ストラスブール1

2011.08.31(10:49)
実は日本から帰って間もないころ、チラッとアルザス地方のストラスブール市に衝動旅行に行っていました。
今年はなんだかあわただしい夏でした。

私にはなぜかアルザス出身の友人が多いです。
ラテン系で大雑把な性格で、時間によく遅れるフランス人(失礼)と違い、アルザス出身の人は几帳面な人が多いです。
だから日本人ともなんとなく気が合うような気がします。

友人から「リカも一度アルザスに行かないと。ストラスブール、きれいだよ。」
と、何度もいわれていて、ず~と行ってみたいと思っていたのです。

アルザス・ロレーヌ地方は今でこそフランスですが、ドイツとの国境に位置するため、過去にドイツ領になったり、フランス領になったり・・・
そんな悲しい歴史があります。

小学校のころ国語の授業で、アルフォンス・ドーデの「最後の授業」というのを読んだ記憶があります。

アルザス地方がドイツに割譲される際、公用語はドイツ語でフランス語の授業は禁止となりました。
最後のフランス語の授業で先生が黒板に Vive la France !「フランス万歳!」と書いて授業を終了しました。

そんなお話ですが、あのころ、自分の住む地方が他国に割譲されるというのが、日本に住んでいた私にはぴんと来ませんでしたが、この節を読んでものすごく悲しい気持ちになった記憶があります。
あのころは、まさか私も大人になって小説の舞台となったアルザス地方を訪れるなんて思ってもみませんでした。

さて、前置きが長くなりましたが、ストラスブールといえば、見所は大聖堂!
なんだかものすごい迫力です。
かなりの高さがありそう。
「パリのノートル・ダム寺院より高いんでないの~??」
と言いながら見上げる私。
STR3.jpg


その大聖堂の直ぐ横にはザウアークラウトで有名なレストラン「メゾン・カメルゼル」。
ものすごい古い木造のレストラン。
それもそのはず、なんと築1427年だとか・・・

こちらレストランの看板とバックに見える大聖堂です。
STR2.jpg


そんな古い木造の建物が現存していることもさることながら、今もレストランとして利用されているのがすごい~。

テラス席も素敵。
横には大聖堂が見えてすばらしい眺めです~。
STR1.jpg


「今夜ここで食事がしたい~!」
ということでディナーの予約をいれ街を散策しました。


スポンサーサイト
ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。
| ホームへ | 次ページ
プロフィール

rika3377

Author:rika3377
在仏20年以上。旅行が大好きです。たまに通訳翻訳もしています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
カレンダー

07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブログランキング

ランキングに参加しております。よろしければ応援お願いします。