東地中海クルーズ~第1日目①

2015.10.09(13:13)
こんにちは。
地中海クルーズ、いよいよ本編となります。
ダラダラ続きますがよろしくお付き合いいただければ幸いです。

さて、じいじとばあばを連れてフランスに戻ってきました。
数日間、自宅でのんびりして時差ぼけを戻したら、いよいよヴェネチアへ向けて出発です。
朝、シャルル・ド・ゴール空港からエアフラさんでヴェネチア行きの飛行機に乗ります。
P1060007_convert_20151005194524.jpg


2時間弱でヴェネチア上空につきます。
窓から外をみるとヴェネチア独特の潟が見えてきてテンション上がります。

すると、遠くにこれから私たちの乗るコスタの船も見えます。
「あれ!きっと私たちの船だよ!もうヴェネチアに入港しているみたいだね~。」とめちゃテンション上がります。
じいじとばあばも興奮気味。
P1060021_convert_20151005201555.jpg

サン・マルコ広場ってあっちの方かな~?
こんな塔が見えてきたりするのでもうめっちゃテンション上がります。
P1060026_convert_20151005201626.jpg


ベネチア空港に着きました。
ああ、いよいよヴェネチアにやってきたのね~。
パリじゃなくパリジって書いてあるわ~。
P1060033_convert_20151005200150.jpg


空港はそんなに大きくないので荷物もスムーズに引き取ります。
荷物を持って税関を出ると、コスタのマークをつけた女性がいらっしゃいます。

今回私たちは飛行機は自分たちで手配。
クルーズだけをコスタに直接申し込みました。
飛行機もクルーズといっしょにコスタで申し込むことができ、その際は空港から港までシャトルバスの送迎がつきます。

コスタのお姉さんに声をかけて、シャトルバスに乗せてもらえるか聞くと、バスに空席があるからバス料金を支払えばOKとのこと。
大人一人空港から港まで片道19ユーロ。
ちょっと高めの気がしましたが、私も主人もヴェネチアは初めてだし、歩けないばあばもいるし、まあいっか。

ところで、出発前に私たちはクルーズのチェックインは前もってHPでしておきました。
その際荷物のタッグも印刷しておきます。
バスに移動する前にクルーズ用の荷物タッグをスーツケースに付けます。

しばらく待って同じフライトの人が揃ってからバス乗り場に移動。
荷物を預けてバスに乗り込みます。
P1060039_convert_20151005200256.jpg


港はヴェネチア本島にあるため高速のようなところを通って本島へ移動。
途中、イタリアのTGVも見えましたよ~。
P1060048_convert_20151005200411.jpg


バスで20~30分ぐらいでいよいよ港に到着です。
船の足元でバスを降りました。

ばあばは年をとってひざが弱くなってきたので、歩くときは杖を使用します。
すると、飛行機の席ですぐ後ろだった人がバスでもたまたまいっしょで、ばあばが降りる際、バスからさっと降りてバスの降り口でばあばが降りるのを手助けしてくださいました。
こういうのってさすがヨーロッパ人といつも感心します。

ちなみに私の夫はさっさと自分だけ降りて、船の写真を撮りまくってます。汗。
赤の他人様にばあばが助けていただいているというのに・・・恥。

さて、荷物をまずカウンターで預けて乗船案内用の番号カードを手渡されます。
荷物には既にさっき空港でキャビン番号の入ったタッグがつけてあります。
自宅でタッグを印刷してない場合はここでちゃんとタッグを渡されるのでそれを貼ります。
その後、チェックインターミナルに入って、番号カードの番号が呼ばれるのをおとなしく待ちます。
P1060064_convert_20151005201708.jpg

チェックインは確か12時ぐらいから開始されたような記憶があります。
朝早く港に着いた場合は、荷物だけ預けて市内観光にでて、午後ゆっくり乗船に戻ってくることもできます。
私たちはクルーズの後、ヴェネチアに2泊する予定だったし、ばあばがあまり歩けないので無理に観光にでなくても良いかということになって、ターミナルでぼ~と乗船が始まるのを待ちました。

その間、外のクルーズ船を眺めたり、写真を撮ったり・・・
SPAの案内カウンターに行ってSPAメニューの説明を聞いたり・・・
ドリンクパッケージのチェックをしたり・・・

ドリンクパッケージとは、飲物のセットメニューのことです。
大抵のクルーズでは食事は混みですが、ドリンクは別料金です。
そのため、ミネラルウォーターやビールのセットでお得料金となるものを販売しています。
ドリンクのオールインクルーシヴもあります。

でも、ドリンクパッケージをみた限り、そんなにお得感はありませんでした。
なので私たちは、その都度飲みたいドリンクを注文して支払う方法を取りました。
とはいえ、1週間同じ船なので、その度にお財布を出す面倒はありません。
キャビンにチャージしておいて最後に清算すればよいのです。

