ルーブル美術館~その1

2010.03.10(22:07)
パリに初めていらっしゃる方にはやはりルーブル美術館は行っていただきたいですね。
有名な展示物の前は、どれも人だかりですが・・・
それでも、実際目の前に見ると感動です。

「あっ、これ歴史の資料集に写真出てた!!」
みたいな感じで。

私もルーブルは大好きでたまに行きます。

フランスの美術館ってルーブルに限らず、展示物がむき出しになっていることがよくあります。
身近でみられてうれしいし、
「わ~、こんなのこんなに近くで見れて太っ腹~!!」
と思うことがよくあります。
日本だと、ガラスケースにしまわれて、ロープが張ってあって近づけない状態ですが・・・
フランスなんて、下手すると有名展示品にも触っちゃえそうな感じです。
でも、大切な展示品、触らないでくださいね!!

あと一つ、フランスの美術館で感心するのは、子供用のアトリエが頻繁に開催されること。
私はたまにルーブルに子供を連れて行くのですが、「象形文字」、「モザイク」、「中世の銀細工」などどいったいろいろなアトリエがあります。
ルーブルの学芸員さんが、アトリエのテーマに関係のある館内の展示室へ連れて行ってくださって、いろいろ説明をして、その後、アトリエに戻って展示物を参考にしながら自分の作品を作るというものです。

例えば、象形文字がテーマならエジプトのコーナーを見に行って説明を受けたあと、粘土板に象形文字を刻んでくるとか。

ただでさえ、世界の最高傑作が間近で見られるのに、子供のころからこうしてプロの説明を聞きながら美術品に触れることが出来るなんて(さわるのじゃなくて接するって言う意味ですが。)、なんて恵まれているのだろうといつも感心します。

美術を学んでいる学生さんたちもよく、美術館に模写にいらしてるし・・・
環境が違うな~といつも思います。

ルーブル1


フランスは大半の美術館では火曜日が休館日となっているのでご注意ください。
ルーブルも火曜日が休館日です。
また、曜日によって開館時間が異なるので詳しくは下記の公式サイトでご確認くださいね。
「ルーブル美術館公式サイト」

ルーブル、とにかく広いです。
メジャーな展示物のみをざっと見るのに1時間半くらいかかります。
しっかり見ようとすると当然もっとかかりますが、正直1時間半以上見てると疲れるし、すごい作品ばかり見ていると感覚が麻痺してきます。
見たいものを絞って見学されることをお勧めします。

ルーブル2

関連記事
スポンサーサイト
ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。

<<ルーブル美術館~その2 | ホームへ | ロクシタンのマスク>>

コメント
リカさん、おはようございます!
ルーブル、本当にいつかはいってみたいです!!!

素晴らしい展示品が沢山あるのでしょうね!!!

>子供用のアトリエが頻繁に開催されること。
↑これってとっても素敵ですよね♪

以前、大英博物館やスミソニアンなどいきましたが、
やはり子供たちが沢山いました。

大人もそうですが、子供の頃から本当にいいものを鑑賞することができるのって、感性豊かになるので
とっても大事ですね!!!
【2010/03/11 02:34】 | 三十路オンナ #- | [edit]
ルーブル初めて行った時感動しました☆
また、行きた~い(^0^)
子供用のアトリエが開催されるんですか!
住んでいるからこその情報ですね
芸術性が豊かになるようになっているんですね~さすが!フランス。
【2010/03/11 06:15】 | えみごん #- | [edit]
こんにちは!

さすがフランス、子供の頃から芸術に触れて育っていくんですね。
日本でも子供の芸術性を引き伸ばそうという考えからか、某生命保険会社が、子供の絵画を募集して、優秀作品をルーブルに展示・・・というのがあり、姪っ子も応募したんですよ。残念ながら銅賞(これでもかなりのもの)で、国内に展示されました。金賞・銀賞なら、フランスまで見に行けたかもしれないのに・・・

子供の頃の環境って大切だと思います。
リカさんのお子さんはお幸せですね。
【2010/03/11 07:16】 | イチゴッチ #- | [edit]
わ~ルーブル私も感動しました~
入る前から建物に感動し・・・
中でも感動で・・
ステキですよね。
時々行けるリカさんが羨ましいわ~!!

小さい頃から美術館に触れる機会がパリは多いのですね。
だから美的センスが磨かれるのですね~!!
タイム植えているのですね。
ステキ~ヽ(^o^)丿
【2010/03/11 08:34】 | ぱお #- | [edit]
ルーブルとオルセー、あとイギリスの大英博物館、アメリカのニューヨーク近代美術館は一度行ってみたいです。
【2010/03/11 09:14】 | カモメ先輩 #- | [edit]
三十路さま

三十路さんもたくさん旅行されていますね!
スミソニアン行ったことないです~!!
でも、アメリカこそ子供の課外授業とかで美術館とかたくさん行きそうですね!!
【2010/03/11 10:45】 | rika3377 #- | [edit]
えみごんさま

フランスはルーブルとかオルセーとかすばらしい美術館がたくさんありますよね!
たくさん見るものがあるので何度でも行きたくなりますよね!
【2010/03/11 10:47】 | rika3377 #- | [edit]
イチゴッチ様

姪御さん、絵がお上手なんですね!!
銅賞ってすごいじゃないですか~!!
でも、あと一息でルーブル見学が可能だったかもしれないと思うと残念ですよね!
きっと別の機会がありますよ~!!
【2010/03/11 10:49】 | rika3377 #- | [edit]
ぱおさま
ルーブルって、もともとお城だった建物だから、建物自体立派なんですよね~!!
そして、「これがあのルーブル!!」って感動しますよね~!!
こんな作品こんなに間近に見れていいの~??って思いますよね!
【2010/03/11 10:52】 | rika3377 #- | [edit]
カモメ先輩さま
ぜひぜひ元気になられてパリにもいらしてくださいね!
それまでにいろいろ情報アップしていきますから!!
【2010/03/11 10:53】 | rika3377 #- | [edit]
ルーブル美術館素敵ですね~♪

数年前に人気だったダ・ビンチ・コードって本読んだんですけど、
4年前トムハンクス主演の映画になりましてたね~
実際のルーブル美術館を舞台に使われた映画でしたけど、
この映画では666枚のガラス板が使われたとするピラミッドですが??
実際はどうなんでしょうか??
ルーブル美術館はやはり一生のうち一度は訪れたいところですね(笑顔)

【2010/03/11 10:59】 | かな #7uXy8OfI | [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/03/11 13:34】 | # | [edit]
かなさま
> 数年前に人気だったダ・ビンチ・コードって本読んだんですけど、
v-158私は本を読んだだけなんですよ~!


> この映画では666枚のガラス板が使われたとするピラミッドですが??
> 実際はどうなんでしょうか??
v-158そういう噂もあったみたいですけど。どうなんでしょうね。
仏語のウィキペディアで今確認したらひし形603枚、三角型70枚だそうですけど。
【2010/03/11 15:41】 | rika3377 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://journaldeparis.blog112.fc2.com/tb.php/116-ac3a0f5d
| ホームへ |
プロフィール

rika3377

Author:rika3377
在仏20年以上。旅行が大好きです。たまに通訳翻訳もしています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブログランキング

ランキングに参加しております。よろしければ応援お願いします。