モーリシャス島でバカンス~!⑳ 第9日目

2016.07.10(15:15)
こんにちは。
モーリシャス島でのバカンス、9日目です。

朝、いつものようにテラスで海を眺めながら朝食。
カップチーノを注文してみました。
P1120805_convert_20160514013554.jpg

今日はあまりのんびり食べていられません!
タクシーを8時半に予約してあるのです。

モーリシャス島ではホテルの前で待機しているタクシーがたくさんいるのですが、自分で別のタクシー会社に連絡をして迎えに来てもらうことも可能です。
実はホテル移動の時、ホテルの前で待機していたタクシーをレセプションまで呼んで頂いたのですが・・・
運転手さんがあまり親切ではありませんでした。
私たちがスーツケースをいくつも持っていたにもかかわらず、車に積むのに手を貸してくださらないし・・・
行き先のホテルについても、下ろすもの手伝ってくださいませんでした。

主人も子供もいるから、男手はありますよ。
でも、少しぐらい手伝ってくださってもいいじゃないですか!
モーリシャスは、温かい人ばかりなのにこのタクシーの運転手さんにはびっくりでした。
もちろんチップはほとんどなし。

というわけで、初日と先日一日案内をお願いしたタクシー会社に、また車を手配していただきました。

今回は北のコースを1日かけて回っていただきます。

まずは島の北の果てカップ・マルルール(悲しみ岬)へ。
こんなきれいな景色なのに、なぜこんな名前なのかは不明だそうです。
真っ赤な屋根の教会がランドマークとなっていて、モーリシャスの絵葉書や、旅行のガイドブック等によく写真がでています。
屋根が鮮やかできれい~!
P1120808_convert_20160514043716.jpg

でも、内部は極シンプルな造りです。
P1120818_convert_20160514043821.jpg

海から見る姿も美しいです~。
P1120823_convert_20160514043931.jpg

運転手さん曰く、ここで結婚式をあげるのが観光客にも人気だそうです。
ただ、結婚式をあげる予約が9ヶ月待ちだそう・・・
運転手さんに「私たちは、もう何十年も結婚してるから今更遅すぎるわ~」なんて笑ってました。
あと、ん十年若かったらよかったのに~。

この後は、モーリシャス島の首都ポール・ルイを目指します。

途中、こんな鮮やかできれいなヒンドゥー教の寺院も~。
P1120827_convert_20160514044030.jpg

そういえば、タクシーのダッシュボードの上にヒンドゥー教の象さんの形の神様の像が貼り付けてあって、車に乗っている間、ちょうど私の目線上にあって気になっていました。

「可愛い、可愛すぎる、欲しい・・・」

ポール・ルイに着いて、運転手さんと1時間半ぐらい後に待ち合わせをして分かれました。

私が子供に「ねえ、車の中にあった象さんの神様。可愛くない?欲しいな~。」と言うと、子供が「ボクもほしい。」と言います。
「じゃあ、どこかで見つけたら買おうね~。」と私。

車を降りたところはウォーターフロントという、新しいショッピングセンターのすぐ横。
チラッとウォーターフロントを覗いてみます。

なぜか傘がたくさん吊るしてあります。
でも、これも有名みたいでガイドブックにでてました。
P1120833_convert_20160514044132.jpg

ショッピングセンターはこじゃれたブティックがたくさん入ってます。

向かいのブティックはロクシタン。
P1120834_convert_20160514045413.jpg

カジノもあったり。
P1120835_convert_20160514044240.jpg

おしゃれなレストランやカフェもたくさんあります。

とりあえず、運転手さんに教えていただいた道を通ってマルシェを目指します。

ああ、怪しげな(失礼)雰囲気になってきました。
マルシェも近そう・・・
P1120842_convert_20160514044347.jpg

ありました~、マルシェ。
パクチーの香りが、アジアンというか、インドというか・・・
カレー等の香辛料の香りも漂ってきます。
P1120845_convert_20160514044445.jpg

ホテル滞在なんでマルシェに行っても買い物するわけじゃないですが・・・
地元の生活を垣間見ることができて楽しいですよね~。

2階に上がると・・・
パレオやバスケットや帽子など・・・
お土産になりそうなものも一杯あります。
P1120860_convert_20160514045454.jpg

本当は今回、モーリシャスでパレオを買いたかったんですが・・・
2階は激しく呼び込みされるんですよね。
呼び込み=ぼったくりみたいなイメージが頭の中に出来上がって、結局良さそうと思うものがあっても近づいてみる勇気がありませんでした。

一通り回ってウォーターフロントへ戻ります。

ウォーターフロントにはサトウキビジュースの屋台があったり・・・
P1120870_convert_20160514044712.jpg

歩いてのどが渇いたので、フルーツジュースを目の前で絞ってくれるスタンドでジュースを買いました。
P1120875_convert_20160514044821.jpg

ルーピーなので、いくらになるか良くわからず買ったのですが、計算してみると700円以上。
高いけれど、美味しかったです。
モーリシャス、外国人観光客が買うようなものは結構お高いです。
ホテルの外ではAIのおリボンちゃんも威力を発揮しないのが残念~。笑
P1120876_convert_20160514045533.jpg

私と主人が休憩している間に子供がショッピングセンターへダッシュして、象の像が売っていないかチェックしてきました。

「マルシェの前を通り過ぎて右側にインドのお店があってそこで売っているらしい」と子供。
「え~?またマルシェの方にもどるの?面倒~。」と私。

でも、博物館に入るにはちょっと時間は足りないし、待ち合わせ時間まではまだちょっと時間があるしで、そのインドのお店とやらを目指してマルシェの方へとまた歩きました。

きょろきょろしながら、マルシェの前を通りすぎて・・・
右の方へ行くと・・・
インドっぽい怪しげなお店(失礼)が数軒。
P1120883_convert_20160514045610.jpg

