メキシコ~リヴィエラ・マヤ11

2014.06.01(13:39)
こんにちは。
ちょっとまたブログが停滞していてごめんなさい。
この週末は4連休でした。
主人も子供の休みなので食事の準備をはじめ何かと落ち着きません。

さて、メキシコの続きです。
チチェン・イッツァの遺跡見学の後は車で20分ほど行ったセノーテという「聖なる泉」の見学に行きました。
チチェン・イッツァにもセノーテはあったようですがツアーでは別の場所が組まれていました。

このユカタン半島のあたりは降水量が少なく、雨が大変貴重な資源となっています。
なのでところどころにある淡水の泉セノーテはマヤ文明の人々にとって生きていくための大切なものでした。
DSC08735_convert_20140601205719.jpg


何でも、水に恵まれるようにとセノーテには定期的に生け贄を贈ったそう・・・
若い女の子が生け贄として好まれたそうで・・・
おばさんでよかった~。笑

セノーテの底には人骨がいくつも発見されたそうです。
生け贄の習慣がやはり本当にあったんですね~。ぞっ

そんな過去とは裏腹に、セノーテの横には小さな可愛いレストランがありました。
DSC08738_convert_20140601205838.jpg

ここのビュッフェでランチの休憩をしました。
ツアーのバスで一緒だったオーストラリアからいらしたご夫婦とテーブルが一緒になりました。
私、超人見知りをするのですが・・・
テーブルでし~んとしながらのランチも気まずいので、英語でご夫婦に話しかけました。
ロジャー・ムーアの007を思わせるようなご主人と素敵な奥様でした。

ご主人のお仕事の関係でラスベガスで会議があったのでついでにカンクンまで足を延ばされたそうです。
短い時間でしたが楽しくおしゃべりができました。
次の日ロサンゼルス経由で帰国されるそうです。
お気をつけて~。

ランチの後は希望者はセノーテに降りて泳ぐことができます。
ちゃんと下まで下りていく階段があります。

生け贄が放り込まれていたとか、底から人骨が出てきたとか言う話を聞くととてもじゃないけれど私は泳ぐ気がしません。
主人と子供は暑かったのでちょっとだけ泳ぐと言って行きました。
私は荷物持ちで上から主人と子供が泳ぐ姿を観ていました。
水はかなり冷たかったそうです。

ここ、ツアーに申し込んだときから着替えるところがあるかどうか気になっていたのですが、ちゃんとシャワーやロッカーもありました。

さて、バスに集合して帰途に向かう途中、小さな街によりました。
なんていう名前の街か忘れちゃいましたが、別のツアーのバスもたくさん寄っていたのでチチェン・イッツァのツアーの定番コースのようです。

街の中心にはのどかな公園がありました。
DSC08756_convert_20140601210015.jpg


その正面には教会。
DSC08768_convert_20140601210239.jpg

中は比較的シンプルです。
DSC08775_convert_20140601210347.jpg


普段リゾート内から出ないのでこうした何気ないメキシコの街がとても新鮮に感じます。
DSC08814_convert_20140601210707.jpg

DSC08765_convert_20140601210145.jpg

こんなレトロな馬車も素敵ですね~。
DSC08784_convert_20140601210450.jpg

この後バスでリゾートに戻りました。
1日かけての遺跡ツアー、とてもおもしろかったです。

バスを降りるとき、ランチをご一緒したオーストラリアのご夫婦に「お話できて楽しかったわ。」と声をかけていただいたのがすごくうれしかったです。
ほんのひと時話しただけだし二度とお会いすることはないだろうけど、心が温まる出来事でした。

関連記事
スポンサーサイト
ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。

<<かわいいルリジューズ~! | ホームへ | 母の日~!>>

コメント
おはようございます。

私もおばさんで良かった~笑。
人骨が発見 恐ろしいです。
私も泳げないです とても。
男性は流石ですね!(気にしない?笑)

rikaさん 人見知りなのですか?
ブログでは わかりませんね。
やはり英語が話せると いいですね。
色んな教材を試しましたが 私は無理です 笑。
娘に頑張ってもらい 旅行同伴します 笑。
一期一会ですね。

