シャルトル大聖堂

2015.10.29(15:09)
こんにちは。

子供がユニセフ・サポートゴルフ大会に出場するため、パリ南西郊外のゴルフナシオナルに行きました。
そのときの話はこちら↓
ユニセフサポートゴルフ全仏大会に招待されちゃったよ~①
子供がショットガンスタートの位置に移動するのを見送って、主人と駐車場へ戻ります。

「これから5時間近く、どうしよう~。パリで美術館にでも行こうか?」と私。
「いや、土曜日の午後のパリはすごく渋滞するから。いっそシャルトルにでも行こうか。きっと片道1時間ぐらいで行けるよ。」と主人。

ナビにシャルトルを行き先で入れて出発。
大聖堂、シャルトルに近づいてくると遠くからでも突き出した尖塔が見えました。

やはり1時間ぐらいで着きました。
駐車場に車を停めて大聖堂見学です。

シャルトルの大聖堂は3回目です。
正面に出るといきなりこの景色です。
秋晴れの空にゴシック建築の最高峰と言われる大聖堂が映えて見えます。
実は尖塔、左右作られた時期が違うので形も違っています。
P1090520_convert_20151013224416.jpg

正面のファサードの彫刻がすばらしい~。
P1090522_convert_20151013224508.jpg

パリのノートルダム寺院等の正面の像は残念ながらフランス革命時に首の部分がすべて切り落とされてしまったんですよね。
ここ、シャルトルの大聖堂では像の彫刻は被害にあわなかったそうです。
P1090521_convert_20151013225008.jpg

さて、中に入ります。
普段はイスがおいてあってよく見えませんが、身廊には大きな丸い迷路が床に作られています。
祭壇に向かう前に、瞑想にふけりながら迷路を歩いて、少しずつ困難を乗り越えてイエス様に心を寄せていくことが目的だそうです。
それは巡礼の疑似体験でもあるわけです。

そして、ここでの一番の見所は何と言っても多くのステンドグラスです。
13世紀に作られたこれらのステンドグラスは保存状態もよく、中世のステンドグラスとしては大変貴重なものです。
第2次世界大戦中はドイツ軍の空爆から守るため、ステンドグラスがはずされて周辺の地方で保管されていたそうです。
P1090532_convert_20151013224559.jpg

大聖堂には今も巡礼者が多く、この日も世界中からのシスター達のグループが何組もいらっしゃいました。

大聖堂には祈りを捧げるためのろうそくが置いてあります。
主人と私もろうそくを1本灯します。
P1090537_convert_20151013224649.jpg

ろうそくの1本1本にいろいろな人の願いがこめられているかと思うとなんだか胸が熱くなります。

少し祭壇の方へ向かっていった左脇にはマリア様が受胎告知を受けた時に着ていらしたというチュニックがケースに入れて置いてありました。
さりげなく置いてあるので以前来たときはまったく気づきませんでした。汗
P1090542_convert_20151013225114.jpg

こうして13世紀に完成した大聖堂の中に今こうして自分がいるのが不思議な気持ちになります。
そしてステンドグラスから入ってくる外の光を浴びながら、なんだかとても心が洗われる気がして自然に涙が浮かんできます。
P1090533_convert_20151013225040.jpg

これまでここシャルトルをはじめ、フランス国内の大聖堂にはいろいろ行っているのですが、こんな気持ちになったのは初めてです。
ろうそくを眺めながら、世界の平和、家族の健康と幸せをお祈りしました。

さて、大聖堂見学を終えて、シャルトルの街を少しだけ散策して、大聖堂のすぐ横にあるカフェでお茶をすることにしました。
シャルトルの旧市街もこんな感じで可愛いですよ~。
P1090544_convert_20151013224746.jpg

先ほど、ゴルフナシオナルのブランチではジャン・ヴァン・デ・ヴェルデさんの隣の隣(子供がすぐ横でした)だったことから体が硬直してデザートを食べることができなかったので、ここでデザートのやり直しです。笑

私がいただいたのはタルトタタンと、カフェ・クレーム。

主人は紅茶とチョコレートムース。
実はカメラの電池が切れてしまい、ここから写真がありません。

しばらくゆっくり休憩して、渋滞するといけないので少々早めにゴルフナシオナルへと戻りました。



関連記事
スポンサーサイト
ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。

<<東地中海クルーズ~第2日目② | ホームへ | 東地中海クルーズ~第2日目①>>

コメント
こんにちは。

数ある教会でも感じ方がホントに違うんですよね!
有名な教会でも心が靡かない事は多々・・
魂まで揺さぶられる教会は自分に縁のあるものとしています。(*^_^*)

この教会の間TVで見たばかりです。
【2015/10/29 16:03】 | H.yamaneko #- | [edit]
おはようございます♪

つい数か月前に自分がここに居た事が何だか
信じられないです。
リカさんの書かれてる説明 全部バスの中で
聞いています 今 思い出しました。
信者の方が熱心にお祈りされていました。
ツアーガイドの方は ほぼお静かにと注意をされてましたし。

シャルトルブルーと呼ばれるステンドグラスは
本当に圧巻でした。
工事をしていたのですが 終ったのでしょうね。
少し見れてない箇所があるのです。
素晴らしい聖堂でした。
【2015/10/30 00:53】 | mon tresor 2007 #- | [edit]
yamanekoさま
こんにちは。
このシャルトルの大聖堂は世界的にも有名なので、日本でもTVでやっていたのですね!
そういえば、長崎も教会には縁がある地ですよね。
マリア様の受胎告知のチュニックが残っているなんて知りませんでした。
こんなところでめぐり合えてうれしかったです~。
【2015/10/30 16:05】 | rika3377 #- | [edit]
mon tresorさま
こんにちは。
夏にシャルトル、行かれてましたよね~。
ここの大聖堂、もうずいぶん前から修復されていますが、今は内部の修復が行われていました。
内部の修復はまだ当分かかるようです。

ステンドグラス、美しいですよね~。
数も多いのでなかなかしっかり見れないですよね。
【2015/10/30 16:08】 | rika3377 #- | [edit]
こんにちは、

(笑)キャンドルの写真をみて、
カクテルだと思ってました。
なんで、と思いました。

【2015/10/31 08:42】 | ぴき #- | [edit]
ぴきさま
こんにちは。
キャンドルがカクテルに見えましたか~?笑
小さなカップに入ったタイプのキャンドルです。
【2015/10/31 08:48】 | rika3377 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://journaldeparis.blog112.fc2.com/tb.php/778-403aa5f5
| ホームへ |
プロフィール

rika3377

Author:rika3377
在仏20年以上。旅行が大好きです。たまに通訳翻訳もしています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブログランキング

ランキングに参加しております。よろしければ応援お願いします。