語が通じても勝手に変なところへ行ってしまうじいじ・・・汗。
さて、私たちもまさか帰りまで一緒について行くことはできないので、出国カウンターのほうへ見送ったら任務終了。
ちゃんとじいじとばあば、自宅に辿り着けるかな?

そうそう、去年のクリスマスにフィレンツェに行ったとき、シャルル・ド・ゴールの2Fのターミナルでラデュレのサロン・ド・テを見つけたんです。
おまけに出国ゾーンじゃないので、旅行者じゃなくても行けるところです。
ちょうどお昼時だったので、じゃあラデュレでランチをしましょうということになりました。
奥にはちゃんとしたサロンがあり、落ち着いた雰囲気。


空港内とは思えない雰囲気です。


パンもとても美味しそう~。
ラデュレのオリジナルバターも素敵~!
fc2blog_20161103214522d13.jpg

お値段ですが、当然お高いです。
でも、市内も結構なお値段なので・・・汗
メインは本日の魚料理にしました。
スズキのグリルです。
夏野菜がたっぷり!


ランチセットではデザートも選べます。
やっぱり、ラデュレに来たからにはデザートなしでは済まされないでしょう~!
こちら、私のバラとフランボワーズのルリジューズ。
大きい~!
バラとフランボワーズが大好きな私。
満足です。


こちら、主人のイスパハンのパフェ。
バラ、フランボワーズにライチー。
ラデュレの定番ですね。


こちら、子供のフランボワーズのマカロンケーキ。
これも定番中の定番。
たっぷりデザートを頂いてご機嫌で帰宅しました~。


無事に両親も日本について、無事に夏休みが終了しました~。

スポンサーサイト
ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。

マーク&スペンサー

2017.02.16(23:59)
こんにちは。
先日日本から友人が遊びに来てくれました。
主人とシャルル・ド・ゴールにお迎えにいきました。
出口から出てくるのを待ってようと思ったら、出口正面にマーク&スペンサーの食品店が・・・


以前パリに大きなお店があったんですが、撤退したんですよね。
数年前にまたパリに戻ってきたんですが、不振という話を少し前に新聞で読みました。
そういえば、その記事でシャルル・ド・ゴール空港に食品店があると書いてあったような記憶が・・・

待っている間、ふらりと店内に入りました。
ああ~、イギリスの紅茶。


欲しい~。
紅茶好きにはたまりませんね。
でも、今、このタイミングでここで紅茶を買うのは・・・(この話の続きはまた後日。)

インドのマドラスソースとか。
これは留守番中の子供が喜びそうだから購入。


焼きたてのマフィンとか・・・


デニッシュとか・・・
よい香りがぷんぷん。
危険です。


でも、このお店の位置ってどんな顧客を対象にしているんでしょうね?
ここはエアフラさんの長距離便到着客の出口前。
いきなり日本やアメリカからのフライトを終えた人がイギリスの食べ物を買うとは思えません。
空港のスタッフさんが食べ物を購入していらっしゃいましたが、まさかスタッフさんがメイン客層じゃないでしょう?

そうそう、昔、こういう空き缶を取っておいて子供のおやつ箱に利用してたわ。
懐かしい。


電話ボックスも可愛い。


チョコレートの詰め合わせもいいわ。


早くもイースター用のチョコレートが売っていました。


そして・・・
こんなものも。


子供用にこちらも購入。


空港で友人を待つ間、なぜかいろいろ買っちゃいました。
私のような待ち人がメインの客層???


ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。

シャルル・ド・ゴール空港のシェラトンでディナー

2016.12.18(11:29)
こんにちは。
先週友人がパリ出張でした。

久しぶりに会いたかったものの、出張の日程がパンパンで、唯一空いていたのが帰国日の夜。
23時30分ぐらいの羽田行きエアフラさんだそうで、仕事が終わって夕方すぐに空港にいけるとのこと。
ターミナル2Eのチェックインカウンターで待ち合わせして、ターミナル区域にあるシェラトンホテルのレストランで一緒に夕食をとることにしました。
2Fのターミナルに移動してラデゥレで夕食という手もあったんですが、他の日にシャンゼリゼのラデュレで夕食を食べたそうで、今回はシェラトンにしてみました。
出国手続きを済ませてからいける区域にはもう少しレストランもありますが、私たちはそちらには行けないので・・・

シェラトンホテル、ターミナルと直結していてアクセスが良いです。
こちら入口。


レストランはグルメとカジュアルの2店あるようですが、今回はカジュアルなほうの「レ・セゾン」。
店内はこんな感じ。


まあ、普通のレストランという感じ。


サービスももちろん良いですが、特筆するほどでもありません。


まずはアペリティーフで乾杯。


主人のビールは何とパリ市内で生産しているというちょっとレア物。
色は白っぽいですね。
ちょっと濁ってますね。


さて、メイン。
こちらは私のエイ。
ケッパーとレモンとバターソースです。
美味しいです。


こちら主人のサーモン。
こちらも美味しかったそうです。


こちら友人のカルボナーラ。
結構ボリュームがあったそうです。


さて、デザート。
私はオレオのチーズケーキ。
どんなチーズケーキかなと思ったら、台の部分にオレオのクッキーが使ってありました。


フランボワーズのソースをたっぷりかけて~。


こちら、ティラミス。
主人、ティラミス好きです。
クリスマス休暇中にティラミス自宅で作ろうっと。


こちら友人のリンゴのタルト。
結構大きめで美味しそう~。


こうして、搭乗開始の少し前までシェラトンのレストランでゆっくりしました。


感想
空港のターミナル直結ということと、シェラトンということで、お値段はかなりお高めかと思います。
デザートのチーズケーキ、16ユーロでした。
そのわりには普通のチーズケーキでした。
お味もサービスも良いのですが、やはり土地代がすごいのでしょうね。





ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。

フォンテーヌブロー城

2016.02.09(07:36)
こんにちは。
今日もご訪問ありがとうございます!

