ルーブル美術館~その2

2010.03.11(22:20)
よろしければ音楽スタートお願いします。


どこかで聴いたクラシック ピアノ・ベスト101

今年はショパン生誕200年記念だそうです。
ショパンはポーランド人ですが、晩年をパリで過ごし、パリ市内のペール・ラシェーズ墓地に埋葬されています。
パリに大変ゆかりのある作曲家の生誕200年ということで、フランスのラジオや雑誌ではショパン特集がたくさん組まれています。

いずれ、暖かくなったらゆっくりショパン所縁の地かなんかを散歩して、BGMにいろいろ入れて写真をアップしようと思っていたのですが、とにかくまだパリは寒いのです!
でも、最近家でショパンを聞いていて、
そういえば、日本では今卒業式の季節であるのに気がつきました。

それではやはりこれをBGMに使いたいということで、ちょっと強引ですが、
ルーブル見学のBGMとさせていただきます。
ショパン「別れの曲」



今日は、私が館内をご案内いたします。
ルーブルでチケットを購入されたら必ず館内地図も手に入れてくださいね。
チケット売り場の真ん中のカウンターにおいてあるのでご自由におとりください。

さて、地図を見ながらまず、「サモトラケのニケ」を目指して進んで下さい。
遠くからこの大きな像が見えてくると
「わ~!!」
と感動します。。
ルーブルの立派な館内にすごく映えて見えます。
何世紀を経た今も、衣の滑らかそうな曲線が美しいです。
ルーブル3


その後、モナ・リザの展示室を目指して進みます。
すると、展示室の壁面にこの巨大な画が掛けられてます。
ヴェロネーゼの「カナの婚礼」です。
真ん中あたりの赤い衣姿がイエス・キリストです。
ルーブル4


この展示室の中央に異様な人だかりが出来ていると思います。
これは、モナ・リザを見る人の山。
以前は違うところに展示してあったのですが、もっと近づけたんですよ~。
しかし今ではすごい人のせいで、さすがにここは近づけません。
モナ・リザの人ごみではスリが多発しているのでくれぐれもご注意を!

「モナ・リザ」思ったより小さな絵だなという印象です。
ルーブル5


レオナルド・ダ・ヴィンチ作のこの画、どうしてこんなに有名なのでしょう?
当時、ルネッサンス最盛期。
人物画の背景に空間遠近法を用いれて描くのはこの時代すごく画期的なことだったそうです。
ダ・ヴィンチは当時のフランス王、フランソワ1世によってフランスに招かれ、晩年フランスで生活しました。

もう少し奥に進むとこの画に出合います。
ダヴィッド作の「ナポレオンの戴冠式」です。
こちらの作品も大作です。
ルーブル展示物の中で一番大きな絵画と言われています。
ナポレオンの戴冠式といわれていますが、実際はナポレオンが王妃ジョゼフィーヌに戴冠するシーンが描かれています。
これと同じものが実はヴェルサイユ宮殿にもあるので、ヴェルサイユに行かれる際は気をつけて探してみてくださいね。
この戴冠式に、実は出席したくなかったローマ教皇が無理やり式に出席させられていて、難しい顔をしています。
そんな絵画上の人物もよく観察してみてください。
ルーブル6


さて、次はちょっと位置がわかりにくいですが、階下奥の方にあるミロのヴィーナスのほうへお進みください。
エーゲ海のミロス島で発見された大理石の像です。
紀元前に作られた像ですが、大理石の肌は今も衰えを知りません。
うらやましいですね~(笑)。
ルーブル7


さて、今日はツアーでルーブルに行かれるときに見学する展示物で主だったものをご紹介させていただきましたが、ルーブルの見所はもちろんこの他もたくさんあります。

「目には目を」で有名なハムラビ法典の石碑も、裸で(ケースなしで)展示してあります。
是非、ごゆっくり館内をご見学くださいませ。

関連記事
スポンサーサイト
ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。

<<失敗したジャム入りブリオッシュ | ホームへ | ルーブル美術館~その1>>

コメント
ルーブル美術館って、一生のうち一度は行ってみたいところの一つですよね。そして、何日かかけてゆっくり回ってみたいです。

それにしても、凄い込みようですね、館内は。で、スリにも注意だったんですね。びっくりしました!

