ポルトガル旅行4

2014.10.27(12:24)
8月は日本からじぃじとばぁばをフランスに連れて帰ってきて、みんなでポルトガルに行きました。



お部屋で少し休憩した後はいよいよ観光です~。
ポルトガル出発前にネットで調べたらカリス社がリスボンの乗り降り自由の観光バスツアーを取り扱っていたので出発前にチケットを購入しておきました。
ネットで購入すると少しだけ割引料金になります。
ご参考までにバスツアーのHPを貼っておきますね。
イエローバスツアー公式HP

滞在しているホテルの目の前の広場からバスツアーが発着するコースがいくつかあるのでこのホテルを選びました。

まずはリスボンの旧市街を路面電車で回るツアーです。
ホテルのまん前に乗り場があるのですが、係員さん曰く「ここからじゃ乗れない。別のツアーのバスで一駅先のコメルシオ広場まで行ってそこから乗って。」と言われました。

乗り降り自由のはずなのになんで別の乗り場に移動しなければならないの~?
と疑問に思いながら言われたとおりコメルシオ広場まで出ます。

わ~、すてき~。
大きな門!
DSC02259_convert_20141026231016.jpg

それをくぐって反対側に出たところがコメルシオ広場。
すっごく広くてきれいです~。
DSC02271_convert_20141026225238.jpg

広場の周囲は現在は官省となっている建物だそうです。

リスボンは1755年に大地震が置き、町の大半が崩壊しました。
そのときの国王ジョゼ1世は宰相に命じて街の再建を図りました。
広場の中心にはジョゼ1世の騎馬像が置かれています。
DSC02272_convert_20141026231109.jpg

この広場の一角に旧市街を巡る路面電車乗り場がありました。
あ、ここここ。
とみんなで並びます。
でも、路面電車はなかなか来ません。

かなり待った後でやっと赤くてレトロな路面電車がやってきました。
「これに乗れるかな?だめだったら次の電車になるね~。」
なんて言いながら並んでいると・・・
DSC02287_convert_20141026225623.jpg

乗り場の手前で突然運転手さんが降りてきて
「え?何々?」
と思っていたら運転手さんが自分で線路の方向の切り替えをしています。汗
へ~、手動なんだ~。
DSC02302_convert_20141026231238.jpg


やっと乗り場に来たと思ったら・・・
座れる席の分しか乗客を乗せないようで、ほんの20人ぐらい乗せたら発車して行ってしまいました。
DSC02289_convert_20141026231150.jpg


そのすぐ後にもう一台来て
「この調子だと私たちが乗るのももうすぐ来るよね~。」
なんて言いながら待っていたんですが・・・
待てども待てども赤い路面電車は来てくれません。

別の公共交通手段としての路面電車はバンバン来るんですが・・・
DSC02283_convert_20141026225446.jpg


観光コースの電車は来ません。
子供は待ちくたびれてしまっています。
DSC02296_convert_20141026225740.jpg

まあ、うちの子は大きいからいいものの、小さなお子さん連れの人は大変そう・・・
待ちくたびれて諦めて他所へ行ってしまう人もたくさんいらっしゃいました。

幸い、じぃじとばぁばは乗り場のベンチに座れたので我慢して待ちます。
結局小一時間待ってやっと私たちの番になりました。
乗り場の案内を読むとこの電車が最終ぽいです。

本当は旧市街で乗り降りしながら観光するつもりだったんですが、これを一旦降りると二度とこの路線の電車に乗れそうもないので、旧市街は車内から見ることにして最終停留所まで乗ったままにすることにしました。

わ~い、いよいよ発車です。
DSC02298_convert_20141026225851.jpg

コメルシオ広場を後にしま~す。
DSC02312_convert_20141026230019.jpg

ほんのしばらくいくと私たちの滞在ホテル前で泊まりました。
当然降りる人ゼロ。
なので乗る人もゼロ。

そうか~、この路線、始発からじゃないと人が多すぎて乗れないんだ。
だから係りの人がコメルシオ広場から乗れって教えてくれたんだ~。
今になって納得。

こうして電車は旧市街へと登って行きます。
リスボンは坂が多い街です。

特にアルファマ地区は坂が多く狭い道が多いです。
路面電車が路幅ギリギリで通過するところもあります。
写真ではわかりにくいかもしれませんが、左側は電車、そして右側は道路わきの建物です。
バルコニーなんて電車ぎりぎりまで来てますよ~。
DSC02336_convert_20141026231319.jpg

