2016年西地中海クルーズ~第4日②

2017.02.08(21:18)
こんにちは。
子供は今週来週と冬休みです。
とはいえ、家で勉強するだけでバカンスにはいきません。涙

私はと言うと・・・
忙しい時って次から次へと用事ができてくるんですよね。
毎日バタバタしています。
今月もあっという間に終わりそうな気配・・・汗
ブログも当分スローペースになりますが、少しずつご訪問させていただきますね。


西地中海クルーズ続きです。


さて、早速大聖堂を見学しましょう~。
こちら正面入口。
P1170057_convert_20161012230733.jpg

ちょっとアラブの影響が見られます。
一時、南スペインはアラブ人が支配していた時代があり、建物にその名残が残っているところがたくさんあります。
ここマヨルカも8世紀からイスラム勢力の支配下となっていました。その後レコンキスタ(国土回復運動)の結果、アラゴン王のハイメ1世が1229年マヨルカを征服してマヨルカ王国を建てました。そして、それまでモスクだったものを大聖堂へと建て直したのです。
1230年に建築が始まり約400年かけて仕上げられました。

実は正面からは入れず、横の入口から入ります。
まずは、宝物などが展示されている部分から見学。
美しい宗教画をいろいろ見て・・・
P1170062_convert_20161012230811.jpg

さて、いよいよ大聖堂の身廊に入ります。
上部も彫刻が美しい~。
P1170064_convert_20161012175637.jpg

さて、この大聖堂、ヨーロッパでも最大規模の建物だそうです。
スペインではセビリアの大聖堂に次ぎ、第2の大きさだそうです。
内部の天井も非常に高く、中央部の高さは44mあるそうです。
P1170079_convert_20161012230852.jpg

バラ窓の直径は12m以上あるそうですが・・・
そんな大きさには見えません。
建物自体が大きくって、そんなに大きいものとは思えないんですよ。
P1170084_convert_20161012230932.jpg

さてさて、この大聖堂、実は20世紀初頭にガウディが修復をしたことでも有名です。
その際、大規模が改造をしたようですが、特に有名なのは中央祭壇に釣り下がっているこの天蓋飾り。
ガウディが手がけたものです。
P1170085_convert_20161012231010.jpg


大きな身廊内には多くの祭壇があり、どれもすばらしいです。
P1170096_convert_20161012231048.jpg

一つ一つゆっくり見て回りましょう。
P1170099_convert_20161012231133.jpg

さて、内部を一通り見学したらミラドールと呼ばれる海に面した側に出てみます。
大聖堂はパルマ・デ・マヨルカの市壁の上に建設されています。
だからここからは街と海が見下ろせて絶景が楽しめます。
そしてこちら側の大聖堂のファサードは本当すばらしいのでこちらもご覧くださいね。

P1170113_convert_20161013002007.jpg






スポンサーサイト
ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。
| ホームへ |
プロフィール

rika3377

Author:rika3377
在仏20年以上。旅行が大好きです。たまに通訳翻訳もしています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブログランキング

ランキングに参加しております。よろしければ応援お願いします。