ポンピドゥーセンター~オブジェ編

2012.04.11(14:05)
さていよいよ館内見学の始まりです。
常設展示室はNiveau 4と書いてある階から入ります。

常設コレクションのフロアに入っていきなり正面に大きなオブジェが・・・
その前には子供のグループがしゃがみこんで見学しています。
P1340766_convert_20120411214448.jpg


こういう子供のグループ、パリの美術館でよく見かけます。
美術の主張授業などで本物の芸術品を前に学芸員さんのお話を聞いています。
小さなときから本物の作品に触れるってうらやましいですね~。

ところでこのオブジェ、何で出来ているかわかりますか?
なんと、ビンの栓で出来ているんです。
ビンの栓をつぶしたりしたのもが一つ一つ並べられてできた物なんです。

このフロアをざっと見学して回りました。
アンディー・ウォーホールなどの作品もあります。
でも大半は現代芸術家の不思議なオブジェが展示されています。

その中で気になったのがこのオブジェ。
小さな展示室がこれひとつでいっぱいになるぐらいの大きなオブジェです。
タイトルを確認しなかったので何かは良くわかりませんが・・・
なんとなく乳牛を想像してしまうのは私だけでしょうか???
P1340768_convert_20120411214514.jpg


現代芸術を見た後はひとつ上の近代芸術のフロアへ。
このフロアで気になったのはパリに長年住んでいたスイスの彫刻家、アルベルト・ジャコメッティの作品。
ジャコメッティの作品は日本の美術館にもあるようなのでご覧になったことがある方がいらっしゃるかもしれませんね。
P1340784_convert_20120411215845.jpg


私は数年前に展示会で彼の作品を見て初めてジャコメッティの作品に触れました。
ちょうど当時イギリスの競売で彼の代表的作品である「歩く人」が当時の換算で約90億円で落札されたというニュースを見たすぐ後だったので特に印象に残りました。
これに似た感じの像だったと思います。
コレクターの間ではすごい人気なのでしょうね。
P1340785_convert_20120411215914.jpg

関連記事
スポンサーサイト
ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。

<<ポンピドゥーセンター~絵画編 | ホームへ | ポンピドゥーセンターからパリを展望>>

コメント
おはようございます。

子供の頃から 芸術に触れるっていいですね。
それを 学校の授業でして下さるのがいいですね~。

どれも 迫力ある作品で実際に見たいです。
90億円! わぁお!
想像できない 金額です。
【2012/04/12 01:30】 | mon tresor 2007 #- | [edit]
乳牛を連想させるオブジェ、
何だか...おいしそうな食べ物に
見えちゃいました~(笑)!!

ジャコメッティって知らなかったのですが、
90億....凄すぎですねぇ!
【2012/04/12 14:11】 | キュウ親 #- | [edit]
ヨーロッパに行くと芸術があふれてますよね
きっと感性が磨かれるに違いない!と思います
それにしても見事なリサイクル?というには失礼ですが、キャップが大変身ですね
それにしても骨みたいな牛乳、色付けも難しそうだけど、こういう発想いいですよね~
【2012/04/12 15:12】 | Yottitti #S0MVRpSc | [edit]
mon tresorさま
こんにちは!
芸術品購入に90億円ってすごいですよね。
もしもそんなお金があったら私はきっと別の物を買うだろうな~。笑


美術の出張授業、よくルーブルやオルセーでも見かけます。
うらやましい環境ですよね~。
【2012/04/12 16:50】 | rika3377 #- | [edit]
パリの美術館、本当にお子さんのグループ多いですよね!
とても素敵なことだと思います。

瓶のキャップの作品、私も見ました。
すごく印象に残っています。
また会えて嬉しい気持ちになりました♪
ありがとうございます☆
【2012/04/12 16:50】 | ゆっらす #- | [edit]
キュウ親様
ジャコメッティ、展示会で出合って以来結構好きなんですよ~。
とてもじゃないですが買えませんが。笑
でも、観るだけでも心は豊かになるような気がしないでもないです。笑
【2012/04/12 16:52】 | rika3377 #- | [edit]
Yottittiさま
そうなんです。
ヨーロッパでは芸術が身近に感じられていいですよね~。
気分だけでも、ちょっと知識が身についたような気になります。笑
おまけに作品の写真とり放題のところが多いし・・・
太っ腹ですよね~。笑
【2012/04/12 16:55】 | rika3377 #- | [edit]
ゆっらすさま
初めてパリでモナリザとか観た時、「資料集に載っていた有名な作品が間近で観られるなんて!」と感動したものです。
そんな作品に子供のころから近くでふれることが出来るなんてすばらしい環境ですよね!
子供のグループを美術館で見るたびに「いいな~。」と思います。笑

ゆっらすさんも、瓶の蓋の作品観られたのですね!
インパクトありますよね!
【2012/04/12 16:59】 | rika3377 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://journaldeparis.blog112.fc2.com/tb.php/357-c0673f1b
| ホームへ |
プロフィール

rika3377

Author:rika3377
在仏20年以上。旅行が大好きです。たまに通訳翻訳もしています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブログランキング

ランキングに参加しております。よろしければ応援お願いします。