途中、左手にはテージョ川が下に広がる素敵な景色もあったんですが、カメラマンが右側に座っていたので写真がありません。涙
本当はここで降りたかったのですが、降りたら最後電車には乗れそうもないし・・・
街の様子がいまいち把握できていなくてどうやってホテルに帰ればよいかもわからないので、我慢して乗車したままです。

その後シアド地区も回って1時間ほどで始発と同じ乗り場に戻ってきました。
DSC02438_convert_20141026230358.jpg

わ~、面白かった~。
この電車が始発乗り場につくころには乗客はゼロ。
営業終了のようです。
ギリギリで乗れてよかった~。


関連記事
スポンサーサイト
ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。

<<ポルトガル旅行5 | ホームへ | ポルトガル旅行3>>

コメント
こんにちわ


立ち席はないってことなんですねー。
乗り降り自由なのに乗り降りすると次のに乗れない…
便利なんだか不便なんだかわかりませんね(^_^;)
まずは市電でぐるっとひと回りをして市内の様子を下見して
それから散策するのにちょうどよいのかしらね!?
【2014/10/28 02:16】 | M@lauaealoha #NqNw5XB. | [edit]
観光用の赤い路面電車、
本数は少ないけど、雰囲気は良いですね~。
内装も木目の部分がいい味だしてるし!

路面電車が建物や歩道すれすれにリスボンを走る姿、
TVで見たことがありますが...、
実際に乗ると、ある意味スリルありそうですねぇ(笑)。
【2014/10/28 04:46】 | キュウ親 #- | [edit]
M@lauaealohaさま
こんにちは。

この路面電車の観光用路線は本数も少なく混むようです。
でも、この路線で一周したらなんとなく地理感もつかめてよかったです。
旧市街をぐるっと一周してくれるものうれしいです。
母があまり歩けないので、どの都市に行ってもこの乗り降り自由の観光バスにお世話になっています~。
【2014/10/28 16:19】 | rika3377 #- | [edit]
キュウ親さま
こんにちは。
この路面電車、いい味出していますよね~。
このほか黄色と、後は近代的なモダンな路面電車があるんですが、赤が可愛いですよね~。
車内も超レトロ!

とにかくリスボンは首都ではありますが本当にのんびりしてます。
せかせかせず、時間を気にせずのんびりしてます~。
【2014/10/28 16:22】 | rika3377 #- | [edit]
こんばんは。

楽しそう~♪読んでいるだけでもワクワクしますね。
路面電車なんて 昔に1度か2度ほど乗っただけです。
本当にお家の横ギリギリを走るのですね。
人1人やっと通れますね。
これは 楽しいと思います♪

そうですね 小さなお子様だと1時間待つのは
至難の業ですね 汗。
【2014/10/29 15:14】 | mon tresor 2007 #- | [edit]
mon tresorさま
こんにちは。
路面電車、日本では珍しいですよね。
フランスでは最近、エコな交通手段として見直されていて、近年大きな街に造っています。
でもリスボンのはこうして昔ながらの車体なので、レトロなよい雰囲気が出ています。

人気がありすぎて待ち時間が長いのが難点ですが・・・
子供が大きくてよかったです~。
さすがに人気があるだけあって楽しかったですよ~。
【2014/10/29 19:00】 | rika3377 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://journaldeparis.blog112.fc2.com/tb.php/642-f0f53ccf
| ホームへ |
プロフィール

rika3377

Author:rika3377
在仏20年以上。旅行が大好きです。たまに通訳翻訳もしています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブログランキング

ランキングに参加しております。よろしければ応援お願いします。