ポルトガル旅行7

2014.11.04(11:04)
8月は日本からじぃじとばぁばをフランスに連れて帰ってきて、みんなでポルトガルに行きました。

第2日目
ジェロニモス修道院の前でものすごい行列を目にして中へ入るのをあっさり諦めた私たち。
というのもリスボンのべレン地区に来た真の目的は別にあったのです。

ジェロニモス修道院の建物にうっとりしながら多少後ろ髪を引かれる思いで通りをそのまま先に歩いていきました。
すると歩道にまたまた行列が・・・
ま、まさかこっちも行列???
これって私が目指しているもののための行列じゃないよね・・・
でも、この辺で並ぶところといったらアレぐらいしかないよね・・・
こっちは絶対中に入りたいよ~。
そのためにジェロニモスも諦めたんだから~・・・

内心超あせりながら、じぃじとばぁばと子供に「ちょっと、念のためにここで並んでて。私は列の先にいって何の列がチェックしてくるから。」と指示をして進みます。
カメラを持った主人はふらふらとどこかへ行って行方不明です。
(よくカメラを持ってその辺に消える)
DSC02598_convert_20141104053336.jpg

前の方へ行くと、やはりこの列は私がめざしていたお店の列でした。
こちら、今回のポルトガル旅行のメインイベントの一つ、エッグタルトの老舗「パステイス・デ・べレン」です。
そう、ポルトガル名物のエッグタルトの元祖となったお店なんです。
創業1837年です。
実は先ほど入るのを諦めた修道院の秘伝のレシピを受け継いでエッグタルトを作っているのがこのお店なんです!
以前にこのエッグタルトを作っている所をTVで見て以来、絶対にこのお店に来て秘伝のエッグタルトを食べたいと思っていたんです!

しかし・・・修道院の列もすごかったんですが・・・
このお店の近くでも列があります。
え~!?
こっちまで並んでるの~?
と心の中で叫びながら店頭まで行くと、並んでる列はどうやらテイクアウトの方で店内の席につく方は列が見当たらず、「テーブル席は中へどうぞ」と書いたパネルがあります。

店頭で写真を撮りながらフラフラする主人を見つけ「ちょっと!こっちに来てよ。店内の席につく列をチェックするから!」と呼びつけ、二人で店内へ。

この店内ですが、外からは想像もできないほど広いです。
ところどころ二人がけのテーブルならありましたが、私たちは大人数なので奥へ奥へ進みます。
するとやっとテーブル席につくための列がありました。

DSC02603_convert_20141104054303.jpg
「私、ここで並んでいるから、じぃじたちを呼んできて!」と私。
数分後にはじぃじとばぁばと子供をつれた主人が戻ってきました。

客数はものすごいですが、その分店内も超広いので、ほんの数分待って席に案内されました。
ふ~。良かった、こっちは直ぐに席に案内されて~。
こっちもものすごく並ぶのかと思ったよ・・・

席につくとウエイターさんが注文を取りに来てくださいました。
ホテルで朝食を頂いてきたばかりなのでお腹はすいていないんですが、ここまで来てタルトを食べないわけにはいきません!
オレンジジュースや紅茶等のドリンクとエッグタルトをいくつか(というかたくさん。爆)注文しました~。

ウエイターさん、メモもしないのにものすごい数のオーダーをこなしていらっしゃいます。
私なんかじゃ1時間もアルバイトできないでしょうね~。
注文なんて全く覚えられないだろうな~。
そもそもプレートも持てないでしょう・・・
DSC02617-001_convert_20141104195200.jpg

さて、いよいよエッグタルトの登場です!
DSC02621_convert_20141104054448.jpg

何でも、表面に好みで粉砂糖やシナモンを振りかけていただくと美味しいそうです。
DSC02624_convert_20141104054532.jpg

私が少しお砂糖とシナモンを振ったんですが、子供が「そんなんじゃ足りない」と振りなおしてます。
子供の腕には数日前に金閣寺で買ってきたブレスレット(というか数珠?)がしてあります。
気に入ったみたいで今でも毎日しています。
DSC02630_convert_20141104054617.jpg

全く飾り気のないお店でタルトも大皿でど~んとでてきます。
それを手で直接いただきます。
DSC02641_convert_20141104053843.jpg


実はホテルの朝食でもエッグタルトがあったんですよ!
エッグタルトを食べる感動をこのお店まで取っておこうと思ったんですが、我慢できず1個頂いてきてしまいました。
ホテルのもものすごく美味しくて感動したんですが・・・・

ここのお店のエッグタルトは焼き立てということもあり・・・
もう、サイコーです~!
ほんのりシナモンの香りがお味にアクセントをつけてくれていて・・・
そしてエッグタルトのクリームがお口の中でとろ~り。
し・あ・わ・せ~。
DSC02634_convert_20141104053746.jpg


ジェロニモス修道院の中は見られなかったけれど・・・
エッグタルトの老舗でタルトをいただけて満足です。
市の中心地からはずれていますが、このためだけでも来る価値ありです!

