突如ロンドンへ③

2017.02.28(10:47)
こんにちは。
ロンドン旅行の続きです。

ホテルのお部屋をチェックしたら、ウォータールー駅から地下鉄でピカデリーへ。
地上に出てしばらくグルグル。
ピカデリーサーカスで記念撮影をしようと思ったんですが、あの派手なネオンの広場が見当たりません。
フラフラしていると中華街のこんな門が。


あれ~、こんな門昔からあったかしら?
最近ロンドンもすっかりご無沙汰しているから土地勘も無いわ~と友人と話しながらグルグル。
「でも、やっぱりこのあたりがピカデリーの気がするのよね」と私。
スマホで位置を確認すると、やはりさっきからピカデリーサーカスのあたりを歩いています。

ま、まさか・・・
ここがピカデリーサーカスじゃないよね・・・
だって電光掲示板無いじゃない?

でも、ギャップの看板がでかでかと出ているよ?
もしや・・・
と友人がスマホで検索すると、何と数週間前からあの電光掲示板が工事中だそうで・・・

暗闇の中のピカデリーサーカス。爆
ピカデリーサーカスの電光掲示板の前に記念撮影するつもりが・・・汗

チラッと周囲を見て回ったけれど、ここに行きたいというレストランも無くテンションさげて、結局ロンドンに行くと必ず寄るピカデリーサーカスのわき道のところにあるインド料理のお店へ。

なぜロンドンでインド料理かというと・・・
昔私と主人がロンドンにちょくちょく来ていた大昔は、ロンドンのイギリス料理はそれはそれは褒められたものではありませんでした。
イギリスはインドからの移民が多く、インド料理のレストランはずれが無いということで私たちはよくインド料理をピカデリーサーカスの近くで食べたんです。
ロンドンも、しばらく来ないうちに有名シェフのお店は増えるし、フランス人シェフのお店も増えるし、食状況がかなり変わったと思います。

ピカデリーの脇にゴードン・ラムゼイのイタリア料理のお店もありチラッと惹かれたんですが、ネットの口コミはそれほどでもなく・・・
ついついインド料理に入ってしまいました。


コースで注文しました。
こちら私のサモサ等の揚げ物。


友人のタンドリーチキンなど揚げ物。


私のメインのエビのビリヤ二。
野菜カレーのようなソースつき。


友人は2種類のカレーでした。


ナン。


時計を見ると結構いい時間に。
急いでデザートのフルーツサラダとコーヒーを頂いて会計を済ませました。

久しぶりのロンドンでのインド料理。
次回はちゃんと下調べしてロンドンらしいお店もトライしてみたいです。
やっぱりゴードン・ラムゼイのイタリアン、行っておけば良かったかな・・・
インド料理もよいですが、近年ロンドンもおいしいお店が増えたようなので、わざわざインド料理に行かなくてもよかったなというのが正直な感想。

地下鉄に乗ります。
このピカデリーの地下鉄の駅の表示の色合いがいいですね~。


帰り道を急ぎながら・・・
「こんなことならわざわざピカデリーに行かなくてもこの辺のちょっとおしゃれなレストランでよかったよね~」と私たち。
今回は出発からなんだかハプニング続き。

さて、どうして急いでホテルに戻ってきたかというとホテルのスカイラウンジバーに閉店前に行きたかったから。
H10のフィデリティーカードのポイントが結構たまっていて、バーでカヴァのボトル1本サービスというチケットを持っていたんです。


夜9時までは屋上テラスも開いていたらしいんですが、すでに10時過ぎ。
屋内で我慢。
カヴァで乾杯~!


ガラスに反射してわかりにくいですが、バーラウンジからはロンドンアイが見えます。



スポンサーサイト
ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。
| ホームへ | 次ページ
プロフィール

rika3377

Author:rika3377
在仏20年以上。旅行が大好きです。たまに通訳翻訳もしています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブログランキング

ランキングに参加しております。よろしければ応援お願いします。