突如ロンドンへ⑥

2017.03.15(10:02)
こんにちは。
ロンドン旅行続きです。

ビッグベンを見た後は無事に地下鉄の1日券を買って移動です。
地下鉄の入口の横にあった普通の花屋さん。
それでもなんとなくおしゃれな感じ。


歩いて次の目的地を目指します。
途中見かけたイギリス風パブが素敵。
フランスは郵便箱が黄色なので赤い郵便箱もロンドンぽくって素敵。


こうして少し歩くと、いよいよトラファルガー広場に出ましたよ~。


そして、今回のメイン目的地の一つ。
じゃ~ん。
ナショナルギャラリーです。
10時の開館に合わせてやって来ました。
開館当時でも既に結構な人が・・・


急いで入館しようと入口にいったんですが・・・
立て札があって「30X38cm以上の手荷物を持って入ることができません」と書いてあります。
私のかばん、普段書類などを入れてもって歩くので結構大きめ。
大丈夫かなと不安になりました。
そして・・・機内持ち込みのキャリーケース、これはアウトかも。

案の定、入口の警備の人にキャリーケースはだめと言われてしまいました。
こんなんだったらホテルに預けれおけばよかったわ~。涙
ネットでチェックしたらナショナルギャラリーはクロークがあったからそこに預ければいいやと安心してました。
どこか預けるところはないか聞いたところ、すぐ近くのチャリングクロスの駅で預かってもらえるそう。
ナショナルギャラリーを出てすぐチャリングクロスの地下鉄の駅があったのでそこへ行って聞いてみると、地下鉄じゃなくメインステーションのほうだと言われ・・・

駅に辿り着くと、ありました!
荷物預かりの看板が。
ところが入口におじさんが「10分で戻ります」という札をかけているところでした。
それを見た私は「え~!」と思わず叫んでしまいました。
私の叫び声を聞いたおじさんは私のほうを見て、入口のドアを開けて応対をしてくださいました。感謝!

荷物、最初の3時間まで6ポンド。
たか~っ!
と思ったけれど、ホテルまで行って預けるのも面倒だし、我慢。
無事に荷物を預けて再びナショナルギャラリーを目指します。
しかし、イギリス人親切ですね。
フランスだったら、こういう場面、あっさり「ちょっと待っててね」と言われ待たされるかも・・・汗

ナショナルギャラリー、今回は無事に荷物検査をクリアして入館です。
でも、私たちのようにキャリーバッグを持った人が結構多く、入館を拒否されている人がチラホラいらっしゃいました。

フランスは学生は国立美術館が入場料がただになったりしますが、イギリスはもっとすごいです。
入場料、大人も含め無料。
太っ腹~。
でも、寄付は大歓迎ということで、最後にチラッと寄付金をボックスに入れるのをお忘れなく。

ちなみにフラッシュや三脚を使わないで個人使用のためなら館内写真撮影もOK。
本当、うれしいですよね~。

さあ、正面の階段を登って行きます。
フランスのガイドブックで床のモザイクもすばらしいと書いてあったんですが、これのことかしら~?


建物も立派です。


ここから既にテンション上がります。
関連記事
スポンサーサイト
ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。

<<2016年西地中海クルーズ~第6日 ④ | ホームへ | 2016年西地中海クルーズ~第6日 ③>>

コメント
駅のおじさん、親切に対応してくれてよかったですね!
しかも、タイミングよく会えて、超ファインプレーです~。

ナショナルギャラリーは、外観を見ただけで中に入らなかったんです。
行っておけばよかったなぁと、ちょっと後悔中です・・・。
【2017/03/15 12:01】 | はむこたん #- | [edit]
おはようございます。

旅先での荷物は 厄介ですよね。
無事に預けられてよかったです。

それにしても フランスも子供が入館料無料
素晴らしいと思ったのですが
大人も無料だなんて・・・・・日本からすると
ありえないですよね?
撮影もOKなんですものね~信じられないです。

床のモザイク絶対これですよ!キレイです。
【2017/03/16 02:04】 | mon tresor 2007 #- | [edit]
こんにちわ

いまはいろいろと物騒な事件も起こる世の中だから
大きい荷物は拒否されるところが増えているんでしょうか。
荷物を預けられるところを探し回る羽目に陥らなくてよかったですねー!
親切なオジサンでよかったです。

大英博物館がドネーションのみで無料だと聞いていたんですが
ナショナルギャラリーもなんですね!
オトナも無料で入れるなら、滞在中に何度でも行かれていいですよね!
それに引き換え日本の博物館や美術館は高いし撮影不可だし
なんだかやるせなくなります…とほほ
【2017/03/16 10:31】 | M@lauaealoha #NqNw5XB. | [edit]
はむこたんさま
こんにちは。
駅の叔父さん、親切でよかったです。
一歩遅かったら待たされるところでした。
ただでさえ、滞在時間が短かったのに、ここで待たずに済んでよかったです。

ナショナルギャラリーは見ごたえありましたよ~。
イギリスの美術館、無料なのがうれしいです。
【2017/03/16 11:16】 | rika3377 #- | [edit]
mon tresorさま
こんにちは。
荷物が小さかったので、持ち歩くことにしたんですが・・・
クロークに預ければよいと思っていたので、予定が狂いました。
でも、すぐ近くに預けるところがあってよかったです。

美術館、見ごたえありましたよ。
次回ヨーロッパにいらっしゃるときはロンドンもご検討ください。笑
見所だらけで困りますよね。
【2017/03/16 11:19】 | rika3377 #- | [edit]
M@lauaealohaさま
こんにちは。
やはり、事件の危険性を考えると、こういう大きな有名な美術館は対策が必要となりますね。
駅の荷物預かりも、空港のようにX線検査がありましたよ。
まあ、多少の不便や面倒は、安全を第一に考えれば、仕方がないですよね。

そうそう、ロンドンはパリ以上に太っ腹です。
以前も大英博物館に行ったときにただでびっくりしたんです。
観た人が出したいだけ寄付するというのもいいかも。
結構大きなお札も寄付箱に入っていました。
寄付の制度でもそれなりに収入があるんでしょうね。
【2017/03/16 11:23】 | rika3377 #- | [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2017/03/16 14:53】 | # | [edit]
ここナショナルギャラリーも入場料が無料とは、さすがイギリスですね
全然チェックしてませんでした
館内も気品漂って、床も素敵ですね~

荷物の預けるところがあってよかったですね
私ならてんてこ舞いです
本当にわざわざ出向いて留守だった衝撃も大きそう
すぐに戻ってくれたのも幸いですね


【2017/03/17 10:38】 | Yottitti #eKx3u/rI | [edit]
Yottittiさま
こんにちは。
フランスも美術館関連は恵まれていると思いますが、イギリスはもっとすごいですね。
ユーロ圏、物価が結構高いから美術館代だけでも結構かかるんですよね。
無料というのは本当にうれしいです。
フィレンツェ高かったですよね~。汗
無料だと、たくさんいけちゃいますよね。

さすがに、荷物預けるところが近くにあるのはうれしかったです。
【2017/03/18 14:19】 | rika3377 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://journaldeparis.blog112.fc2.com/tb.php/1014-e6a45681
| ホームへ |
プロフィール

rika3377

Author:rika3377
在仏20年以上。旅行が大好きです。たまに通訳翻訳もしています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブログランキング

ランキングに参加しております。よろしければ応援お願いします。