パリの歌川国芳展に行ってきました~!

2015.11.12(11:28)
こんにちは。
今日もご訪問ありがとうございます!

先日、子供と秋休みにパリの美術館へ行った話をしました。
まず、朝一でオランジュリー美術館に行ってモネの睡蓮などを観て・・・

その後、セーヌ川沿いを歩いて凱旋門の方へ向かって歩きました。

エッフェル塔がきれい~!
fc2blog_20151113023225cb1.jpg

パリの郊外の田舎に住んでいるので、たまに見るエッフェル塔、やっぱり何度見ても感動します。

アレキサンダー3世橋。
fc2blog_20151113023322d37.jpg

歩いてほんの5分ぐらいでお目当てのプティ・パレに着きました。
実は来年の1月まで、ここで歌川国芳展をやっているのです。
fc2blog_2015111302344086d.jpg

子供はフランス生まれのフランス育ち。
日本には夏休みに行くので子供にとって日本は馴染みのある国ではありますが・・・
何しろ、去年の夏まで「金閣寺」は何かを知らなかったというゲームオタク。

フランスで育っても日本文化を知って欲しいという母親心から、子供と一緒に国芳展を観に行くことにしました。

ここも、18歳未満は入場タダです。
本当ありがたいわ~。

展覧会、入り口。
fc2blog_201511130235315b4.jpg

内部の撮影は禁止かなと思ったんですが(去年の北斎展はNGでした。)、フラッシュなしだとOKみたいです。
太っ腹~!

実は展覧会に行くまで、私も国芳ってどんな作品があるのかよく知りませんでした。汗

当時、人気のあったと言う中国の水滸伝にでてくる英雄を描いた浮世絵がたくさんありました。
fc2blog_20151113023738ec0.jpg

かなり鮮やかな色使いです。

この絵、展覧会のポスターにも使われています。
鯉を捕まえた金太郎だそうです。
「ねえ、金太郎って知ってる?」と私。
「くまの上に乗った子供?」と子供。
「そうそう、何だ。知ってるじゃない!」と私。
fc2blog_2015111302404843b.jpg

こちらも確か金太郎です。
でも、鬼が島に行く金太郎が描かれた絵なんですよね・・・
「あれ?鬼が島で鬼退治をしたのって金太郎だったっけ?あれ~?じゃあ、桃太郎って誰だっけ。ああ、鬼が島は桃太郎だよね。ねえ、桃太郎って知ってる~?」となんだか私の記憶まで怪しくなってきました。
「あの時代にはみんな強い子供は鬼退治に行ったんじゃないの~?」と子供。
fc2blog_201511130253094f4.jpg



牛若丸と弁慶の絵も何枚かあったんですが。
あれ?
牛若丸って何した人だっけ?
橋で弁慶とであってその後どうなったんだっけ?
と、なんだか私も日本文化をまったくわかっていないと言うか、忘れたと言うか、情けない状態であることが発覚しました。
自宅に帰って牛若丸の話を復習しましたよ。
P1090612_convert_20151112195511.jpg

「ねえ、この絵、何かを連想させない?ほら、ナルトのエロ仙人。きっとこれからイメージしたんだよ」と私が言ったら、子供が思いっきり引いていました。
P1090626_convert_20151112195305.jpg

普段「テレビばかり観ていないで宿題やりなさい!」とか口うるさいことしか言わない私から、ナルトがどうのなんて言いだしたからびっくりしたようです。

「ほら、ガマを口寄せしたりしているし。エロ仙人って、顔とか髪型も絶対歌舞伎役者のイメージだよ。」と私。
真剣に議論する私を見ながら子供はニヤついています。

こんな美人画もありました。
fc2blog_20151113025408bf1.jpg

こんな絵とか。
fc2blog_20151113025123319.jpg


その他、多数の作品が展示されていたのですが、現代の人間から観てもなかなか面白い作品が多く、楽しませていただきました。
普段、あまりしゃべらない子供ですが、子供も結構楽しんでいたようです。
子供と一緒に日本文化に触れることができたのもうれしいですが、自分の文化を再確認するよい機会ともなりました。

