帰国中です

2016.07.30(07:17)
こんにちは。
ちょっとご無沙汰してしまいました。
帰国してバタバタしております。
今回、関空便で帰ってきました。
出発のゲートは今回は2EターミナルのKでした。パリのエアフラで日本行きは2Eですが、それがK、L、Mの3つに分かれていて、その時により、K、L、Mのどこになるかわかりません。
今回、Kということで嬉しいです。Kにはパリ市内のモンテーニュ通りのようにブティックがいろいろあり楽しいです。


メゾンドショコラのブティックは、少しだけイートインスペースがありました。

今回、お席はエコでしたが、足元にスペースがあり、少しゆったりしていました。
まず、アペリティフです。

最近は機内のスクリーンでチャットもできるんですね~。
相手の座席番号を入れるとチャットができます。
子供は後ろの席だったので、チャットで会話してみました。



こちらお食事。

デザートは南仏サントロペの名物ケーキ、タルトトロペジエンヌ。
ブリオッシュ生地にカスタードクリームが挟んであります。
お食事の後、映画を観たり、のんびりしていたら、機内放送が入りました。
夏休みで、お子さん連れのご家族が多かったのですが、お子さんの急病人がでたそうです。結局、医者の処置が必要ということで、なんと急遽モスクワに緊急着陸することになりました。
航路からちょっと離れるのですが、お子さんの急病ということでは仕方がありません。
窓から外を見ると、エンジンから燃料を放出しているのでびっくり。
そういえば、燃料をたくさん積んだままでは着陸時に機体が重すぎて、ショックが大きすぎて車輪がつけてあるところ(すいません。用語がわかりません。)が壊れてしまうので、燃料を捨てないといけないと昔聞いたことがあります。
今回、実際そんな状況に遭遇して「へ~。本当に捨てちゃうんだ。」と主人と感心しながら見てました。
その後無事にモスクワに着陸。病気のお子さんは医療スタッフに迎えに来てもらい、降りていかれました。
その後、私たちの飛行機は再度給油をし直さなければなりません。
給油と言っても車じゃないんだから、結構時間がかかるものなんですね。
いつ離陸できるかわからないままでは、じっと機内で待機していました。
うちの子は大きいので自分で勝手に時間をつぶしていたのでいいのですが、小さなお子さん連れの方は大変だったと思います。
それでも誰一人文句を言う人もなく、皆さん冷静に待っていらっしゃいました。
機内で急病って大変ですよね。こういう時はお互い様。みんなで協力してスムーズに離陸を待つのが最良ですね。
騒いでも仕方がないですからね。
着陸後2時間ぐらいでやっと離陸できたのですが、予定の航路から外れたので結局3時間ほど遅れました。
やっと関空に近づいてきて朝食です。

私たちはその後、新幹線で移動予定だったのでいいですが、乗り継ぎの方は大変だったでしょうね~。
とういうわけで、ちょっと大変な帰国便でした。
急病のお子さんが大事無く良くなられたことをお祈りしています。
スポンサーサイト
ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。
| ホームへ | 次ページ
プロフィール

rika3377

Author:rika3377
在仏20年以上。旅行が大好きです。たまに通訳翻訳もしています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
カレンダー

06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブログランキング

ランキングに参加しております。よろしければ応援お願いします。