2016年西地中海クルーズ~第6日 ②

2017.03.07(09:45)
こんにちは。

西地中海クルーズ続きです。

さて、ノルマン宮殿の主要建物を見学した後は・・・
宮殿内にあるパラティーナ礼拝堂に行って見ましょう~。
礼拝堂は中庭に面していて、外観の壁画からしてすばらしいです。
アーチの奥に壁画が見えるでしょうか。
P1170625_convert_20161014180630.jpg

そして、一歩中に入ってみてびっくり!

ものすごい絢爛豪華な礼拝堂ではありませんか。
P1170628_convert_20161014175639.jpg

アラブ・ノルマン建築の珠玉といわれるこの礼拝堂、建築が始まったのはノルマン王ルッジェーロ2世が戴冠した1230年だそうです。
長さ32m、幅12,40mという小さな礼拝堂ですが、中は金箔モザイクで飾られています。
P1170631_convert_20161014180134.jpg

パレルモで一番すばらしい遺産と言われているだけあって、言葉にならないほどすばらしいです。
シチリアに行かれる際には必見です。
P1170632_convert_20161014180215.jpg

壁面下部にはこんな大理石のアラベスク模様で飾られています。
P1170639_convert_20161014180254.jpg

こんな模様も。
P1170640_convert_20161014180331.jpg

そして、何と床にもびっしり。
P1170643_convert_20161014180736.jpg

ついつい豪華な天井に目が行きがちですが、下の方も見るのをお忘れなく~。



さて、礼拝堂の見学を終えて次の見学場所まで観光バスに乗っていこうと思ったのですが、なかなか来ないので歩いていくことにしました。
そんなに遠くないからいいや~。
実はそれが正解でした。

ノルマン宮殿のすぐ横には
ノーヴァ門があるのですが、歩いた方がよく見えるんです。
P1170660_convert_20161014222500.jpg

実はノルマン宮殿自体が城壁の役目をしているのですが、城壁内に入る門として城壁に穴が開けられているのがノーヴァ門です。
ノルマン宮殿が建てられた時代には外部からの敵の侵入を防ぐために、ヨーロッパの町は城壁に覆われていましたが、ここパレルモも城壁に囲まれていたんですね。
城壁内が旧市街となっているので、見所はこのノーヴァ門から海側に集中しています。


宮殿自体は12世紀に建設されたのですが、この門は16世紀に造られました。
神聖ローマ皇帝カール5世がチュニジア戦争から凱旋したのを記念して造られたそうです。
つまり、パレルモの凱旋門ってことですね!

こちら、ノルマン宮殿の全体像。
ただし、こちら側はシチリア州議会の入口のようで、見学はパラティーナ礼拝堂の入口の方から入ります。
P1170661_convert_20161014222609.jpg



関連記事
スポンサーサイト
ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。

<<突如ロンドンへ⑤ | ホームへ | 突如ロンドンへ④>>

コメント
こんにちわ

すごい!豪華絢爛!煌びやか!
金箔が貼られているんでしょうか?
目を奪われるような豪華さですねー。
そしてモザイクのアラベスク模様がパッチワークみたいでステキ♪
カラフルな大理石があるんですねー!
見ごたえがいっぱいですね!
【2017/03/08 02:27】 | M@lauaealoha #NqNw5XB. | [edit]
バスが来ないと歩いたほうが早いってこともありますよね
城壁も立派で、概要がつかめるのもいいですね
それにしても豪華絢爛な礼拝堂!
やっぱりアラベスクの床にしてもイスラム色が強いですね
ものすごい財力を感じます~
【2017/03/08 10:41】 | Yottitti #eKx3u/rI | [edit]
M@lauaealohaさま
こんにちは。
礼拝堂に入った瞬間、豪華絢爛でびっくりしました。
こんなに金ぴかじゃ落ち着いてお祈りできないわ、私。

アラブ人征服時代の名残で、床や壁にはアラベスク模様がたくさん残っていました。
こうしていろいろな文化が混合した建物は歴史を感じますね。
【2017/03/08 14:59】 | rika3377 #- | [edit]
Yottittiさま
こんにちは。
この時代のシシリア島の建築物は、絢爛豪華な建物が多かったようです。
すごいですよね。
とてもきらびやかできれいでした。

アラベスク模様も面白いですよね。
アラブ人征服時代のものがそのまま使われているのは興味深いですね。
こうしてみるとスペインにしてもイタリアにしても、いろいろな文化が混ざった建物って多いですね。
【2017/03/08 15:02】 | rika3377 #- | [edit]
こちら、輝くばかりのというか本当に輝いている美しさですよね。
モザイクタイルもこんなのがあったんだーと知って嬉しくなりました。
パレルモには以前行ったことがあるんですが、タオルミーナからのワンダーツアーだったので、短時間の観光で好きなところに行くことは出来ず、連れられるままにだったので、あまり土地勘がありません。
一つ前の記事のところには行っていないし、まだ見きれていないのでまた行きたいと思っているところの一つです。
ただバスで団体移動だったのでイマイチ分かっていないのですが、個人で歩き回っても大丈夫そうなところですか?
2回行っているシチリアですが、パレルモは何だかやっぱり怖いところというイメージがあって・・・良かったら教えてください♪
【2017/03/09 01:46】 | EkaterinaYoghurt #- | [edit]
こんにちは。

本当に礼拝堂なのかと思いました。
絢爛豪華と言う言葉がぴったりですね!
天井も目が行きますが 外観の壁画や 大理石のアラベスク模様も 細部まですごいです。
どこを見ていいのかキョロキョロしちゃいそう💦

歩いて行かれて正解 それは良かったですね。
始めて行く場所は分かりませんものね。
ゆっくり見学できますしね 歩きですと。
【2017/03/09 02:44】 | mon tresor 2007 #- | [edit]
EkaterinaYoghurtさま
こんにちは。
タオルミーナからパレルモって結構距離ありますよね。
パレルモは本当、見所がたくさんあって、今回の寄港だけではぜんぜん時間が足りませんでした。

パレルモ、危ない印象がありますよね。
私も今回少し心配でした。
寄港前に船内新聞で、パレルモ見学の際は貴重品を持って降りないようにと注意書きがありました。
なので、時計や財布は全部船内に置いて行きました。
でも結局、危ない目には全くあいませんでした。

南ヨーロッパの規準として、スリや引ったくりには気をつけたほうがいいと思います。
私たちは乗り降り自由の観光バスを利用しましたが、これだと観光客でも効率的に要所を回れると思います。
夜の一人歩きは地区によっては避けたほうがいいかも・・・
まあ、どこの街も似たようなものですよね。
【2017/03/09 11:19】 | rika3377 #- | [edit]
mon tresorさま
こんにちは。
こんな金ぴかな礼拝堂は初めて見ました。笑
これだけのものがきれいな状態で残っていて見学できるのはうれしいですね。
本当、どこへ行っても、まだまだ知らないものがたくさんあって、いつも驚嘆します。
これだから、旅行はやめられません。

今までだと母が一緒なので歩いて移動は全く考えられなかったのですが、今回は車椅子だったので大丈夫でした。
行動範囲が広がってよかったです。
【2017/03/09 11:23】 | rika3377 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://journaldeparis.blog112.fc2.com/tb.php/970-351ec553
| ホームへ |
プロフィール

rika3377

Author:rika3377
在仏20年以上。旅行が大好きです。たまに通訳翻訳もしています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブログランキング

ランキングに参加しております。よろしければ応援お願いします。