フォンダシオン・ルイ・ヴィトン~シチューキン展②

2016.11.27(08:15)
こんにちは。
フォンダシオン・ルイ・ヴィトンの続きです。

さて、いよいよ展示会見学です。

シチューキン氏は20世紀初頭に繊維で財を成したロシア人実業家。
パリではいろいろな芸術家と親交があり、ピカソ50点、マティス38点、モネ13点、セザンヌ8点、ゴッホ4点を含む250点もの美術品を集めたそうです。
そして、モスクワの氏の館にはゴーギャンの作品16点を飾るための部屋もあったとか・・・
考えただけでも気が遠くなるようなお話。

ところが1917年ロシア革命がおき、シチューキン・コレクションは国に没収されてしまいました。
現在はこれらの作品はサンクト・ぺテルブルグのエルミタージュ美術館とモスクワのプーシキン美術館に展示されているそうです。

そんなシチューキンコレクションが海外で初めて展示されるというのが今回の「近代美術のアイコン シチューキン・コレクション」展です。
館内展示室に入っていきなりピカソ、セザンヌ、マティスなどの作品が並びます。
これらすべてがシチューキン氏のプライベートコレクションだったと言うから驚きです。

こちらモネの「草の上の昼食」。
同じ題材でマネが描いたものはオルセー美術館に展示してあります。
P1180825_convert_20161106195014.jpg

マティス。
コリウールというスペイン国境に近い街が描かれています。
P1180839_convert_20161106195252.jpg

セザンヌ。
P1180850_convert_20161106195905.jpg

ピカソ。
P1180843_convert_20161106195524.jpg


そして、こちら今回、この展示会のポスターにも使われたゴーギャンのタヒチの女。
P1180856_convert_20161106195749.jpg

トゥルーズ・ロートレック。
P1180862_convert_20161106200017.jpg

もちろん、これらの作品の他にも、有名巨匠の作品が目白押しでした。
これらの作品をロシアの外で見られるなんて、本当めったにないです。
とても見ごたえのある展示会でしたよ。

この展示会だけでもこんなにすばらしい作品がたくさんあるんですから、エルミタージュ美術館やプーシキン美術館は、すごいでしょうね~。うるうる。

関連記事
スポンサーサイト
ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。

<<2016年西地中海クルーズ~第1日② | ホームへ | 2016年西地中海クルーズ~第1日①>>

コメント
こんばんは。

展示作品の内容の素晴らしいこと!
本当にスケールが違いますよね~。

こちらでは メインに 真珠の耳飾りの少女が1枚来ただけで チケット買うのに1時間 館内もごった返して凄い人 絵を見ると言うより 人の後頭部しか見えないそんな感じですからね~ 羨ましいです こうして写真が撮れるのも 夢みたいなことです。

最近美術館に行ってないです 何かいい絵が日本に来て欲しいです。


【2016/11/27 11:57】 | mon tresor 2007 #- | [edit]
mon tresorさま
こんにちは。
日本の展示会は混むみたいですね~。
フランスでも人気の美術展は確かに混みますが、絵もちゃんと鑑賞できる程度ですからね。
写真もOKのところが多いですよね。
これもうれしいです。
美術鑑賞をするには確かにヨーロッパは恵まれていますよね。
mon tresorさんも、お店が落ち着いたらぜひぜひまたヨーロッパにいらしてくださいませ。
【2016/11/27 16:00】 | rika3377 #- | [edit]
こんにちわ

こういう特別展を開催するんですねー。
ロシアに行かないとみられない素晴らしい傑作を
身近で見られるのはいいですよねー。
しかも撮影OKっていうのがうらやましいです!
海外から日本に絵画ひとつを運ぶにしても海路か空路
保険などかさむからか入場料も気軽に行かれるお値段ではないし
ものすごい混雑になるし撮影は禁止だし…
もう少し何とかならないのかと思っちゃいます(;^_^A
【2016/11/29 00:49】 | M@lauaealoha #NqNw5XB. | [edit]
M@lauaealohaさま
こんにちは。
日本は海外から有名な絵画が来ると、ものすごく混むものね。
今回、ヴィトン財団も混んではいましたが、ちゃんと絵は間近で見られますからね。
写真撮影OKなのはありがたいです。
重い目録を買ってもあまり読まないし、かといってどんな絵が来ていたか記憶に残したいし・・・
写真なら邪魔にならないし、記念になるし。

しかし、こんな作品をロシアから借りてきてしまうあたり、さすがヴィトンです。
【2016/11/29 07:56】 | rika3377 #- | [edit]
エルミタージュ美術館やプーシキン美術館は、素晴らしいと言われてるので訪れたいけど、ロシアはビザがいるので、なかなかハードルが高いですよね
その一部とはいえ、渡パリしたなんて素敵なコラボです
そういえばプーシキンは日本に一部来たのですが、また絵の選定が違って面白いです
写真撮影OKなのもうれしいですね
パリにはオルセーやルーヴルがありますが、やっぱり普段見れない絵画はいいですね
【2016/11/29 10:09】 | Yottitti #eKx3u/rI | [edit]
Yottittiさま
こんにちは。
ロシアのエルミタージュやプーシキン、行ってみたいですよね。
でもおっしゃるとおりビザがネックです。涙
とるのに結構面倒そうだし。

日本にもプーシキンの一部が行ったんですね。
どんな選定だったか気になります~。
大きい美術館だから、いろいろ選択肢がありそうですね。

ルーブルやオルセーもすばらしいけど、パリで見られないものが、おまけにロシアから来たと言うので早速行ってきましたよ。
【2016/11/29 10:52】 | rika3377 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://journaldeparis.blog112.fc2.com/tb.php/986-fb0fc3bc
| ホームへ |
プロフィール

rika3377

Author:rika3377
在仏20年以上。旅行が大好きです。たまに通訳翻訳もしています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブログランキング

ランキングに参加しております。よろしければ応援お願いします。