カルナヴァレ美術館

2014.06.25(08:47)
こんにちは。
こちらも夏日が続いております。
年間を通じて晴れの日が少ないのでお天気がよい日が続くとうれしいです!

先日ちょっと用事があってパリのマレ地区に行きました。
このあたりはパリらしいおしゃれなブティックが立ち並んでいることで有名ですが、小さな美術館もいくつかあります。

そんな地区を歩いていたら元貴族の館の門が開かれていて中庭が通りから観ることができました。
この元貴族の館、今は美術館として使用されています。
このカルナヴァレ美術館はパリ市経営の美術館で常設展示室はなんと無料です!
太っ腹ですね~。
DSC00037_convert_20140625153111.jpg

特設の展示会場は有料となります。
今年はちょうどノルマンディー上陸作戦の70周年記念となっており、パリ開放に関する展示会が行われていました。
第二次世界大戦当時、パリをはじめとするフランス領土はナチスドイツ軍に占領されていました。
そんなフランスをナチスから開放するため、多くの犠牲者をはらって連合軍による大規模なノルマンディー上陸作戦が決行されたのです。

カルナヴァレ美術館の常設展示室はパリの歴史に関する展示がされています。
中でも私が好きなコーナーはルイ16世やマリー・アントワネットに関する展示室です。
王妃の遺品等も残っているので、私のようなベルサイユのバラ世代の方にはヴェルサイユ宮殿の後に見逃せない美術館です。

この日はゆっくり内部を見学している時間がなかったので中庭だけちらりと撮影。
小さいながらも幾何学模様の中庭、きれいですね~。
DSC00036_convert_20140625153017.jpg

入場無料だし、また時間があるときにゆっくり訪れたいです。
DSC00035_convert_20140625152853.jpg

カルナヴァレ美術館公式HP



関連記事
スポンサーサイト
ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。

<<メキシコ~リヴィエラ・マヤ15 | ホームへ | メキシコ~リヴィエラ・マヤ14>>

コメント
カルナヴァレ美術館は無料なのですね
手入れされた庭園もとてもきれいです

暗い戦争の時代の歴史には触れて学ばないといけませんが、
どうしてもフランスといえば、華やかなベルばらの世界ですよね
じっくり鑑賞したいですね
【2014/06/25 09:26】 | Yottitti #eKx3u/rI | [edit]
yottittiさま
こんにちは。
カルナヴァレ美術館、ぜひパリにお越しの際はいらしてください!
ヴェルサイユ宮殿がマリー・アントワネットの華やかな時代を象徴するものであれば、カルナヴァレ美術館ではフランス革命等暗い時代を知ることができます。

館自体も素敵なのでぜひ!
【2014/06/25 10:10】 | rika3377 #- | [edit]
こんにちわ

建物とお庭だけでも素敵なんですが
展示品まで無料で開放なんてすごいですねー!
ベルばら世代としては見逃せないスポット
パリに行ったらぜひ行きたいです。
いつになることやら…ですが…
【2014/06/26 00:41】 | M@lauaealoha #NqNw5XB. | [edit]
こんにちは。

無料!
とはホント!太っ腹!
大きさも丁度良い感じに見えますが・・

調べてみますねぇ(*^^)v
【2014/06/26 09:10】 | yamaneko #- | [edit]
カルナヴァレ美術館、
ベルばらを、リアル調度品展示で味わえるのですね!!
気軽に入れる小さい美術館を、市が運営してるって、
文化を守って継承していくため、とっても良いことですね~♪
【2014/06/26 14:00】 | キュウ親 #- | [edit]
こんにちは。

カルナヴァレ美術館って知りませんでした。
パリに行くと、マレ地区には必ずブティック巡りに行くのですが。
パリにはまだまだ知らない美術館が沢山あるのでしょうねー。
それにしても素敵な館ですね。
本当にこんな立派なところに住んでた人がいるのですね。
貴族ってすごい!
私もベルばらの世界を感じてみたいです☆
【2014/06/27 06:19】 | ゆっらす #- | [edit]
M@lauaealohaさま
こんにちは。
パリにはルーヴル、オルセーと有名な大きい美術館があり見ごたえがありますが、こうした小さい美術館も楽しいですよ。
小さいとはいえ、けっこう大きいんです。
ルーヴル等が大きすぎるんですよね。
【2014/06/27 12:50】 | rika3377 #- | [edit]
yamanekoさま
こんにちは。
ルーヴルやオルセーは大きくて観るのが大変なので、これくらいの規模のほうがいいかもしれませんね。
展示物もさることながら、この建物自体も素敵なんです。
次回パリお越しの際はぜひ覗いてみてくださいね!
【2014/06/27 12:53】 | rika3377 #- | [edit]
キュウ親様
こんにちは。
無料の美術館っていいですよね。
この他にもフランスの国立美術館は子供や学生は無料だったりと、たくさんの人が芸術に触れることができるようになっています。
さすが、芸術の国ですね~。
【2014/06/27 12:55】 | rika3377 #- | [edit]
ゆっらすさま
こんにちは。
カルナヴァレ美術館、私のお気に入りなんです。
歴史上の人物の使っていた調度品がたくさんあるので、歴史が身近に感じられます。
ヴェルサイユも素敵ですが、ゴージャス過ぎて別世界という感じです。
マレは何度歩いても楽しいですよね。
次回是非カルナヴァレにもお立ち寄りくださいね!
【2014/06/27 12:58】 | rika3377 #- | [edit]
こんにちは、

元貴族の家。。ですね。
フランスらしい。 有名な美術館にいくより、
こういったところで、まったりしていたいです。
マレ地区は夜のほうが、楽しいけど(笑)。

元貴族の子孫さんたちは、
いま、どこで、どういう生活をしてるんですか?
スペインの貴族は、ほんと、下品で最低だけど。。

【2014/06/28 09:18】 | ぴき #- | [edit]
ぴきさま
こんにちは。
マレ地区、楽しいですよね。
私も小さな美術館が好きなのでこんなところでのんびり見学して、後はカフェでまったりというパターンが好きです。
美味しいケーキがあれば尚良し。笑

フランスの元貴族、いろいろあるんでしょうが、よい家系だとお城やお屋敷の維持費がかなりかかるので、超エリートコースをまっしぐらじゃないとやっていけないみたいです。
フランスの超エリート校には元貴族の子孫がいることも珍しくないです。
【2014/06/28 21:55】 | rika3377 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://journaldeparis.blog112.fc2.com/tb.php/602-3b2ccb05
| ホームへ |
プロフィール

rika3377

Author:rika3377
在仏20年以上。旅行が大好きです。たまに通訳翻訳もしています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブログランキング

ランキングに参加しております。よろしければ応援お願いします。