2016年西地中海クルーズ~第3日④

2017.01.21(16:00)
こんにちは。

西地中海クルーズ続きです。

転ばず城壁を出たら・・・
ゲートの正面に街が広がっていました。
何だ、新市街がすぐ城壁の外にあるんだ。
マルシェやレストラン、ブティックがたくさん並んでいます。
そんなことがわかっていたら、こっちに出てカフェで休憩してもよかったのにな。
P1160793_convert_20161009015524.jpg

↓上のほうにお城があるのが見えますか~?
P1160790_convert_20161009015319.jpg
城壁内の静寂とは打ってかわって、お土産屋さんもたくさんあって賑やかです。


少し歩いたら、コスタのバスシャトルを降りたフェリーターミナルに着きました。
あまり歩かずバスに乗れてほっとしました。
バスに乗って船に戻ります。
P1160806_convert_20161009215752.jpg

船に戻ったのは既に1時過ぎ。
メインダイニングに行くにはちょっと遅いので上のほうのビュッフェ・レストランへ。
ビュッフェは一日中開いています。
P1160809_convert_20161009215921.jpg

ランチの後は子供はキャビンに残って宿題。
ばあばもお昼寝タイム。
じいじは私たちと再度外出。

シャトルバスですが、前もって買った往復チケットはイビザ寄航中乗り放題だそうです。
また、バスに乗ってイビザタウンの方へ出かけます。

こちら港のほうから見た旧市街。
丘の上のお城がそびえたっているのが見えます。
P1160814_convert_20161009220024.jpg

さて、タクシーに乗って向かった先は・・・
塩田。
P1160818_convert_20161009220215.jpg

イビザ島は今でこそ観光業が主産業ですが、少し前までは塩生産が重要な産業でした。
島の南の方には今でも塩田が残っています。

以前マルタ島で自然の浸食を生かした塩田が広がっていて・・・
その美しさに驚嘆したのです。

なんとなく、そんな感じを想像していたのですが・・・
単なる塩田でした。
塩田は残念ながらわざわざ見に行くようなものではなかったです。苦笑
P1160822_convert_20161009220324.jpg

潟で海水を利用して塩を作っています。
表面に白い塩ができてきているのがお分かりでしょうか。
P1160823_convert_20161009220533.jpg

塩の山。
P1160825_convert_20161009220640.jpg

塩田を見た後は、バスに乗ってイビザタウンに戻ってきました。
現地でバスに乗るのはちょっとドキドキです。
路線がいまいちよくわからないし・・・
どこで降りるかもよくわからないし。
スペイン語はできないし・・・

でも、英語で運転手さんに「イビザタウンに行きますか。」と聞くと、行くとのことでした。
観光客っぽい人も結構乗っていたので少々安心。
P1160831_convert_20161009220752.jpg

イビザタウンに着くと運転手さんがなにやらスペイン語で話し、乗客がみんな降りるので私たちも降りました。
シャトルバス乗り場から少し離れたところだったんですが、人の流れに沿っていったらシャトルバス乗り場にちゃんと戻れました。

イビザタウン、新市街の方はとても賑やかです。
イビザは1960年代にヒッピーが大流行して、今でもヒッピーの島として人気があります。
街中にも「Peace&Love」のメッセージがあちらこちらに見られ、独特の雰囲気があります。
P1160835_convert_20161009220911.jpg

イビザ島には有名なクラブが数多くあり、ヨーロッパ中から夏になるとクラバーが押し寄せます。
イビザ島はフィエスタで有名なので、若者の街なのかなと思っていたんですが・・・
通りにはいきなりミュージシャンが登場して道行く人とビートルズの歌を合唱したり・・・
年代を超えて楽しめる街だと思います。

こちら有名なクラブPacha。
今年の夏は月曜日はFlower Powerというパーティーが毎週月曜日に行われていました。
P1160836_convert_20161009221022.jpg
おばちゃんは全く縁がないのですが、ダヴィッド・ゲタールなどの有名DJがこうしたクラブに出演するそうです。

さて、またコスタのシャトルバスに乗って船に戻ります。
炎天下の中、塩田でたくさん歩いたのでのどが渇いたので、まずはバーで休憩。
冷たいドリンクが美味しい~。
P1160851_convert_20161010021058.jpg

少し休憩した後はキャビンに戻ります。
すると宿題を終えた子供がおやつにチョコレートバーに行きたいというので、今度はばあばを誘ってチョコレートバーへ。
アイスチョコレートやホットチョコレートが飲めます。
P1160858_convert_20161010021140.jpg