さて、そうこうするうちに私たちの番号が呼ばれました。
カウンターで手続きを済ませ、コスタのカメラマンに家族で記念写真を撮っていただいていよいよ乗船です。
飛行機に乗るときのように手荷物のX線検査をして、船へと進みます~。
P1060067_convert_20151005201741.jpg

2015年東地中海クルーズ記事

ベストワンクルーズ



関連記事
スポンサーサイト
ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。

<<2015年京都~2 | ホームへ | 2015年京都~1>>

コメント
こんにちわ

飛行機のなかから見ても巨大ですね!
間近で見たら、ビルみたいなんでしょうねー。
クルーズ船では特別なモノ以外はAIなのかと思っていました。
コースによってはドリンク別っていうのもあるんですね!

いよいよ船内、楽しみデス♪
【2015/10/09 07:47】 | M@lauaealoha #NqNw5XB. | [edit]
M@lauaealohaさま
こんにちは。
カジュアル船ではドリンク別料金が普通です。
スイートルームでコンシエルジュつきなんて部屋はドリンク込みだったりしますが・・・汗
あと、出発直前のセールなんかだとドリンクセットがついていたりするときもあります。
AIといえども、別料金が多いんですよね・・・
特にオフシーズンなんかは、ものすごく安い値段でクルーズ売り出していたりするので、別料金設定をしないとなかなか元が取れないんじゃないでしょうか~。

船内、楽しみにしていてくださいね~。笑
【2015/10/09 08:52】 | rika3377 #- | [edit]
空の上から街が見えてくるとうれしいですよね
目印になる塔に船は、夢が膨らみますね
私もベネチアについて、移動とか乗り換えもあったりしてわからなかったので、少々お高くても、バスとか使ったほうがよかったです
ヨーロッパの方々は、すっと手を差し出してくれる優しいスマートさが素敵ですね
【2015/10/09 09:03】 | Yottitti #eKx3u/rI | [edit]
yottittiさま
こんにちは。
どこに行くにも飛行機の中から街が見えてくるとわくわくします。
飛行機の中から船がはっきり見えてびっくりしました。
ヴェネチアは空の上からみても独特の雰囲気があってテンション上がります。
やはりヴェネチアは美しいですね~。

ヨーロッパ人は紳士が多くてこういう時助かります。
【2015/10/09 15:17】 | rika3377 #- | [edit]
おはようございます♪

フランスで数日間過ごせるのが羨ましくて仕方ないです 笑。
そこから また 旅行なんて夢の様。。。。。

船 大きいですね~!
間近で見たらド迫力でしょうね これはテンション上がると思います。

ヨーロッパの方 親切でした。
夫が切符を買う時 丸投げなのでモタモタしていたら 助けて下さって。
言葉が通じないのに 説明して下さってました。
見ると 凄くイケメンなので 娘とダッシュで
近寄って お礼だけ何度も言いました 笑。

文章読んでいるだけで 今から旅が始まるのワクワクします!
【2015/10/10 02:37】 | mon tresor 2007 #- | [edit]
mon tresorさま
こんにちは。
うちの両親とこうしてヨーロッパで旅行するのも、今後少なくなると思います。
両親も体力が年々衰えてきているし、子供が独立したら、3世代ではなかなか・・・
今のうちに楽しみたいと思います!

ヨーロッパの男性、紳士ですよね~。
私も始めてヨーロッパに来たとき、カルチャーショックでした。笑
【2015/10/11 07:40】 | rika3377 #- | [edit]
あと十数年後、
セミリタイアしたら行きたい地中海クルーズ。
ヴェネツィア空港に到着したところからの流れを拝見して、
ますます行きたくなりました!
ドリンク一つをとっても、いろんなオプションがあるのですね!

日本男児なので...なかなかヨーロッパ男性のような
スマートな所作はできないです~(苦笑)
【2015/10/11 13:50】 | キュウ親 #- | [edit]
キュウ親様
こんにちは。
ミニクルーズもありますが、せっかくだから1週間ぐらいのクルーズはしたいですよね。
となると日本からいらっしゃると計10日間ぐらいは必要になるのでセミリタイアしないと難しいんでしょうか~。
楽しかったので是非行ってみて下さい!
私のクルーズレポ、ご参考になれば幸いです。

日本男児が下手にヨーロッパ人の真似をしなくても良いと思います。
じいじは真似ようとしていつも失敗してばあばに叱られてます。苦笑


【2015/10/11 16:37】 | rika3377 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://journaldeparis.blog112.fc2.com/tb.php/766-0053cd40
| ホームへ |
プロフィール

rika3377

Author:rika3377
在仏20年以上。旅行が大好きです。たまに通訳翻訳もしています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブログランキング

ランキングに参加しております。よろしければ応援お願いします。