ペンキ屋さんの修行~その1

2010.04.30(10:38)
フランス人は概して日曜大工が好きな人が多いです。
簡単なリフォームなどはご自分でこなす方が多いです。

うちの主人もそんな一人。
ただ腕のほうは・・・やはり素人です(苦笑)。

うちのキッチンの壁紙だいぶ古くなってきたのでず~と替えたいなと思っていました。
当然自分たちで替えようと思っていたわけですが・・・
簡単なようではありますが・・・

正直面倒です。
延び延びになっていたのを、今回主人が有給をとったので、思い切ってやることにしました。

古い壁紙を剥がして、ペンキを塗ろうと思いました。

ついでだから床の古いタイルも何とかしたいな~・・・
(フランスはお風呂やキッチンはタイル張りが普通です。)
しかしタイルを張り替えるとなるとかなり大変です。

この間テレビでタイルにぬれるペンキを使った簡単リフォームをやっていたので、真似てみるとこに・・・

まず、壁紙を剥がすことからはじめました。
剥がす前にうっかり写真を撮るのを忘れてしまったので、剥がした状態の写真しかありませんが・・・
キッチン1


で、ペンキを塗る前の下地を塗ったのがこんな状態です。
キッチン2

家具を保護するためのビニールシートを張るだけでも面倒な作業です。

漠然と床はいまはやりの濃いグレーにしたいということしか考えず、壁は「まあ、白じゃ汚れが目立ちそうだから薄いクリーム色あたりで。」と考えておりました。

で、ペンキの箱に張ってあった見本の色を参考に選んできたのですが・・・
塗ってみるとかなりの濃いサーモン色・・・
キッチン3


一晩乾かしてもやはり濃いまま・・・

「いまいち色濃いよね~。どうしよう。」

と相談した結果、別の色に塗りなおすことに・・・
でも、壁紙剥がして乾かすのに1日。

下地を塗って乾かすのに1日。

サーモン色を塗って乾かすのに1日と既に3日経過です。
まだまだ続きます。

スポンサーサイト
ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。
| ホームへ | 次ページ
プロフィール

rika3377

Author:rika3377
在仏20年以上。旅行が大好きです。たまに通訳翻訳もしています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
カレンダー

03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブログランキング

ランキングに参加しております。よろしければ応援お願いします。