ショーウィンドーを覗いて「あ~、あった~!」
P1120884_convert_20160514045646.jpg

早速中へ入ります。
中はお香のような匂いが・・・

子供が店員さんに仏語で「象さんの置物見せてください。」というと、となりで買い物をしていた老人が「これはね、ガネーシャといって富や、学問の成功をもたらすんだよ。」と教えてくださいました。
「そしてね、こっちの神様は云々。」といろいろ説明をしてくださいました。

そんな説明を聞いて、主人はめちゃくちゃキッチュな外見の別の何とかという名前の大き目の像も欲しがったのですが、絶対帰宅すると邪魔になるからと子供と二人で説得して、ガネーシャだけ購入。

子供と「良かったね~。象さん見つかって~。おまけに学問の神様だって~!」と言い合って、ウォーターフロントへ戻りました。

約束の場所へ戻ると運転手さんが既に待っていてくださいました。
車で次の目的地に移動です。


関連記事
スポンサーサイト
ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。

<<モーリシャス島でバカンス~!21 第9日目 | ホームへ | モーリシャス島でバカンス~!⑲ 第8日目>>

コメント
ドライバーもいろいろですね
本当あたりはずれがありますが、その国のイメージが悪くなってしまうから残念ですよね

カップ・マルルール、悲しい岬ってこんなにかわいいのに不思議ですね
市場巡りも楽しそう
不思議とアジアの香りもしてきます
ガネーシャかわれたのですね
やっぱり香辛料といい、インドの影響があるのですね
【2016/07/10 15:19】 | Yottitti #eKx3u/rI | [edit]
こんにちわ

青空に鮮やかな赤系の屋根が映えてステキですね!
内部も木の梁が見えていてシンプルながらステキですねー。
こういう教会で結婚式をあげたいっていう気持ちもわかる気がします。

ガネーシャ、日本では小説やドラマになったりして
「願いを叶えるゾウ」として意外に有名だったりします(笑
【2016/07/11 00:52】 | M@lauaealoha #NqNw5XB. | [edit]
おはようございます。

びっくりしました!
娘が世界の観光地の写真集を持っていて
この傘の写真が載っていたのです。
「ママ ここ行きたい~!」と見せられたのです つい最近 笑。
料理してましたので ちらっと見て ふんふんと空返事していたのですが ここだったのですね!

ガネーシャの本を読んだことがあります 笑。
何だかモーリシャス島 行きたくなりますね~。
娘に写真見せてあげますね 喜ぶと思います♪
【2016/07/11 01:06】 | mon tresor 2007 #- | [edit]
yottittiさま
こんにちは。
アフリカ大陸のすぐ横にありながらインドっぽい面がたくさんあって不思議な島です。
インドは私にとって未知の国なので、モーリシャスを訪れながらインドの雰囲気を少し味わえたのはうれしいです。
インドを感じながら、それでもフランス領の統治下にあった歴史を感じさせる国です。

観光客になれてしまうと、タクシードライバーの対応も悪くなってしまうのは残念ですね・・・
でも、対応が悪いモーリシャス人は一部のタクシードライバーのみで、大半は観光客に非常に親切な温かい国民性です。
【2016/07/11 13:26】 | rika3377 #- | [edit]
M@lauaealohaさま
こんにちは。
フランスにはカリブやインド洋や太平洋に海外県があるのですが、そちらの方の建築はこの教会のように木造でカラフルな屋根の建物が多いです。
南の島っという感じで素敵ですよね~。

ガネーシャが日本で有名とははじめて知りました。
思わず本を検索してしまいました。
面白そうな本ですね~。
象さん、私の願い事も叶えてくれるかな~?
【2016/07/11 13:29】 | rika3377 #- | [edit]
mon tresorさま
こんにちは。
そうですか!
お嬢様がこの傘のスポットの写真をご覧になったのですね。
mon toresorさんとはこの傘の写真だけでなく、たま~に記事のネタがシンクロしていたり、同じ年頃の子供を持つためか共感することが多かったりで親近感を抱いてしまいます。(勝手にすいません。)

ガネーシャの本が日本で出ているのですね!
検索してみました。
面白そうな本ですね~。
私もガネーシャにぜひ夢を叶えてほしいです~。
【2016/07/11 13:34】 | rika3377 #- | [edit]
傘がいっぱい浮かんでいる写真、すごぉーくステキです~!!
黄色みたいなオレンジみたいな、優しい色なのも
雰囲気があっていいですね♪

イヤなタクシーにあたると、本当にストレスを感じます。
チップについては、文句は言われませんでしたか?
【2016/07/12 09:15】 | はむこたん #- | [edit]
はむこたんさま
こんにちは!
タクシー、気分悪いですよね・・・
車で10分ぐらいの近距離だったし、サービスが悪かったのでチップはほぼ皆無。
不服そうな顔でしたが、何も言われませんでした。
車から荷物を降ろしているところにホテルのスタッフの方がすぐに来てくださって、荷物をすぐにレセプションの方まで持って行っていただけました。

ポール・ルイのウォーターフロントはとてもおしゃれでショッピングセンター内におしゃれなお店がいろいろありそうでした。
私たちはマルシェの方でふらふらしていてショッピングセンターまで見ている時間がありませんでした・・・
ここの傘のデコレーションは有名なようです。
【2016/07/12 10:19】 | rika3377 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://journaldeparis.blog112.fc2.com/tb.php/894-ba083e77
| ホームへ |
プロフィール

rika3377

Author:rika3377
在仏20年以上。旅行が大好きです。たまに通訳翻訳もしています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブログランキング

ランキングに参加しております。よろしければ応援お願いします。