追伸 コメント有難うございました。
一難去ってまた一難 私の人生って一体・・・です 笑。
パスワードにして 少し気が楽になりました。
【2014/06/02 00:45】 | mon tresor 2007 #- | [edit]
セノーテは水が舞い降りる糸のようで、神秘的な光景ですね
この神々しさには、生け贄があったからこそなのですね
古代マヤ文明の力発展はここから来たのでしょうね

旅先ではなかなか声をかけていいのか迷います
日本人どおしもなかなか声はかけないもので、ちょっと寂しく思ったりします
やっぱりコミュニケーションって大事ですよね

【2014/06/02 09:48】 | Yottitti #eKx3u/rI | [edit]
こんにちわ

わが家はツレが昨日から出張でのんびりさせてもらってます(笑)
ひとりだと掃除も料理もマイペースでできるのでラク~♪
昨日もベッドで夜中まで本を読んでいました!

セノーテ、よくTVで見るんですが
そんな恐ろしいこともあったところなんですね…
水の冷たさまで恐ろしいような…
【2014/06/03 02:23】 | M@lauaealoha #NqNw5XB. | [edit]
mon tresorさま
こんにちは。
セノーテで人骨が見つかったと言う話は、実は私がネットでいろいろ調べて知ったことで主人と子供は知りません。汗
うちの子は結構気が小さいので知っていたら泳がなかったかも・・・
生け贄を捧げたと言う話はガイドさんもおっしゃっていたのですが、おそらく深く考えずに泳いだんだと思います。

私、人見知りするんです。
仕事だとさすがに割り切りますが、プライベートだとどうしても・・・苦笑
一旦知り合いになるとよくしゃべりますが。笑

一難去ってということは前回の件は解決されたんですね!
よかったです~。
今回もきっと時間が経てばお相手の方も飽きますよ。
それまでちょっと我慢ですね。
応援してます!
【2014/06/03 15:41】 | rika3377 #- | [edit]
yottittiさま
こんにちは。

> セノーテは水が舞い降りる糸のようで、神秘的な光景ですね
実は私も他の方の写真を旅行前に拝見して、水の糸かと思っていたんですが、植物のつるのようなものがたくさん下に向かって伸びていました。
水じゃないんです。
説明不足でした。ごめんなさい。

> 旅先ではなかなか声をかけていいのか迷います
> 日本人どおしもなかなか声はかけないもので、ちょっと寂しく思ったりします
> やっぱりコミュニケーションって大事ですよね
そうですね。
話しかけてよいものか迷うときがありますよね。
街で明らかに困っている日本人を見かけるとたまにはなしかけることがありますが・・・
必要ないときは話しかけませんね、
yottittiさんは旅先でたまに日本の方に話しかけられていたような記憶が・・・
(違っていたらごめんなさい)
yottittiさんは社交的な印象を受けます。
【2014/06/03 15:46】 | rika3377 #- | [edit]
M@lauaealohaさま
こんにちは。

ご主人出張なんですか~。
たまにだと楽でいいですよね~!
頻繁だと大変ですが、うちはめったに泊まりの出張はないのであるt木は羽を伸ばさせていただきます。
大人一人いないだけで違いますよね~。

セノーテ、TVで見かけるんですか!
確かに光景は神秘的で「聖なる泉」と名づけられるのもうなづけます。
昔の人が生け贄を捧げてまで大切にしたのも納得できます。
でも・・・実際その時代のことを想像すると怖いですよね~。汗
【2014/06/03 15:50】 | rika3377 #- | [edit]
こんにちは!