この間の日曜日にパリ郊外のフォンテーヌブロー城へ行ってきました。
パリ郊外のお城というと皆さん思い浮かぶのはヴェルサイユだと思うのですが、このフォンテーヌブロー城もユネスコの世界遺産です。
とはいえ、私もヴェルサイユには何度も行っていますが、フォンテーヌブローは初めてでした。

こちら、正面入り口。
P1040313_convert_20160208214017.jpg

この正面の階段は馬蹄の形をしています。
P1040319_convert_20160208214156.jpg

フォンテーヌブローはルネッサンスの父といわれるフランソワ1世が建てたお城です。
その後歴代の王が住んでいましたが、ナポレオンが愛したお城としても有名です。
そのため、お城の一部は現在はナポレオン博物館として遺品が展示されています。

ではまずは、ナポレオン博物館から見学しましょう~。
壁にはナポレオンの肖像画やジョゼフィーヌ皇妃の肖像画が飾られています。
P1040328_convert_20160208215729.jpg

P1040336_convert_20160208214312.jpg

これこれ!
よくナポレオンがこんな服着ていましたよね!
こうした遺品を見ると、実在の人物だったんだな~と実感がわいてきます。
P1040337_convert_20160208215801.jpg

さて、それではメインのお城の部分の見学に行ってみましょう~。
P1040354_convert_20160208214429.jpg

フォンテーヌブローのお城はルネッサンスの父、フランソワ1世が建てたため、ルネッサンス様式が目立ちます。
こちらフランソワ1世の回廊。
天井が緻密な木細工でできています。
P1040371_convert_20160208214642.jpg

窓からは庭園が見えます。
ヴェルサイユよりの前の時代の庭なので、ちょっとイギリス庭園っぽいですね。
P1040372_convert_20160208214741.jpg

晩餐会の広間。
中央奥には大きな暖炉があります。
P1040386_convert_20160208214959.jpg

建物のいたるところにフランソワ1世のイニシャルであるFの文字が飾られています。
フランソワ1世はイタリアからフランスにレオナルド・ダ・ビンチを招いたことでも有名です。
P1040374_convert_20160208214835.jpg

その後、歴代の王が改造したり、改築して行ったので、色々な様式の建築が見られます。

ヴェルサイユのような絢爛豪華な装飾も見られます。
と思ったら、こちらマリー・アントワネットの寝室。
普段マリー・アントワネットはヴェルサイユ宮殿に住んでいましたが、狩りの時には王と一緒にこちらに滞在していたそうです。
P1040410_convert_20160208215125.jpg

皇妃の寝室とか。
皇帝の寝室も見られます。

こちら、ナポレオンの玉座。
P1040415_convert_20160208215834.jpg

細部はこんな感じで、ナポレオンのエンブレムの鷹とイニシャルのNが見られます。
P1040417_convert_20160208215903.jpg

皇帝の小寝室なんていうのもあります。
P1040423_convert_20160208215245.jpg

シャペル。
P1040437_convert_20160208215340.jpg

ヴェルサイユ宮殿とはまた違ったよさがあるので、パリのリピーターの方はぜひフォンテーヌブローも見学してみてくださいね!

ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。

週末にディナー

2015.11.26(09:44)
こんにちは。
ついこの間まで暖かい日が続いていたんですが、一気に冬がやってきたフランスです。
山には雪が積もってきたそうで、いよいよスキーシーズンの到来です。
私はスキーしないけど。

先日、ちょっとお祝い事があって家族で近所のレストランで食事をしてきました。
フランスってずっと不況が続いているのですが、このレストランは土曜日の夜だったこともあり、満員。
ちゃんと予約しておいて良かった~。

まずはメニューを見ながら、サーモンのムース。


混んでる割には結構サービスも早くてうれしいです。
ボルドー地方のポムロールを1本注文~。


こちら私の前菜。
エイのサラダ。
おしゃれな一品です。
さっぱりしていて美味しかった~。


こちら主人の栗とかぼちゃのスープ。
ボケててすいません。


こちら子供のステーキ。
子供ってやはりがっつり系が好きですね。


こちら主人の子牛のステーキ。
主人、メタボが気になるので普段肉食は控えめなんですが、こういうところだと食べたくなるようです。


こちら私の白身魚のグリル。
付け添えも美味しかったです~。


こちら子供のデザート。
イル・フロタント。
カスタードソースに柔らかいメレンゲ、トップにキャラメルソースとアーモンドスライスがかかっています。
フランスの定番デザートです。


こちら主人のプロフィトロール。
シュー生地にアイスが挟んであってチョコレートソースがかけてあります。
これもフランスの定番デザート。


こちら、私のチョコレートとフランボワーズのケーキ。
チョコレートにさっぱりフランボワーズ、美味しかったです。


ここは近所では結構人気のレストラン。
コストパフォーマンスが良いので、週末は要予約です。
普段あまり外食しない我が家。
たまのレストラン、とても美味しく頂きました~。

ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。
| ホームへ | 次ページ
プロフィール

rika3377

Author:rika3377
在仏20年以上。旅行が大好きです。たまに通訳翻訳もしています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブログランキング

ランキングに参加しております。よろしければ応援お願いします。