東地中海クルーズ~第7日目③

2015.12.28(12:23)
こんにちは。
旅行中もブログにご訪問いただきましてありがとうございました!
フィレンツェから深夜無事に戻りました~。
そちらは、またご報告します、

今日はとりあえずクルースの続きを。


クルーズ7日目。
まだクルーズのレポートが続いております。
気長にお付き合いいただければ幸いです。


スルジ山からピレ門に帰ってきました。
いよいよ城壁内へ入りますが暑いしばあばは歩けないので、ピレ門のすぐ横のカフェ・レストランにじいじとばあばを置き去りにします。
私がばあばとじいじをカフェのテラス席に案内している間に、主人に城壁の上を歩くチケットをゲットするように指示。
P1080097_convert_20151027063609.jpg

じいじとばあばにカフェでドリンクを注文して、ピレ門の方へ戻ると・・・
主人が「ツアーが今から出発だから早く!」と呼びます。
城壁の上を歩くツアーを見つけたようです。

ガイドさんについてピレ門をくぐって旧市街へと入ります。
城壁の中の旧市街は中世の世界~!
P1080102_convert_20151027062604.jpg

ここにある大きな噴水から出る水は夏でも冷たく飲料水として飲んでも大丈夫だそうです。
暑かったので早速子供も飲んでみます。

ところが・・・
街の建物の前でガイドさんの説明が長々と続きます。
確か城壁の上を一週するのに1時間から1時間半かかるんですよね。
このツアーは正味1時間半かかるそう。
しかし、一向に城壁の上に行く気配がありません。
主人に「ねえ、これ城壁を回るコースだよね。」と私。
するとそれを聞いたガイドさんが「このツアーは残念ながら城壁の上には行きません。」とおっしゃるではありませんか~!
ショック~!

ドゥブロヴニク、この城壁の上を回りたかったんですよ~。
ガイドさんが「城壁の上を回るツアーはもう始まっちゃってます。旅行社のデスクに行って他のツアーのチケットに交換されますか?」とおっしゃってくださったんですが、城壁ツアーにジョインするには遅すぎるとのことで、このままこのツアーに残ることに・・・涙。

主人に「Wall Tourのチケットをゲットして。」と言っておいたんですが、「Walk Tour」と聞き間違えたようで・・・
さんざん私が「ドゥブロヴニクではばあば達をカフェかどこかに座らせておいて城壁をダッシュして回って・・・」と言っていたのを、まったく聞いてなかったみたいです。
ひょっとしたら日本語で子供やばあばに言っていただけで、主人に言うのを忘れていたのかも・・・
しかし、まさかここで「Wall」と「Walk」を聞き間違えてくれるとは~。

これは、またいつかリベンジに来るしかありませんね。

諦めてガイドさんの説明を聞きます。

ドゥブロヴニクの街は1991年に旧ユーゴスラビア軍の攻撃を受けて市内には大きな被害を受けました。
今では観光客も多く明るい雰囲気ですが、壁には銃弾の後が・・・
P1080105_convert_20151027063644.jpg

市内の建物もきれいに修築されていますが、戦火で火災にあった建物がたくさんありました。
こちらの建物もそうです。
建物の正面には火災当時の写真が掛けてあります。
過去の歴史を繰り返さないようにとの願いをこめて、歴史的事実を人々の記憶に残しておくためです。
P1080120_convert_20151027063717.jpg

内部はほぼ全焼だったようですが、現在はこうしてきれいに復旧されています。
P1080121_convert_20151027153604.jpg

市内の大通りにはお土産屋さんやブティックがたくさん立ち並んでいます。

でも路地を一歩入ると風情がある街並が楽しめます。
P1080108_convert_20151027062745.jpg

ドゥブロヴニクの街は斜面が多く、路地の方には階段も多いです。
そのため、体が弱ったお年寄りが不動産を売って住みやすい城壁の外に引っ越してしまうので、外国人による市内の不動産所有率が年々増加してしまっているとのことです。
それも残念ですね・・・
P1080125_convert_20151027153651.jpg