観衆はほとんどがフランス人でした。
インテリそうな年配の方や、家族連れ。
若い美大生らしき人が熱心に模写をしているのが印象的でした。

ネットで観たんですが、ほぼ同じような内容の国芳展が日本国内でもやっているんですね~。
日本とパリで同時開催とはちょっとびっくりでした。



関連記事
スポンサーサイト
ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。

<<東地中海クルーズ~第3日目③ | ホームへ | 東地中海クルーズ~第3日目②>>

コメント
おはようございます♪

美術館梯子だったのですね!
芸術の秋に相応しい1日でしたね♪
息子さんとは やはり羨ましいです 笑。

私も実は日本の絵は殆ど興味なしで
詳しくもなく 分かりません 汗。
京都の美術館でもスルーですね 笑。
鳥獣戯画は一度観たいのですが・・・・

今 京都でルノワール展をしているのですが
娘は1人で行くと言ってますが
夫とパリであれだけ大きな絵を観た後で
何となく行く気がしないわ~と言ってます。
本当に小さな絵しか来ないので。
素晴らしいものを観てしまうと 良し悪しです 笑。
【2015/11/13 00:58】 | mon tresor 2007 #- | [edit]
こんにちわ

美術館のはしごができるっていいですよねー。
2人で行っても1人分の料金だけですむなら
はしごもしようって気になりますよね。

鬼退治に行ったのは桃太郎…金太郎はなにしたんでしょうね?
クマにまたがっていただけなんでしたっけ…
日本に住んでいてもこんな感じです(-_-;)
でも牛若丸が源義経だってのは覚えていましたよ!(苦笑)

海外の博物館や美術館は撮影OKってのが多いですよね。
日本はたいていNGなのでうらやましいです。
【2015/11/13 03:21】 | M@lauaealoha #NqNw5XB. | [edit]
日本画ってなかなか行かないですね
この時代の版画ってすごいな~って思います
名前は聞いたことがあっても、いろいろな作品を描かれてるのですね
色合いがきれいです
パリでも展示会が開かれて、興味をもってもらうのはうれしいです

ナルトは読んだことがないのでわからないけど、漫画からでも日本の文化に関連づいて興味をもってくれるとうれしいです~
【2015/11/13 14:35】 | Yottitti #eKx3u/rI | [edit]
mon tresorさま
こんにちは。
そうなんです!
パリで美術館のはしごでした。
休みじゃないとなかなか美術館も行かなくって・・・汗

日本で行われるXX展って、すごく混むらしいですよね。
写真は撮れないし、よく見えないし、小さな作品しかないって、パリの美術館を観た後じゃ、ほとんどサギに思えますよね。(失礼)
それでも一人で行ってくるって、お嬢様、本当に絵がお好きなんですね!
ぜひまたパリにいらしてください!
【2015/11/13 15:52】 | rika3377 #- | [edit]
M@lauaealohaさま
こんにちは。
子供がタダって本当助かります。笑
1人前払っていたら、なかなかはしごもできないかも・・・笑

さすが日本史の得意なMさん。
牛若丸が源義経だと、すぐお分かりですね~。
幼少のころと名前が違うと誰がダレだか分からなくなります。苦笑

今回は日本からの貸し出し作品が主だったようだし、撮影は無理かななんて思っていたら、フラッシュなしでOKだったので、ちょっとびっくりしました。
写真を撮れると、後で何を観たかも確認しやすいので助かります。
その場だけじゃ、何を見たかすぐ忘れちゃいます。
【2015/11/13 15:57】 | rika3377 #- | [edit]
yottittiさま
こんにちは。
日本に住んでいたら、かえってなかなか日本画展って行かないかもしれませんね。
日本の浮世絵はフランスの絵画にも大きな影響を与えたので興味があります。
あと、海外に住んでいると、ある程度日本の知識を持っていないと、周囲の人にいろいろ聞かれたときに返事に困るんですよ。
広く浅くでいいので、自分の文化も知っていたいです。

今のフランスの若い世代はマンガを通じて、日本のこと良く知っていますよ。
ナルトは子供はTVで観てるので私も少しだけ登場人物とかがわかります。笑
【2015/11/13 16:01】 | rika3377 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://journaldeparis.blog112.fc2.com/tb.php/812-e4f5af59
| ホームへ |
プロフィール

rika3377

Author:rika3377
在仏20年以上。旅行が大好きです。たまに通訳翻訳もしています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブログランキング

ランキングに参加しております。よろしければ応援お願いします。