【2010/03/11 22:26】 | B9MOM #- | [edit]
こんにちは♪
すごいですね!!
飾られている絵の近くを歩いている方たちが
小さく見えるなんて!
こんなに大きいものなんですね。
(絵画について何もしらないのでi-202
実物を見ると圧倒されそうです!
【2010/03/12 02:05】 | みに #- | [edit]
こんにちは!

今日もまた、チケットを買わずにリカさんの素晴らしいガイドで、ルーブル美術館を案内して頂きました。
ありがとうございます。
実物をこの目で見られる日を夢見て・・・

チケットがわりに、ぽちっ!
【2010/03/12 07:52】 | イチゴッチ #- | [edit]
rikaさん、こんばんは♪

ルーブル美術館に行った気になってきました(苦笑)

私でも知ってる有名な箇所をきちんとまとめられました~

絵画の詳細なんて中々聞けないので~
「ローマ教皇が無理やり式に出席させられていて、
難しい顔をしています」なんて知らなかったわ~

rikaさんのルーブル美術館のご案内がとってもお上手だったので
~o(*'▽'*)/☆゜’パチパチ
ポチ★

【2010/03/12 09:51】 | かな #7uXy8OfI | [edit]
B9MOMさま

是非是非パリにいらしてルーブル通ってくださいませ!

モナ・リザのところは本当にすごい人ごみだし、皆さん、ここでは写真撮るのに一生懸命だからスリも多いのですよ~。
中にはカメラをかばんから出して、かばんが半開きになったままの状態で写真とっていらっしゃる方もいらっしゃるのでそういうのは危険ですよね~!
【2010/03/12 10:05】 | rika3377 #- | [edit]
みにさま

そうなんです!
絵もすごく大きなものがたくさんあって迫力ありますよ~!!
描くの大変だっただろうなと感心します!
【2010/03/12 10:07】 | rika3377 #- | [edit]
イチゴッチ様
いつも応援&コメントありがとうございます!!

私のガイドなんかより、本職さんのガイドで実際に見学できる日が来るといいですね!!
見ごたえありますよ~!!
【2010/03/12 10:09】 | rika3377 #- | [edit]
かなさま
いつも応援&コメントありがとうございます!!

私のいい加減なガイドで少しでも行った気になっていただけたなんてとってもうれしいです!!
本物のガイドさんと行く実物のルーブル。すばらしいですよ~!!
【2010/03/12 10:12】 | rika3377 #- | [edit]
こんばんは!ずっと1度は行ってみたいところです。なにしろフランスは行ったことがないので(笑)。ルーブル美術館は写真を撮って良いのですね!モナリザの絵を近くで見るのは大変そう。毎回フランスの気分が味わえて楽しみにしています・・ありがとうございます。
【2010/03/12 11:52】 | にいこぱん #- | [edit]
にいこぱん様
コメントありがとうございます!
にいこぱんさん、いつもおいしそうなフランスのパンを焼いていらっしゃるし、フランスの食材にもお詳しいから、てっきりフランスのリピーターかと思っていました!!
是非是非フランスにも一度いらしてください!
当然ですが、ゲランドとかこちらのほうがずっとお安いですよ~!!
【2010/03/12 13:34】 | rika3377 #- | [edit]
館内のご案内ありがとうございました。ルーブル美術館の復習になりました。rika3377さんのわかりやすいガイドに感謝します。
【2010/07/12 12:21】 | ふうてんの旅人 #- | [edit]
ふうてんの旅人さま
ルーブルは広くて本当に見ごたえありますよね。
時間があれば何度も訪問して、展示作品のみでなく、のんびりと館内の雰囲気もお楽しみいただきたいです。
【2010/07/13 07:04】 | rika3377 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://journaldeparis.blog112.fc2.com/tb.php/117-9606cc7a
| ホームへ |
プロフィール

rika3377

Author:rika3377
在仏20年以上。旅行が大好きです。たまに通訳翻訳もしています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブログランキング

ランキングに参加しております。よろしければ応援お願いします。