修道院から直ぐなのでべレンに行かれる際には是非!





関連記事
スポンサーサイト
ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。

<<今年最後のゴルフコンペ~! | ホームへ | ポルトガル旅行6>>

コメント
いやー、私が箱根の列の記事をかいて、
こちらに入ったら、こっちも、列でしたー!
でも、勘違いでよかったですね。

ウエイターさん、メモもしないのにものすごい数のオーダーをこなしていらっしゃいます。

ヨーロッパのウエイターさんは、日本の学生バイトとちがって、みんなプロだと感じます。 バスクのバルもウエイターさんの、暗算の速さにびっくりでした。 ボケないんでしょうねえ。

こちらのタルト、素朴そうで
試行錯誤の日本のスイートとはちがう
おいしさがありそうです。

【2014/11/05 00:29】 | piki #- | [edit]
こんにちわ

マカオのエッグタルトが有名なのはポルトガル植民地だったからなんですね!
なんでマカオでエッグタルトなんだろ…と思っていたのが納得できました(笑)

こんがりの焼き目の下はとろ~りなんですねー。
ものすごくおいしそーです( ´¬‘)ジュル
【2014/11/05 02:14】 | M@lauaealoha #NqNw5XB. | [edit]
こんにちは!

エッグタルトのテイクアウト、すごい列ですね〜!
お店にはすぐ入れて本当に良かったですね!!
失礼ながら、りかさんのてきぱきした一生懸命さが可愛いと思っちゃいました♪
エッグタルト、とってもとっても美味しそうですものね。
シナモンの香りにとろ〜りクリーム、食べてみたいです。

それにしてもウェイターさんのトレー、すごい事になってますね!!
私の妹が学生時代にずっと喫茶店でアルバイトしていたのですが、初めてのパリのカフェでお店の方の仕事ぶりに深く感動していたのを思い出します。
確かに、もしもこれだけの数をてきぱき捌けたら楽しいでしょうね。
【2014/11/05 08:54】 | ゆっらす #- | [edit]
ぴきさま
こんにちは。
そうですよね、ヨーロッパのウエイターさん、プロですよね。
カフェなんかで働かれている人はアルバイトとはレベルが違いますよね。

そうそう、バスクのバル、何皿か食べても覚えていらっしゃったり、計算もすばやかったり・・・
すごいですよね。

ポルトガルのエッグタルト、やさしい味でとても美味しかったです~。
べレンの老舗にずっと行きたいと思っていて念願がかなってうれしかったです!
【2014/11/05 09:45】 | rika3377 #- | [edit]
M@lauaealohaさま
こんにちは。
そうそう、マカオでもエッグタルトが有名らしいですね~。
マカオもポルトガルの植民地でしたものね~。
私はマカオは行ったことがないんですが、ポルトガルの名残が残っているみたいですね!
マカオのエッグタルトも食べてみたいです。

ここのエッグタルト、クリームも美味しかったんですが、タルト生地がものすごく美味しかったです。
【2014/11/05 09:48】 | rika3377 #- | [edit]
ゆっらすさま
こんにちは。
私、ものすごい方向音痴で地図を読むのも苦手なんですが、旅行の際には添乗員となります。
他のメンバーはふらふらついて歩くだけ。
私が一人でチケットを手配したりとか日程を考えたりとか・・・大変なんです~。

ウエイターさん、テーブルの数もものすごく多いし、オーダーの数もすごいんですが、メモもなくよくこなせるな~と本当感心しました。
やはり素人じゃこなせませんよね・・・
【2014/11/05 09:54】 | rika3377 #- | [edit]
こんにちは。

旅に行列はつきものですが・・
なが~~~い!!

どんな感じで出てくるのかしら?
と思いましたら・・・

素朴な感じ・・がします。
美味しい!!私も食べてみた~~い!です(*^^)v
【2014/11/06 02:46】 | yamaneko #- | [edit]
yamanekoさま
こんにちは。
エッグタルト、すごく素朴ですがすごく美味しかったです~。
修道院の秘伝レシピというのにもすごく惹かれました。
ちょっと小さめサイズなんですが、パクパク食べられてしまいそうなのが怖いです。笑
しかし、ものすごい列でしたが世界中から皆さんいらしているみたいです。
【2014/11/06 09:03】 | rika3377 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://journaldeparis.blog112.fc2.com/tb.php/645-318bbc7c
| ホームへ |
プロフィール

rika3377

Author:rika3377
在仏20年以上。旅行が大好きです。たまに通訳翻訳もしています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブログランキング

ランキングに参加しております。よろしければ応援お願いします。