旧市街の中でこんな民族衣装を着て音楽を演奏している人を見かけました。
P1080133_convert_20151027153730.jpg

このあと、自分たちとばあば達にお土産を買います。
クロアチアの通貨はクーナ。
ケーブルカーのあった展望台ではユーロが使えず、カードで支払いを済ませましたが、市内のお店ではユーロが使えるところもありました。
タクシーは値段交渉も支払いもユーロでOKでした。

ばあば達をカフェに迎えに行きシャトルバスで港に戻りました。

私たちの船、コスタ・デリチョーザの横にはMSCマニフィカが停泊中~。
P1080148_convert_20151027063325.jpg

こちらデリチョーザの前方からの写真です~。
P1080149_convert_20151027063428.jpg

港の御土産屋さんをのぞいた後、船内に戻ります。

2015年東地中海クルーズ記事


関連記事
スポンサーサイト
ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。

<<東地中海クルーズ~第7日目④ | ホームへ | フィレンツェよりメリークリスマス >>

コメント
こんにちわ

Wall と Walkの聞き違い、残念でした!
ご両親とは日本語で、ご主人とはフランス語と英語なんでしょうか
使い分けするっていうのも大変ですよねぇ…
きっとまたドゥブロヴニクに来るために
とっておこうっていうことなんですよ!

階段や坂が多い街はお年寄りには大変でしょうねー。
戦火を潜り抜け、それでも住み続けた街なのに
外に出なければならないなんてお気の毒…
そして外国人が不動産取得っていうとすぐに大陸!?と思うワタシ(^_^;)
日本でも多いらしいです…
【2015/12/29 00:39】 | M@lauaealoha #NqNw5XB. | [edit]
お帰りなさい~!
イタリアいいですよ
日本からは遠いだけで、近かったら行きたいですもの~

wallとwalkツアーがあるのですね
それは私もノイシュバンシュタイン城のチケットを買い間違えたので、よくわかります
一度あると次は間違えないと思います!

細い路地に、白い建物、坂の街で情緒があって素敵ですね
細い路地から見上げる景色も素敵です
街中の音楽を奏でるおじさまもほんわかしていていいお顔してますね

【2015/12/29 10:27】 | Yottitti #eKx3u/rI | [edit]
M@lauaealohaさま
こんにちは。
城壁に登れなかったのはショックでした~。
でも、これは神様の「またゆっくり訪れてしっかり観光をしてね!」というメッセージだと勝手に解釈させていただきます。笑
街を取り囲む城壁の上に登ってみるドゥブロヴニクの景色はすばらしいそうです。
絶対にまた行きます!

城壁は階段があるそうで、そのためにじいじとばあばはもともとカフェでお茶をさせるつもりでした。

ヨーロッパでも外国人の不動産購入がいろいろなところで問題になっています。
ドゥブロヴニクはどこの方が買われているかは確認しなかったんですが、南仏の場合、やはり大陸やロシアなどが多いようです。
不動産は国民の財産であって欲しいですが・・・
【2015/12/29 12:43】 | rika3377 #- | [edit]
yottittiさま
こんにちは。
イタリアから戻りました。
かなり濃厚な旅行となり、とても楽しかったです。
なかなか写真を整理するのに時間がかかりそうなので、ご報告はいつになることやら・・・汗

ドゥブロヴニクの城壁に上るのは、このクルーズの私の最大の楽しみの1つでもあったのでショックでした~。
旅行のメンバーが多すぎて「城壁に登る」と何度も言っていたつもりでしたが、主人には言い忘れていたかも・・・
絶対いつかリベンジしたいです。
【2015/12/29 12:46】 | rika3377 #- | [edit]
こんばんは。
そして お帰りなさい。
ご旅行楽しかったでしょうか?
主人が聞くと凄く羨ましると思います 笑。