セノーテ、気持ち良さそうですー。
でも、生け贄、人骨。。。う〜ん、悩みます。
泳ぐのは大好きなので、みんなが賑やかに泳いでいたら・・・もしも行けたら考えましょう。笑

現地ツアーで立ち寄った何気ない街が新鮮に感じるって分かります〜!
私は初めてパリに行った時にモン・サン・ミシェルの日帰りツアーに参加したのですが、その時に立ち寄ってランチした街がすごく印象に残っているんです。
やっぱり、もう街の名前さえ忘れてしまったのですが、小さな公園があって、小さなホテルのレストランでランチして、紫色の葉をつけた木があって、という風に。
オーストラリアのご夫婦とのふれあいも素敵ですね。
いつもは気ままに過ごすのが好きですが、時にはこんなツアーも良いものだな〜って思います♪
【2014/06/03 15:52】 | ゆっらす #- | [edit]
ゆっらすさま
こんにちは。
そうですよね。
有名な観光地でなくても印象に残るところってありますよね。
モンサンミッシェルに行かれるときにランチされたところ、どこだったのでしょうか・・・
小さなホテルのレストラン、素敵そうですね。

セノーテ、いかにも聖なる泉って感じで神秘的ですが・・・
泳ぐにはあまり深く考えないほうがよいと思います。笑
遠い昔のことですしね!
【2014/06/04 09:36】 | rika3377 #- | [edit]
素晴らしい泉、
すごいきれい!
絶対に、泳ぎたくなります。
でも、人骨(それも生贄)って、こわいです。 人間に限らず、生贄文化すごい反発(当然ですけど)。

ところで、あれは、公園じゃなくてソカロっていうんです。公園でもいいんですが、メキシコでいうと、公園じゃなくてソカロでしょって、言い返されるので、気になっちゃいました。

http://en.wikipedia.org/wiki/Z%C3%B3calo

【2014/06/06 04:37】 | ぴき #- | [edit]
ぴきさま
こんにちは。
こういうのをソカロって言うんですね!
知りませんでした。ありがとうございます~。

私たち、近年ヴァカンスはスペイン語圏に行くことが多くぴきさんのようにスペイン語ができたらもっと楽しいだろうな~といつも思います。
来年はもしかしたら英語があまり通じないスペイン語圏になるかもしれないので今からでもスペイン語少し勉強しておきたいなあと思っています。
での重い腰がなかなか上がりませんが・・・苦笑
スペイン語を始めたらフランス語が一段と怪しくなりそうでそれも怖いです。
綴りとか頭の中でスペイン語とフランス語がごちゃごちゃに混ざってしまいそう・・・
【2014/06/06 09:34】 | rika3377 #- | [edit]
スペイン語を始めたらフランス語が一段と怪しくなりそうでそれも怖いです。
綴りとか頭の中でスペイン語とフランス語がごちゃごちゃに混ざってしまいそう・

それ、ありますよ! あります!
私はどうしても、フランス語を音読することが、できないんです。 でも、同じ言葉とかもあって、便利といえば、便利。 たとえば、Mierda!!! とか。やはりラテンのお友達なんです。
【2014/06/09 03:47】 | ぴき #- | [edit]
ぴきさま
こんにちは。

スペイン語とフランス語、似ているから習ったことがなくても見たり聞いたりするとなんとなく想像できることが多いです。
でもその分、いざ勉強するとなると、もともと母国語ではないフランス語が一段と怪しくなりそうで・・・
ただ、スペイン語、聞いたりするとなんとなくはわかっても、自分の言いたいことが言えないのがもどかしいです。
ああ、かっこよくスペイン語が話せるようになりたい・・・
【2014/06/10 09:58】 | rika3377 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://journaldeparis.blog112.fc2.com/tb.php/596-55cba100
| ホームへ |
プロフィール

rika3377

Author:rika3377
在仏20年以上。旅行が大好きです。たまに通訳翻訳もしています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブログランキング

ランキングに参加しております。よろしければ応援お願いします。