東地中海クルーズ~第1日⑤

2015.10.22(18:15)
こんにちは。

地中海クルーズ、第1日目となります。
ダラダラ続きますがよろしくお付き合いいただければ幸いです。



避難訓練の後は救命胴衣を脱いで、左舵側のばあば達のキャビンに集合です。
バルコニーにでて外をみたり記念写真を撮っていると、主人が「船が動いてる!」と叫びます。
汽笛を鳴らすでもなく、何の前触れもなく動き出したではありませんか~!

もう、私も主人もじいじもテンション、マックスです。
そして、船で流れているのは「コンテパルティロ」。
訳して「君と旅立つ」。
じいじ、ばあば、子供とおまけがたくさんいますが、
もう最高の雰囲気です。


もしよろしければ、ヴェネチア出航風景、音楽と共にお楽しみくださいませ~。
(音楽入れるの超久しぶりです。笑)

景色が移動しているから船が動き出したのがわかったけれど、動き出してもまったく揺れません!
この調子なら今回のクルーズ、船酔い知らずかも~。

さっきまでいた港。
ほかの船もこうして順に出港するんでしょうね~。
P1060228_convert_20151006001234.jpg

周りにも小さな船がたくさんいます~。
いよいよ船旅の始まりです。

P1060239_convert_20151006001339.jpg
ヴェネチアの街並が美しいです~。
P1060291_convert_20151006001529.jpg

ヴェネチア。
まだ市内を見ていないけれど、船からみるとまた違った景色なんでしょうね~。
P1060304_convert_20151006001653.jpg

まるで私たちの出航を見送ってくれるかのように、市内の教会の鐘楼ががら~ん、がら~んと鳴り響きます。

ちょっと~、こんなロマンチックな船出、すてきすぎぃ~。すぐ横に何人かおまけがいるけど~。
P1060315_convert_20151006001820.jpg

と、もう思いっきり良い気分に浸っているところで、子供が突然「ボクのど渇いた。」だって・・・
「こんな時に突然何なのよ~。」と私。
「ビュッフェのレストランに水のみに行っていい?」と子供。(キャビンの冷蔵庫のドリンクが有料だと知っている子供)
「ったく、せっかくなのに。まあ、仕方がないわ。さっさと行っておいで。迷子にならないようにね!」と私、
「じゃあ、私もBちゃんとお水飲んでくるわ~。」とばあば。

何なんでしょうね、まったく。
せっかく私が気を利かせて景色を楽しめるようにと左舵側キャビンをとったと言うのに!

でも、子供が大きくてよかった~。
こんな時にレストランなんて付き合ってられないもの~。

そうこうするうちにもどんどん景色は変わっていきます。
P1060328_convert_20151006002051.jpg

ああ、これがサン・マルコ広場~?
P1060342_convert_20151006002158.jpg

ものすごい人~。
P1060347_convert_20151006002440.jpg

行き交う船に乗った人や陸上にいる人が船に向かって手を振ってくださいます。
まるで物語の主人公にでもなったような気分・・・

「Bったら、一体いつまでお水飲んでる気なのかしら?」と思っていたらばあばとやっと戻ってきました。
「ちょっとお、あんたたち!せっかくの見所逃しちゃったじゃないの~!」と私。
「上のレストランからもすごく良く見えたのよ~。Bちゃんと窓際で景色ちゃんと見て来たわよ~。」とばあば。
「そう、それならいいけど・・・」と私、

だって、このヴェネチアの出航風景のためにヴェネチア発のクルーズを選んだんですからね。
それを逃しちゃ~おしまいよ。

そうこうしているうちに、ヴェネチアの市街は遠のいていきます。
「さよなら、ベネチア~!1週間後にまた帰ってくるからね~!」

P1060384_convert_20151006002549.jpg

もう旅情たっぷりの景色ですね~。
P1060389_convert_20151006002728.jpg

すぐ横にはパイロットと書いた船がぴったり寄ってきます。
P1060399_convert_20151006002841.jpg

大きなクルーズ船は港内はそれぞれの港のパイロットが舵を採ります。
港内はそれぞれの港の地形等を知り尽くした熟練したパイロットに運行を任せるのです。
そのパイロットもいよいよデリチョーザからパイロット船に乗り移ってヴェネチアと帰っていくのです。
P1060406_convert_20151006002946.jpg