チケットの間違い残念ー!
聞き間違い ありますよね。

斜面の階段かなり続いてる様に見えますが
お年寄りにはやはり厳しいですね。

イタリアの記事も楽しみにしています♪
【2015/12/29 13:15】 | mon tresor 2007 #- | [edit]
mon tresorさま
こんにちは。
ドゥブロヴニクの城壁はクルーズの中でもすごく楽しみにしていた観光なので、城壁に行かないと聞いてすごくショックでした。
でも、これで将来またドゥブロヴニクに行く口実ができました。笑
城壁の上から見る街並はすばらしいそうなので、絶対リベンジしたいです!

イタリア、楽しかったですよ~。
かなり濃厚な旅行となったので、また徐々にご報告しますね!
【2015/12/29 14:02】 | rika3377 #- | [edit]
rikaさん、こんにちは

お帰りなさいませ

この前、MerryChristmasと云っていたら

もう、年末^^;

早い、早い

カウントダウンは、ご家族と共にparisかな^^

良い御年を、お迎えくださいませ<m(__)m>
【2015/12/30 03:57】 | 高兄 #eP1cGWnA | [edit]
こんにちは。

今年もお世話になり有難うございました。
今年 我が家はフランスに行けたので
良い年だったと話しています。

大変な事がありましたが 1日も早く
観光客が戻り 経済も明るくなります様に
私も祈っています。

そうぞ良いお正月をお迎え下さいませ。
【2015/12/30 07:36】 | mon tresor 2007 #- | [edit]
フィレンツェから、お帰りなさいませ~

ドゥブロヴニク、綺麗ですよね。
城壁の上を回れなくって、残念でしたね...。
いやでも絶対、リベンジせよということだと思います!!

城壁の上、海と空と太陽がきれいで、
ツアーでなくとも、自分たちでのんびり回ったほうが
きっと満足できると思います!!
【2015/12/30 09:17】 | キュウ親 #- | [edit]
高兄さま
こんにちは。
本当、今年も残すところあとわずか。
早いものです。
ご家族で楽しいクリスマスを過ごされたことと思います。
小さなお子さんがいらっしゃるとクリスマスも一段と楽しいですよね~。
高兄様ご家族の皆様、すばらしい新年をお迎えくださいませ。
【2015/12/30 15:11】 | rika3377 #- | [edit]
mon tresorさま
こんにちは。
こちらこの今年も大変お世話になりました!
11月の事件以来、日本では「フランスには当分行けない」という風潮のようですが、mon tresroさんはいつも「またフランスに行きたい」とおっしゃってくださっているのはとてもうれしく励みになりました。
ありがとうございます。

mon tresorさんとご家族の皆様にとって2016年がすばらしい年となりますように!
【2015/12/30 15:14】 | rika3377 #- | [edit]
キュウ親様
こんにちは。
フィレンツェから無事に戻りました~。
フィレンツェ、最後ちょっと大変だったのですが、徐々にご報告をしたいと思いますが、夏のベネチアが丸ごとまだ残っておりまして・・・汗
同時にフィレンツェのレポートをはじめると、イタリア同士なので、ごちゃごちゃになりそうなので、ご報告は少し遅れちゃうと思いますが、お付き合いいただければ幸いです。

ドゥブロヴニク、きれいですよね~。
これはもう絶対リベンジしかありませんね~!
このクルーズのコースはものすごく良かったので、主人と「何年かしたら、また同じようなコースで回りたいね」と言っております。
そのときまでお預けかしら~?
【2015/12/30 15:19】 | rika3377 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://journaldeparis.blog112.fc2.com/tb.php/797-fd474ec7
| ホームへ |
プロフィール

rika3377

Author:rika3377
在仏20年以上。旅行が大好きです。たまに通訳翻訳もしています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブログランキング

ランキングに参加しております。よろしければ応援お願いします。