これ、かなり濃厚で、これを飲むとおなかがかなり膨れます。
ドリンクだけでもかなりのカロリーなのに・・・
子供は有料のクレープまで欲しがりました。
P1160860_convert_20161010020932.jpg

4月のモーリシャスで変な癖つけちゃった・・・汗
毎日こんな生活していたら、地上に戻るのが辛いだろうな・・・


関連記事
スポンサーサイト
ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。

<<ワッフルの老舗~メール | ホームへ | ギ・サヴォワのセカンドレストラン~レ・ブキニスト>>

コメント
rikaさん、こんにちは

地中海の、陽射しが眩しいなぁ

暖かさが、恋しいです^^;

イビザ島って

こんな場所だったんですね

rikaさんのレポートで、良くわかりますね♪
【2017/01/22 01:37】 | 高兄 #eP1cGWnA | [edit]
こんにちわ

遺跡にお城に塩田にクラブ…
イビサ島はいろんな面を持っている島なんですねー。
レポ、ありがとうございました!

観光から戻ったら冷たいドリンクでのどを潤して
そのあとチョコレートバーで糖分補給
しかも全部AIなんですかー!?
極楽のようなクルーズ旅のあとの娑婆はツライかも…(;^_^A
【2017/01/22 07:34】 | M@lauaealoha #NqNw5XB. | [edit]
こんにちは。

街は賑わってますね~。
楽し気な雰囲気が・・・・・

塩田はちょっと残念な感じだったのですね。
炎天下の中だったのですか!
それは喉もかわきますね💦

チョコレートバー!!
わぁ~ それは私も行きたいです。
誘惑が多いですね 笑。
【2017/01/23 02:48】 | mon tresor 2007 #- | [edit]
ちょっと前に歩いてた城壁を見上げると、うれしいですね
塩田の山もすごいです~
お塩を買いたくなりますが、重そうですよね

イビサはクラバーが集まるところなのですね
スペインは芸術があふれ、みんなが世代を超えて共感できる音楽は素晴らしいですね
【2017/01/23 08:39】 | Yottitti #eKx3u/rI | [edit]
高兄さま
こんにちは。
そちらも雪が降って大変でしたよね~。
こちらも先週から朝はずっと氷点下です。汗

地中海の青い空と明るい太陽が眩しいです。
地中海の暖かさ、本当恋しいですよね~!
【2017/01/23 11:35】 | rika3377 #- | [edit]
M@lauaealohaさま
こんにちは。
イビザ、私が描いていたイメージと全く違っていました。
レポを通じて少しでもイビザの雰囲気を感じていただければ幸いです。

去年はドリンクは別料金のプランで申し込んだのですが、今年はドリンク込みのプランが比較的安価で申し込めたので助かりました。
だから今回はバーもちょこちょこ利用させていただきました。
クレープは別料金でしたが、 おやつにクレープを食べる余裕があるのは子供だけだったので、そんなに高くつきませんでした。笑

AIってすごくいいんですが・・・
娑婆に帰るのが非常に辛いです。
【2017/01/23 11:40】 | rika3377 #- | [edit]
mon tresorさま
こんにちは。
旧市街が結構静かだったので、城壁を出たところがこんな賑やかだなんて思っていませんでした。
午前中の城壁内はバーもほとんどなく・・・
お茶休憩するお店を探すのに苦労しました。
城壁の外にたくさんあるってわかっていたら、外でお茶したのに残念です。

チョコレートバー、母と子供が気にいってました。
しかし・・・
今こうして写真を見ると、我ながらよく食べて飲んでますね。汗
【2017/01/23 11:43】 | rika3377 #- | [edit]
Yottittiさま
こんにちは。
イビザ、行く前は「どうせ若者の島だし・・・」と全く期待していなかったのですが・・・
旧市街は良かったです。
地中海はこうしていろいろな島があるのがいいですよね~。

イビザの夏の夜はすごいらしいです。
私は年齢的に・・・汗
イビザでのんびりバカンスも良いかも・・・
【2017/01/23 11:46】 | rika3377 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://journaldeparis.blog112.fc2.com/tb.php/959-db6ae239
| ホームへ |
プロフィール

rika3377

Author:rika3377
在仏20年以上。旅行が大好きです。たまに通訳翻訳もしています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブログランキング

ランキングに参加しております。よろしければ応援お願いします。