ポルトガル旅行12

2014.11.28(16:58)
こんにちは。
まだまだ、ポルトガル旅行が続いています。
長々とお付き合いくださってありがとうございます。

8月は日本からじぃじとばぁばをフランスに連れて帰ってきて、みんなでポルトガルに行きました。

第二日目

アルファマ地区の景色を堪能した後は、また路面電車に乗って、今度はバイシャ・シアド地区の方へ移動します。
下町は情緒があります。
DSC02871_convert_20141128234543.jpg


そこのお目当てはビカのケーブルカー。
通りの路地のようなところにひっそりとあるので路面電車に乗っていても思わず見過ごしてしまいそう・・・
路面電車に乗るときに運転手さんに「ビカのケーブルカーに行きたいんだけれど、停留所になったら教えていただけませんか?」とお願いしたんですが、「運転してると忘れそう。あと15分ぐらいしたら降りて。」と言われ・・・

前の日にケーブルカーの横を通ったからなんとなく位置を覚えていたので、一生懸命外をチェックしていました。
「このあたりだったかな?」と思っていると、運転手さんが「ビカ~!!」と叫んでくださいました。
ありがとう、運転手さん。
ちゃんと覚えてくださっていたんですね~!

リスボンの街にはケーブルカーが街の3箇所にあります。
中でも一番有名なのが、ここビカのケーブルカー。
映画にも良く出てきます。
DSC02884_convert_20141128234658.jpg

こうして斜面を降りた向こうには青いテージョ川が見えて美しい景色です。
写真じゃあ、その様子がしっかりお伝えできないのが残念。
狭くて急な路地を降りていくケーブルカー。
すっごく絵になります。

DSC02892_convert_20141128234759.jpg
ケーブルカーが止まっていたので早速乗り込みますが既に満席状態。
一人分ぐらい空いているベンチにばぁばとじぃじが座ろうとしたら、隣の若いアジア人のカップルさんがずれてくださいました。
そして結局、お二人を立たせてしまいました。
じぃじとばぁばは日本語(どこでも日本語で通す)でお礼を述べていましたが、私は少し離れていたためお礼を言うことができませんでした。

しかし、このケーブルカー、なかなか動いてくれません。
本数かなり少なそうです。
20分ぐらい待ってやっと動いてくれました。
急な坂を目の前のテージョ川に向かって降りていく景色、ものすごく風情がありました。
その様子をお伝えできないのが残念です。

下から上を見上げるとこんな感じ。
DSC02907_convert_20141128234859.jpg

ケーブルカーはあっという間に下についてしまいました。
車体が落書きだらけなのがちょっと残念・・・
DSC02910_convert_20141128234950.jpg


ケーブルカーを降りるときにチケットチェックがありました。
このケーブルカーもCarris社の観光バスチケットが有効です。

ところで、じぃじとばぁばに席を譲ってくださった(というかばぁばの大きなお尻でどかせてしまったに近い・・・・汗)お二人。
お二人同士で話されているのが日本語だったので、降りるときにちゃんと私からもお礼を言いたかったのですが・・・
添乗員リカがチケットをかばんから出して運転手さんに見せているうちにお二人はどこかへ行かれてしまいました・・・

お礼を言い損ねたのが心残りです。
まさか私のブログなんて読まれることはないとは思いますが、そのまさかが実際に起きたときを想定して、この場を借りて心よりお礼申し上げます。
あの時は本当にありがとうございました。
せっかく座っていらっしゃったのに席を立たせてしまい申し訳ありませんでした。

ケーブルカー、下側の乗り口にはちゃんとした入り口があります。
DSC02913_convert_20141128235101.jpg


ケーブルカーの後はバスに乗ってフィゲイラ広場に帰ってきました。
この日は結構いろいろまわってばぁば達も疲れたので、ホテルの近くのレストランで夕食をとりました。
ホテルの近くにはお店の外にメニューが日本語で出ていて客の呼び込みをしているレストランがたくさんありました。
普通ならこの手のお店は避けるのですが、ばぁばたちも一緒なのであまり歩いてお店探しもできないので、そこで適当に入りました。

ところで、ポルトガルのレストランでは食事の前に、ウエイターさんがパンとおつまみのようなものをテーブルに持ってきます。
フランスだと、オーダーしないのに持ってくるこの手のものはサービス、または料金に含まれたものなんですが、ポルトガルは別料金だそうです。
いらなかったら持ってこられた時点でいらないと断らなければチャージされるそうです。