さあ、いよいよ大海に出て行きます。

2015年東地中海クルーズ記事

ベストワンクルーズ


関連記事
スポンサーサイト
ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。

<<レクレール・ド・ジェニーのエクレア~! | ホームへ | 関空からパリへ>>

コメント
こんにちわ

あれぇ、汽笛もドラもなしに出航なんですかー!?
先日横浜で見たにっぽん丸はぼーぼー盛大に汽笛を鳴らしてからの出航でした。
汽笛を鳴らしてくれなかったら気がつかなかったでしょうねー。

とはいえ、このBGMで出航していくとは心憎い演出ですねー!
暮れゆくヴェネツィアを見ながらこの曲で出航なんてステキ!
家族が同行していてもステキなものはステキですよ!(笑)
【2015/10/23 00:31】 | M@lauaealoha #NqNw5XB. | [edit]
コンテパルティロとともに~船出の時が一番想いがこみ上げてきそうですね
キャビンからの眺めは街並みを一望できるのですね
きれいな水の都ベネチア、鐘の音とともに船出だなんて素敵です。クルーズの旅だとこうした楽しみ方ができるのですね
やはり息子さんは花より団子でしょうか
帰ってこないと、せっかくの風景が見れないって心配しちゃいますよね
でもレストランからも眺められるなら心配して損しちゃいましたよね
【2015/10/23 09:06】 | Yottitti #eKx3u/rI | [edit]
M@lauaealohaさま
こんにちは。
そうなんですよ~。
日本船とか出航の時に港でお見送りがあったりするみたいなので、そういうのを期待していたんですが・・・
あっけなく出航しました。
別の日の出航の時に上階のデッキにいたら汽笛が鳴ったので、この日ももしかしたら汽笛が鳴っていたかもしれないですが、少なくともキャビンのバルコニーにいた我々には聞こえませんでした。
盛り上がっていて気がつかなかっただけかも・・・汗。

音楽を聴きながらのヴェネチア出航。
ものすごく雰囲気よかったです。
こんな雰囲気でプロポーズされたら断れないですよね。
・・・と、おばさんには関係のない話ですが・・・笑。
【2015/10/23 13:47】 | rika3377 #- | [edit]
こんばんは。

じぃじとばぁばと息子さんが おまけですか?笑。
私にもし息子が居たら 息子と2人で行きたいです♪
息子さんが嫌かしら?母との2人旅。

船が動いても揺れがなくて良かったですね。
リカさん大丈夫だったかと思っていましたので 揺れないと伺った時は安心しました。
折角の船旅 ずっと気分が悪いままでは
楽しめませんものね。

出航景色 息子さんは おばぁちゃまと
楽しまれていたのですね 笑。
船から見る景色 素敵~♡
【2015/10/23 15:41】 | mon tresor 2007 #- | [edit]
yottittiさま
こんにちは。
船旅は普通の旅行とはまた違った楽しみ方があって、今回新しい発見でした。
うちの子はやはり若いせいか「花より団子」ですね~。笑
両親も孫といっしょの旅なのがうれしいみたいです。
ただでさえも楽しい旅行なのに孫とずっと一緒。

まあ、両親も体力がかなり衰えてきているので、今後また旅行ができるかはわかりませんが・・・
健康でいてくれることを祈ります。
【2015/10/23 17:02】 | rika3377 #- | [edit]
mon tresorさま
こんにちは。
息子と二人の旅行・・・
ガールフレンドでもできたら、思いっきり引かれそうです・・・笑
私も息子と二人で旅行してみたいとは思うけれど・・・
主人が反対しそう・・・笑
無難なのは主人との二人旅行ですね。
まあ、二人仲がいいので子供が独立したらゆっくり楽しませていただきます。
【2015/10/23 17:05】 | rika3377 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://journaldeparis.blog112.fc2.com/tb.php/770-702a892e
| ホームへ |
プロフィール

rika3377

Author:rika3377
在仏20年以上。旅行が大好きです。たまに通訳翻訳もしています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブログランキング

ランキングに参加しております。よろしければ応援お願いします。