このお店でもやはりおつまみを持ってこられたので要らないと断りました。

お料理はまあ、普通の美味しさでした。
観光客相手のお店なので覚悟していたのですが、まあ普通でした。
お値段もそんなに高くありませんでした。

サーモングリル。
DSC02919_convert_20141128235247.jpg

ポルトガル名物、干し鱈の卵とじ。
これ、素朴なお味で結構美味しいです。
DSC02921_convert_20141128235405.jpg

イカの鉄板焼き。
これも外れずおいしいです。
DSC02922_convert_20141128235521.jpg

ポルトガル、シンプルなシーフードが多いので、大きくはずすことはあまりなさそうです。

この後、お土産屋さんで少し買い物をして、ホテルに戻りました~。

関連記事
スポンサーサイト
ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。

<<白ワインと生ガキ~! | ホームへ | ボジョレ~ヌーヴォ~!>>

コメント
こんにちわ

すてきな眺めを楽しめるケーブルカーがあるんですね!
運転手さん、一瞬「あら、そっけない…」なんて思ってしまいましたが
お仕事をされながらも覚えていてくださったんですね、よかったー。
そして席を譲ってくださったカップルは日本人のようでしたかー。
偶然のことでしたけど、心に残る思い出にもなったでしょうか。
っていうか、満席で20分停車ってけっこうきついですね…(^_^;)

眺めはステキだけど、ケーブルカー自体は落書きだらけなのがすごく残念です!
【2014/11/29 00:26】 | M@lauaealoha #NqNw5XB. | [edit]
おはようございます!

ケーブルカーで親切な方に出逢えて こういうのも 旅の思い出になりますね。
お優しい方に会えるとほっこりしますね。

急な坂はお写真からでも伝わります。
楽しそうですね!

お食事 観光客相手のお店でばかり食べてそうな気がします 我が家 笑。
地元の片しか知らない お店とか行きたいですね~。
【2014/11/29 00:59】 | mon tresor 2007 #- | [edit]
ケーブルカーの線路と建物に挟まれた坂道、
そして、坂道と建物の向こうに見える青い川、
とっても風情がありますねぇ~。

席を譲って下さった日本人の方々、
海外で同胞の優しさに触れるっていいですね~

イカの鉄板焼き...、
ヨーロッパで頂くイカって、小ぶりだけど肉厚で、
ぷりぷりしてておいしいってイメージです♪
【2014/11/29 10:09】 | キュウ親 #- | [edit]
M@lauaealohaさま
こんにちは。
おっしゃるとおり満席で20分停車って年寄りには結構きついと思います。
なので、ばぁばの大きなお尻でお隣の日本人の方を押しちゃいましたが・・・
ばぁばは足が弱いので座れて本当に良かったです。
日本人カップルの方、ごめんなさい。

ケーブルカーの落書き、ニューヨークだったらさまになっていたのかもしれませんが・・・
リスボンでは黄色のケーブルカーがランドマークの一つでもあるのでちょっと残念でした。
でも景色はものすごく良かったです!
【2014/11/29 18:42】 | rika3377 #- | [edit]
Mon tresorさま
こんにちは。
ばぁばは足が弱くて出かけるときは杖を使うのですが、路面電車やケーブルカー、いろいろな場面で席をゆずってくれる方がいらっしゃって、本当に助かりました。

ケーブルカー、すごく景色が良くて楽しめました。
まるで旅行ドキュメンタリーかなんかを見ているような気分になりました!

現地のお勧めレストラン、行きたいですよね~。
私たちは衝動旅行も結構多いので、ガイドブックに出ているお店か、行き当たりばったりが多いです。
【2014/11/29 18:45】 | rika3377 #- | [edit]
キュウ親様
こんにちは。
ケーブルカー、乗っているのはほんの少しの間ですが、でもここまで行く価値はありました!
いかにもリスボンらしい素敵な景色が楽しめました~!
リスボン、どこも行列だらけだったんですが、たった1車両しかないケーブルカー、待たずに乗れたのは奇跡??です。笑
どうしてここだけ混んでいなかったのか不思議です。

今回リスボンでは年老いた両親がいろいろな場面でいろいろな方に席を譲っていただいて本当に感謝しております。
何とか無事に旅行を終えることができたのも周囲の皆さんのご厚意のお陰だと思います。

ポルトガル、シーフードがとても美味しかったです~。
イカも肉厚でおいしかったです!
【2014/11/29 18:50】 | rika3377 #- | [edit]
ケーブルカーはすごい坂道を上って行くのですね
これは歩いたら大変だから、みんな乗りますよね
席を譲ってもらうと、本当に自分のこと以上にうれしいですよね
そんな思いが伝わるはずです

ヨーロッパでパンはサービスなのか、席代に含まれるのか、悩ましいことがあります
確認しないと、場所によって違うってことなのですね
今度は毎回聞いてみることにします
【2014/12/01 05:51】 | Yottitti #eKx3u/rI | [edit]
yottittiさま
こんにちは。
パンがレストランで別料金なのはヨーロッパではポルトガルが初めてでした。
ガイドブックにも「注意事項」として出ていたので、珍しいケースだと思います。
逆にパンを出されても、私は手をつけないことが多いので、別料金で断ることができるのであれば無駄がないてよいなとも思います。
まあ、郷に入っては郷に従えが一番かと・・・笑
【2014/12/01 10:44】 | rika3377 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://journaldeparis.blog112.fc2.com/tb.php/654-967d82f0
| ホームへ |
プロフィール

rika3377

Author:rika3377
在仏20年以上。旅行が大好きです。たまに通訳翻訳もしています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブログランキング

ランキングに参加しております。よろしければ応援お願いします。